フルトヴェングラーのベートーヴェン/交響曲第7番(1954年VPO盤)

sv0142a.jpg
ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調 作品92
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1954.8.30 Salzburg, Festspielhaus
Archive: Österreichischen Rundfunks
Reocording Supervison: Gottfried Kraus
Length: 39:05 (Mono Live) /Olsen No: 424
Disc: SevenSeas K22C-137 (1981/10)


フルトヴェングラーのベートーヴェン第7番と言えば、ベルリンフィルの実況録音盤(1943年)ウィーンフィルのスタジオ録音盤(1950年)が双璧とされたが、当ザルツブルク盤は、1981年に巨匠5種目のベト7として発掘され、セブンシーズ・レーベル(伊ラウディス原盤)からリリースされた実況録音。

フルトヴェングラーのベートーヴェン交響曲第7番には、次の5種の演奏と第2楽章のリハーサルがラインナップされている。

NoOrch.DateLocationFirst IssueOlsen
BPO1943.10.30/31,11/3Berlin,Philharmoniesaal, RRGMelodiyaO_089
SPO1948.11.13Stockholm, Konserthuset,SRDiscpcorpO_142
VPO1950.1.18,19Wien, MusikfereinsaalHMV(EMI)O_188
LFO1948.11.13Luzern, Kunsthaus(2mov.Rehearsal)WF Society(F)O_256.4
BPO1953.4.14Berlin, Titania-Palast,SFBWF Society(G)O_333
VPO1954.8.30Salzburg, Festspielhaus,ÖRFSeven SeasO_424

巨匠のベト7は、すでに①ベルリン盤と③ウィーンのスタジオ盤が決定盤として知られていたが、②はアセテート盤で音質が悪く、④はライヴ録音にしては気魄や熱気の点で感銘度の低い期待外れの演奏だった。最後に登場したのが晩年のザルツブルク盤で、録音の良さと③の再現に期待が高まったが、評判はあまり芳しいものではなかった。

「新しいものにしてはたいそう劣悪な音どりで、もともとレコードになるべき記録とはいえない。音はあちこちでひっかかるし、壁土のかたまりのようなひびきだから音楽といっても一般の通念には当てはまらない。鰯の頭も信心からの心境が必要である。演奏もあまり感服するものが多くはなかった。ザルツブルクでのウィーン・フィルは夏休み気分のことが多く、うまくゆくときは結構な仕上りになるが、ここでもまたずいぶん合奏が乱れ、積極的にその方向に向く姿勢というのを欠いている気分がある。第2楽章だけが例外である。」 大木正興氏による月評より、K22C-137、『レコード芸術』通巻第373号、音楽之友社、1981年)


NoOrch.DateLevelSourceⅠmovⅡmovⅢmovⅣmov=Total
BPO1943.10.30,31,11.3DGF20G-2908812:459:498:246:3637:34
SPO1948.11.13WSOZ-7587-BS13:1110:088:237:1939:01
VPO1950.1.18,19EMITOCE-1404412:5810:178:426:5138:48
BPO1953.4.14DG415-662-213:1710:418:357:1639:49
VPO1954.8.30OrfeoC293 921 B13:359:338:217:3639:05

sv0142b.jpgこのザルツブルク盤は、巨匠の最後から2番目のコンサートにあたり、当日のプログラムはベートーヴェン交響曲第8番、大フーガ、交響曲第7番。

第8番(O_422)の方は、伊チェトラ盤やワルター協会盤で早くから耳にしていたが、第7番については国内LPがセヴンシーズ盤にとどまったために、筆者は耳にする機会がなかった。

CD時代になって、ようやく同じ日の第7番と第8番を組み合わせた音盤が入手できるようになったのは嬉しかったが、音質が期待したほどではなく、落胆の方が大きかった。第8番は音のよい復刻盤が出ているのに対し、第7番にはイチ押しの音盤が見当たらず、筆者はいまだその不満を解消しきれていない。

LevelMediaDisc no.IssueRemark
SevenSeasLPK22C-1371981/10 伊ラウディス原盤
SuiteCDCDS1-60071987伊Laudis
Seven SeasCDKICC-22961993/7伊マイサウンド原盤
Seven SeasCDKICC-12662016/6キングレコード原盤
OrfeoCDIDC70081993/7国内盤仕様
独OrfeoCDC293 921 B2001/12
独ARCHIPELCDARPCD-02142004/35CD ベートーヴェン交響曲全集
DeltaCDDCCA-00332007/3テープ音源
伊MemoriesCDMR-2085~92008/115CD ベートーヴェン交響曲全集

sv0142c.jpg筆者が最初に入手したCDは伊ラウディス盤(Suite CDS1-6007)だったが、音がボヤけて期待外れだった。“既出のCDよりも生々しい音で迫る入魂のリマスタリング”と帯に書かれた伊メモリーズ盤(MR-2085/9)は、逆に高音がどぎつく、キンキンして聴くのが辛い。

テープ音源のデルタ盤(DCCA-0033)はどっしりと迫力があるが響きが曇り、終楽章冒頭のフェードインが気になる。

セブンシーズ盤(KICC-1266)は音に厚みはあるが冷凍漬けのようなリマスターに馴染めない。因って、筆者は最も音質がクリアなオルフェオ盤(C293921B)を採るが、出力レベルが低く音の力が弱いため、さらに音質が改善された復刻盤の登場を望みたい。

「フルトヴェングラーとウィーン・フィルとの最後の演奏会の記録で、史料的な価値も大きい。第7は造形がきわめて立派でスケール感も巨大。第2楽章の深いコクとスケルツォの圧倒的な力強さ、フィナーレの興奮は感動的。第1楽章だけはやや大味で、巨匠らしい内面的な燃焼度が低いのが惜しまれる。」 松沢憲氏による月評より、DCCA-O033、『レコード芸術』通巻第681号、音楽之友社、2007年)



第1楽章 ポコ・ソステヌート-ヴィヴァーチェ
sv0142d.jpg溜めを入れた開始のアタックはパンチ力はあるが音に丸みがあり、落ち着きのある序奏進行だ。木管の美しいイントネーションや、どっぷりと弾く生々しい低音弦など、ウィーンフィル特有のもってりとした響きが聴いて取れる。

主部は①③にみられる強圧的なオーケストラ・ドライヴは影を潜め、余韻たっぷりと引き延ばすフェルマータ、弾力感のある主題提示、艶をしっとりのせて弾き上げる第2主題など、力を抜いた安定感のあるレージングが印象的だ。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [KICC1266]

sv0115p.jpg

sv0142e.jpg闘争の頂点たる展開部のクライマックス(254小節)はフルベンの代名詞といえるトランペットの強奏でシンフォニックに盛り上がるが、巨匠はやみくもに力瘤を入れず、自然体でゼクエンツの強奏をさばいているのが特徴だ。

再現部の息の長いフェルマータ(300小節)やオーボエの導入句の味わい深さにも惹かれるが、まったりとしたホルンが要所で「ぷかぷか」と浮かびあがるところは、ウィーンフィルらしい音の旨味があろう。
TOWER RECORDS  amazon [C293921B]

歯切れよく打ち込むトランペットのリズムや、野太いホルンがオーケストラの中から割って吼えるコーダのスケール感も絶大! 「もう少し気魄と推進力があれば・・・」と思わないでもないが、岩山のごとくガッシリとした造形は微動だにせず、巨匠晩年のゆとりと風格をあますところなく伝えている。


第2楽章 「不滅のアレグレット」
sv0142f.jpg開始の木管の和音が不揃いなのが気になるが、メロディー・オスティナートの第1変奏は、チェロとヴィオラの対旋律が織り重なる弦楽サウンドの密度の濃い歌が心地よい。

聴きどころは第2変奏で、ウィーンフィルの弦が艶を乗せて「ここぞ」とばかりに歌い出す。重厚な響きでドラマチックに高揚する第3変奏(総奏)の悲痛さはいかばかりだろう。
TOWER RECORDS  amazon [ARPCD0214]
sv0098e.jpg

大きくリダルダンドして入る中間部は、ウィーンフィルの木管の馥郁たる香りに酔わせてくれるが、巨匠はいつになくテンポを速めにとって訥々と歩を進めてゆく。緊迫感のある弦楽フガートから強烈なフォルティシモで立ち上がる悲劇のクライマックス(214小節)もすこぶる感動的で、慟哭の音楽が聴き手の心に惻惻と迫ってくる。


第3楽章 プレスト
sv0028o.jpgプレストはタイム上は43年盤を上回る速さだが、オーボエのテーマが走らないのでリズムが重たく感じられる。トリオのスロー・テンポは巨匠の常套手段だが、当盤ではオーケストラの牧歌風のまろやかな響きに耳をそば立てたい。

既出盤と同様に、トリオの総奏で爆発するオーケストラの重量級の響きは冠絶しており、イ音で炸裂するトランペットや音を割ったホルンの野太い吹奏も特筆される。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [DCCA-0033]
sv0098x.jpg

ティンパニのすさまじい強打(556小節)やスケルツォの三現でオーボエが走り出すところもフルベンの面目が躍如しており、どっしりと押し込むように決める終止の打撃が聴き手にインパクトを与えている。


第4楽章 アレグロ・コン・ブリオ 「舞踏の聖化」
sv0065d.jpg開始音が途中から始まったり、フェードインして聴こえる音盤があるが、リズムの締まりが緩く、〈喜悦のテーマ〉(25小節)からリズミックな第2主題部へ至るテンポの変転が、平坦でのっぺりしているところに問題がないか? 

それでもティンパニの連打で荒れ狂うコデッタ(104小節)の熱狂や、低音弦を豪快に打ち返す主題展開の力感、展開部の強く踏み締めるようなリズムさばきは、まぎれもなくフルベンのものといえる。
TOWER RECORDS  HMVicon [MR2085/89]

sv0098z.jpg

「ザルツブルク盤はリズムがいささか鈍く、最終楽章は歩みがおぼつかず、重苦しいとさえ感じるほどだ。」 ジョン・アードイン著『フルトヴェングラー・グレート・レコーディングス』より、藤井留美訳、音楽之友社、2000年)


「もっとも問題があるのは終楽章で、ひびきの重量感はあるものの、前半の壮大な表現を締めくくるには、さらに白熱する必要があったと思う。音楽が落ち着きはらっているのはよいが、そこにいささか衰えが感じられるのは、どうしたことか。アゴーギクもいくぶんとって付けたような印象がある。もちろん、それでも凡百の演奏とは比較にならない音楽であるが、フルトヴェングラーとしては、後半の2つの楽章にやはり不満を感じてしまうのである。録音は最強音の伸びがないが、この種のものとしては非常に明快である。 小石忠男氏による月評、K22C-137、『レコード芸術』通巻第373号、音楽之友社、1981年)


「最晩年の棒なのでテンポは遅めであり、そのぶんオーケストラが絶えず部厚く、立派に鳴り、特にホルンの隈取りが効いている。フイナーレは1953年盤よりもさらにテンポが遅く、加速で盛り上げるよりも、ひびきの充実感を失わないように努力している。死の直前の巨匠の記録として、53年盤よりもずっと価値が高いと思う。」 宇野功芳著『フルトヴェングラーの全名演名盤』より、KICC-2296、講談社、1998年)


決めどころの再現部の終止も既出盤にみられる気魄は感じられず、どこか乗りきれないままコーダへ突入してしまった感じだ。怒濤ようなアッチェレランドはここでは封印し、トランペットを突出させたり、ホルンのねばっこい音をなみなみと吹き上げて、手堅いテンポと分厚いサウンドで全曲をがっちりと締めている(デルタ盤は拍手付き)。

最晩年のフルベンの舞台姿を伝える貴重な一枚だ。

人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2020/01/30 ] 音楽 ベートーヴェン | TB(-) | CM(-)

カラヤン=ベルリンフィルのチャイコフスキー/交響曲第4番(66年盤)

sv0141a.jpg
チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調 作品36
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
Recording:1966.10.7,8,15 Jusus-Christus-Kirche, Berlin
Executive Producer: Otto Gerdes (DG)
Recording Producer: Hans Weber
Tonemeister: Günter Hermanns
Length: 41:37 (Stereo)


カラヤンはチャイコフスキー《第4》のレコーディングを6回行っているが(ライヴ録音と映像作品を含めると9種)、ベルリンフィルとの組み合わせによるグラモフォン盤は66年と76年の2種がある。録音の新しい76年盤が再販が繰り返れて市場に流通しているが、71年録音(EMI盤)とならんで筆者の手が伸びるのは66年盤だ。LPのカッコいいジャケット写真のカラヤンの指揮姿に憧れて、よく真似をやったものである。

NoOrch.DateLevelⅠmovⅡmovⅢmovⅣmovTotal
Philharmonia1953.7EMI19.0210:075:538:5543:57
Wien so1954.11(L)Orfeo18:109:465:338:1841:47
Berlin po1960.2EMI19:119:025:398:5242:44
Berlin po1966.10DG17:549:575:428:0441:37
Berlin po1971.9EMI18:399:585:208:1842:15
Berlin po (DVD)1973.12Unitel18:109:265:308:0941:15
Berlin po1976.12DG18:409:015:468:17*41:44
Wien po1984.9DG18:349:595:408:3042:43
Wien po (DVD)1984.9SONY18:229:155:448:2541:46


カラヤンがベルリンフィルとベルリン近郊のダーレムにあるイエス・キリスト教会でレコーディングを開始したのは1959年3月のことで、《英雄の生涯》(R.Strauss)がレコーデング第1号とされる。ここをDGの録音会場に定めたのはカラヤンの友人で、音響技師でもあった初代レコーディング・センター所長ハインリヒ・カイルホルツ。カイルホルツはコンサート・プレゼンス重視のDGのサウンド・ポリシーの祖といわれる。

sv0087h.jpgLP時代からグラモフォン盤は「音が固い」というイメージがつよい。繊細だが音像がボヤけたEMI盤や腰の軽いフィリップス盤やCBSソニー盤に比べるとDGは輪郭の定まったガッシリとした音で、強奏時のエネルギー感は抜きん出た存在だった。

音楽マニアを自認する友人たちもこぞってグラモフォン盤を支持していたが、筆者にとっては再生が難しく、安物のステレオ装置で聴くと聴き疲れするのも事実だった。このイメージはCDになっても変わりはなく、とくにアンプは少し値の張るもので聴かなければ満足する音は得られなかった。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [DG_474 284-2]

sv0087k.jpgカラヤンのDG録音を手掛けたのが“カラヤンの耳”にたとえられるギュンター・ヘルマンスで、60年代から30年間に200点を超えるレコードを世に送り出した名エンジニア(トーン・マイスター)。その特徴は音楽の骨格をバランスよくしっかりと捉えることにあった。

このチャイコフスキーも後年の録音のような解像度や繊細さには欠けるものの、左右のスピーカーに音を凝縮したようなエネルギー感のある録音で、まだ磨きがかかる以前の、この時代のベルリンフィルらしい重厚で張りのあるサウンドを克明に刻んでいる。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [UCCG-90694]

「ヘルマンスの録音は、ひと言で書けば正攻法で、個々の楽器のソロが鮮やかに浮き上がるというよりも、全体の重厚な“響きのブレンドの旨み”を聴かせるタイプである。オーケストラの大人数の合奏の迫力を、サウンドの密度で描き出す。だから再生装置のクオリティが高くなり、調整の腕前が上がるにしたがって、どんどん妙味が増してくる。まさに玄人好みのエンジニアだ。ただメロディを次々と追いかけているにとどまっている聴き手には、ヘルマンスの凄さはわからないかもしれない。」 特集「音の魔術師」より楢大樹氏による~『レコード芸術』通巻671号、音楽之友社、2006年)


sv0087i.jpgあいにくと、この66年盤は録音が古くなったこともあり、LPはMG2029、MG4009、CDは20MG-0379(1982)、POCG-2097(1990)、POCG-5042(1996)、UCCG-5231(2012)と再販が少ない。

要注意がUCCG-5231で、第1楽章の演奏時間(17:36)が20秒ほど短くなっており、第1楽章コーダ(381小節"Molt piu mosso")の反復がカットされているという。同じ音源のLPや輸入盤では反復を行っているので編集したと思われ、カットのないEU盤(474 284-2)を入手するのが賢明だろう。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [UCCG-5231]

「60年代の録音は真実味、迫真性、フルトヴェングラー時代の名残を感じさせるドイツの重厚さがプラスに働いた名演奏。《第4》は、冒頭の金管こそタイトな響きだが、徐々に熱を帯びてきて、第1楽章の展開部以降の迫力が凄まじい。第2楽章の哀切も見事で、後には失われた木管群の陰影が演奏をより深いものにしている。フィナーレはベルリン・フィルの重戦車のような底力を見せつける。もっとも硬派で男性的な迫力に満ちた録音と言うことができよう。」 福島章恭著『交響曲CD絶対の名盤』より、毎日新聞社、2005年)




第1楽章 アンダンテ・ソステヌート
sv0087e.jpg“運命ファンファーレ”のストレートな強奏が耳に突き刺さり、メリハリ感のあるDGサウンドが音場を支配する。

絶妙のアウフタクトで入る第1主題〈苦悩に満ちた現実〉(27小節)からしてカラヤンの術中にはまってしまう。テンポを上げたスピート感はもとより、ゴリゴリとした音量ゆたかな低音弦、果肉の詰まった濃密な木管、力強いホルンの咆哮、筆圧の強いトウッティの響きなど、ベルリンフィルの底力とカラヤンの迷いのない棒さばきが印象的である。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [OPK-7030]

sv0087p.jpg

sv0087f.jpg幻想的な第2主題(モデラート・アッサイ)は優美な中にもメランコリックな表情を絶やさない。ぬめるようなワルツのフレージングもカラヤンの面目が躍如している。聴きどころはガッチリと立ち上がる〈幸福の絶頂〉(161小節)。

推移主題をなみなみと吹奏するホルンのパンチ力は何度聴いてもこの盤が最高で、グラモフォンらしいエッジの効いた音場の見事さにゾクゾクしてしまう。警告のように鳴り響く“運命ファンファーレ”(193小節)の切れのあるサウンドも絶品で、辛口のトランペットや肉感のあるホルンの吹奏はヘルマンスの“音のご馳走”といえる。
TOWER RECORDS  HMVicon [MR2258]
sv0087q.jpg

sv0087g.jpgオスティナートで低回する息の長い弦のフレージング(237小節~)も特徴的だが、勢いが後退した76年盤に比べると、この66年盤は表現が直截的で推進力があり、運命主題の再現に向かって一気呵成に登り詰めるドラマティックな音楽運びが感動的である。

“運命ファンファーレ”を連呼するトランペットの切れの鋭い金属音も耳に刺激的で(3回目の11:50でトランペットのミスがある)、コーダの手前で爆風のごとく吹き荒れるファンファーレの凄まじさに腰を抜かしてしまう。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [WPCS-12813]

行進曲風のコーダ(381小節)はレガートをかけてフレーズを均しながら、巧妙に頂点に登り詰めるところの緊迫感は無類のもので、カラヤンは決めどころのクライマックスでストレートに突進する。ここはひと呼吸パウゼを入れて見得をきるやり方もあり、カラヤンも初期録音と晩年のウィーンフィル盤では音を切っている。

しかし、当盤では音を切らずに402小節の2拍目にアクセントをいれて一気に突っ切っるあたりは、なるほど、絶頂を極めた当時のカラヤンらしい生気の迸りが感じられるではないか。



第2楽章 アンダンティーノ・イン・モード・ディ・カンツォーナ
sv0087d.jpgやるせない悲哀感を訥々と紡ぐローター・コッホのオーボエの素晴らしさに思わずため息が出てしまうが、独奏の見事さではイヴリン・ロスウェル(バルビローリ盤)に肩を並べるものといえる。

ここでは陰影を付けた彫りの深い表現が聴きモノで、後年の録音に見られる「とろり」とオーケストラを盛り付けた人工甘味料的なものはなく、ニュアンス豊かにたゆたうフレージングの妙味を心ゆくまで堪能させてくれる。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [WPCS-12813]

sv0087r.jpg

中間部の農民舞曲はベルリンフィルの重厚なサウンドの独壇場で、「ここぞ」とばかりにユニゾンで歌う高揚感と磨き抜かれた高性能の弦の威力に驚嘆してしまう。テンポ・プリモの主題再現も間然とするところがなく、とろけるような木管の味わい深さは格別である。チェロやファゴットの哀愁のモノローグは涙モノ。



第3楽章 スケルツォ ピッツィカート・オスティナート
sv0087j.jpg「びょんびょん」とバネを効かせたピッツィカートの躍動感は抜群で、まるでスプリングの上で飛び跳ねているような錯覚すら抱かせるところは“リズムの祭典”といえる。

整然と足並み揃えて行進する中間部の〈軍隊行進曲〉木管のすごい名人芸もさることながら、オスティナート・リズムに中間主題を掛け合わせた主題再現で、バルトーク・ピッツィカートのように指板に弦をぶつける迫力ある展開は外連味たっぷりで、カラヤンの面目が躍如している。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [UCBG9175 ]



第4楽章 フィナーレ アレグロ・コン・フォーコ
sv0087l.jpg金管のすさまじい迫力を堪能させてくれるのがフィナーレ〈民衆の祭り〉の音楽だ。ここでは第2主題〈白樺は野に立てり〉を速いテンポで駆け走るのが特徴で、9種ある演奏の中では両端の楽章が当盤が最速である。

乱舞のような第3主題〈民衆の主題〉(38小節)のゴージャスな響きもこの盤の大きな魅力で、はったりをきかすような迫力のあるサウンドはヘルマンス好みのエネルギー感のあるものだ。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [UCCG-50027]

良いエコー・マシンがなかった録音当時、ヘルマンスはイエス・キリスト教会の響きを改善するために、鐘楼の階段にスピーカーを置いて残響成分がよりゆたかになるように工夫を凝らしたという。

sv0087m.jpg大きな聴きどころは〈白樺主題〉の強奏展開(60小節)。テューバが「バリバリ」と吹奏し、シンバルが「チョイン・チョイン」と掛け合うすさまじい音に筆者はかつて仰天した記憶がある。

〈白樺主題〉を金管がカノン風に強奏反復しながらクライマックスで〈運命ファンファーレ〉(199小節)を炸裂させる決めどころの音場も素晴らしく、和音打撃の衝撃感をとってみても、グラモフォンならではの“音のリアリティ”を体感させてくれる。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0087t.jpg

快適なテンポで走り出すコーダはベルリンフィルのパワー全開だ。「1960年代のカラヤンはオーケストラ・プレイヤーの名技性に寄りかかった綱渡りのようなスリルに充ちた演奏に傾倒していた」(柴田南雄)というが、“超一流のニセモノは本物をも凌ぐ”といわんばかりにベルリンフィルの鋼のようなサウンドが炸裂!

〈白樺ファンファーレ〉を連呼する金属的な響きと強いアクセントを伴った威圧感のある音塊が疾風怒濤のように押し寄せてくるところは、ドイツの重戦車がロシアを制圧するさまを連想させる。カラヤン絶頂期の演奏を迫力あるサウンドで今に伝える必携の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2019/12/30 ] 音楽 チャイコフスキー | TB(-) | CM(-)