メータ=ウィーンフィルのブラームス/交響曲第1番

sv0131a.jpg
ブラームス/交響曲第1番ハ短調 作品68
ズービン・メータ指揮 
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1976.2.10,11,17 Sofiensaal, Wien
Producer: Ray Minshull (DECCA)
Engineer: James Brown, James Lock
Length: 49:04 (Stereo)
Disc: UCCD-9760


ボンベイ(現ムンバイ)生まれのズービン・メータは、指揮者のメーリ・メータを父に持つインド人だが、祖先が8世紀にインドに逃れてきたゾロアスター教を信ずるイラン系のパールシー(Parsi)であることから、アーリア系とされる。 また母方がユダヤ系の遊牧民の出身らしく、その縁からイスラエルフィルとは親密な関係が続いている。

「何しろ俺はインド人でユダヤ人なんだから」、と自ら語るほどに何者にも負けない意志の強さがある。正しいと思ったことはごり押ししてでも進めるタイプゆえ、特に若い頃の演奏(録音)には、趣味の異なる相手は辟易とさせてしまう猛毒があるが、独特のダイナミズムを持ったリズム感とオーケストラをコントールする手腕は天性のもの。あのウィーン・フィルでさえメータの棒には黙って従うほどだ。」『200CD指揮者とオーケストラ』より田中成和氏による、立風書房、1999年)


sv0131b.jpgボンベイ交響楽団の指揮者であったメータ父は、息子ズービンに7歳からヴァイオリンとピアノを学ばせ、ヨーロッパやアメリカへ転々と居を移すさまはまるでレオポルド・モーツァルトの現代版

18歳でウィーンの音楽アカデミーに留学し、コントラバス奏者としても活躍したメータにとって、ウィーンはキャリアの原点であり、ウィーンフィルは最も身近なオーケストラだった。  TOWER RECORDS

70年代半ばに録音されたこの盤は、ウィーンフィルの美質が最大限に引き出された演奏といってよく、バルビローリ盤とならんで筆者の手がよくのびる1枚だ。この楽団ならではの、まろやかで蠱惑的な響きが、ゾフィエンザールで収録したアナログ完成期のデッカの名録音によって、じつに美しくとらえられている。

sv0132c.jpgここには力づくでオーケストラをトライヴしようといった強引さは微塵も見られず、自然体でオーケストラと協調しながら、奏者たちがメータの棒の下で自由にのびのびと演奏しているのが最大の魅力。

艶やかな美感に彩られた管弦の響きは筆紙に尽くしがたく、柔らかく解きほぐされた温もりのある弦楽器、とろけるような木管楽器、ねばり気をもったブラスの響きといった熟成された“ウィーンフィル・サウンド”が刻みこまれている。
TOWER RECORDS  amazon  HMV

「何の申し分もない美しいブラームスで、メータはやはりウィーン・フィルでこそ彼の才能が生きることを痛感する。四角四面のスタジオ制作芸術という趣を一片も感じさせない豊饒さと音楽的な息づかいが全面を満たしている。レコード音楽がかなり人工的な美感への疑いを濃くしたなかで、この指揮者とこのオーケストラの録音はそれを突き抜けるところまでゆきそうに思われる。」大木正興氏による月評より、SLA1111、 『レコード芸術』通巻第317号、音楽之友社、1977年)


「悠揚と流れる音楽で、すみずみまで無理なくみがかれている。肩凝らした場面はまったくなく、音楽的に自然であるが、それでも終楽章など充実感が力を生み、堂々と緊迫した音楽となっているのが好ましい。こうした演奏はウィーン・フィルによってのみ可能となったのではないかと思えるほど、オーケストラがうまい。メータの美質がことごとく表された名演である。」 小石忠男氏による月評より、L25C3019、『レコード芸術』通巻第387号、音楽之友社、1982年)



第1楽章 ウン・ポコ・ソステヌート
やわらかなティンパニの打ち込みと、濃密な弦楽によるオクターブの半音階進行が心地よく、ティンパニの生々しい連打、哀愁をそそるオーボエのひと節、一抹の淋しさが漂う木管とチェロの対話など、ウィーンフィルならではの美味しい音がてんこ盛りである。

sv0132d.jpgティンパニの気持ちのよい一撃とともに突入する主部の第1主題は、磨きぬかれた弦楽器の独壇場で、主題末尾(48小節)でA-As-Fis-G動機を艶やかに歌い上げる快調なテンポとリズミカルなステップで頂点(練習番号C)へ駆け上がるところのみずみずしさといったら! 

のったりと歌い回すオーボエの独奏や、まったりと応答するクラリネット、ねぼけたホルンのエコーなど、長閑で穏やかな表情は第2主題でも枚挙に暇がない。
TOWER RECORDS  amazon  HMV [HQCD]
TOWER RECORDS  amazon  HMV [SACD]

sv0132e.jpg聴きどころは〈運命動機〉がしのび寄り、コラール〈元気を出せ、わが弱い心〉が導き出されて高揚する展開部(232小節)。弦楽のしなるような弓さばきと蠱惑な音色に酔ってしまいそうになる。

闘争の頂点(320小節)では、ヴィーナーホルンが基本動機をねばっこく吹き放ち、精力を漲らせて再現部(339小節)に突き進むメータの勇猛ぶりが頼もしく、骨力のある音を叩き込むティンパニの硬い音が聴き手の耳を刺激する。
TOWER RECORDS  amazon  HMV
sv0053k.jpg

シンコペーションのカデンツ終止からフォルティッシモの付点フレーズにギア・チェンジするコーダ(459小節)の歯切れ良い進行もすこぶる快適で、ティンパニと裏打ちの弦のアタックが、強靱なリズムをバネにしてクレッシェンドしていく“決めどころ”の手に汗握る緊迫感も圧巻である!


第2楽章 アンダンテ・ソステヌート
sv0132g.jpgたっぷりと弾き回す低音弦や、なみなみと奏でる弦のユニゾン(53小節)の重みのある濃厚なサウンドはいかにもメータ流。ウィーンフィル特有のもってりとした厚味のあるハーモニーが名状しがたい気分を醸し出している。

第1主題が発展して纏綿と切分音でつづる半音階モチーフ(27小節)は光沢を帯びた音の布地を織りあげるように、音楽はしっとりと、のびやかに息づいている。
TOWER RECORDS

sv0132h.jpgウィーンフィルの弦楽器奏者たちが夢から目覚めたかのように嫋々と歌い出す第3部(67小節)はロマンの精髄を極めたものといってよく、絶妙の呼吸でフレーズの抑揚をつくる流動感と、極上のベルベットのような肌触りのよいサウンドに心ゆくまで酔わせてくれる。

楽章の仕上げには、独奏ヴァイオリンがホルンのメロディーを艶やかなオブリガートで彩ってゆく。名コンサート・マスターとして腕を鳴らしたゲルハルト・ヘッツェル氏だろうか。
TOWER RECORDS  amazon  HMV

sv0039u.jpg

「この演奏には気負いも思わせぶりも一切なく、すべてが美神の掌中におのずと立ち昇る音楽のように自然である。この自然流こそメータの極意であって、それにはどうしてもこのウィーン・フィルの特技が必要である。リズムはどこまでも柔らかい弾力をもち、旋律の伸びのよさも格別、ほのぼのとひびくホルンの次に目のさめるようなヴァイオリンの澄んだ響きが輝く。そういう陶酔の驚きとが曲いっぱいにつまっているのである。」大木正興氏による月評より、SLA1111、『レコード芸術』通巻第317号、音楽之友社、1977年)



第3楽章 ウン・ポコ・アレグレット・エ・グラチオーソ
インテルメッツォ風の典雅な楽想は、ウィーンフィルのまろやかな木管のハーモニーがものをいう。ここでは、“獅子の衣を着た子羊”とアメリカで評されたメータのやさしさとあたたかみが宿されている。中間部の終わりでロ調のホルン、トランペットを目立たぬように音を丸めているのは、フルトヴェングラーとは対照的である。


第4楽章 アダージオ-アレグロ・ノン・トロッポ・マ・コン・ブリオ
sv0132i.jpg主部の〈歓喜の主題〉(62小節)はオーケストラが絶妙のテンポで歌い出す。しなやかに揺れる弦楽のフレージングとリズミカルなピッツィカート、チャーミングな木管の歌い出しなど、角張った所や夾雑物をいささかも感じさせぬ醇乎たる音楽の喜びに溢れんばかり。

威風堂々としたアニマートの主題総奏(94小節)は、闘争の精神よりもヒューマンな温かみが放たれている。

TOWER RECORDS  amazon  HMV

sv0132f.jpg再現部は、ツボを心得たメータが手綱を解き放ち、伸びやかな音楽を聴かせる一方で、強いリズムの切れ(257小節)と健康的な推進力によって頂点へアタックをかけるさまが痛快である。

ダイナミックなパワーで爆発する〈クララ主題〉(279小節)や、豊潤に吹奏するアルペン・ホルンのシグナル(285小節)など、こってりと“脂ぎったサウンド”でオレ流を貫くところはメータの真骨頂。妖艶にゆれ動く弦の慰めの句(316小節)などは美麗を越えて官能的ですらある。
TOWER RECORDS

sv0053v.jpg

sv0132j.jpgコーダ(377小節)は真打ち的な重みで突き進む。第1主題を交互に織り合わせ、シンコペーションから“7連打”に収束する力瘤のない立ち振る舞いは、あたかも指揮者とオーケストラが一体になっているかのよう。

ストレッタの快調な足取りと賛歌(432小節)の清新溌剌とした音楽運びもみずみずしく、オクターヴをシャッキリと駆け上がる弦と、ハ長調の終止和音が清々しい感動を誘っている。
TOWER RECORDS  amazon  HMV

ベーム盤(DG)に真っ向勝負を挑むかたちでセッションを組んだ“デッカの配剤”というべき名盤で、ウィーンフィルの美質を極めた俊英メータに大拍手。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 2019/02/28 ] 音楽 ブラームス | TB(-) | CM(-)

アンチェルのバルトーク/管弦楽のための協奏曲

sv0112f.jpg
バルトーク/管弦楽のための協奏曲 Sz116
カレル・アンチェル指揮
チェコフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1963.3.25-27,29 (Spraphon)
Location: Rudolfinum, Praha
Disc: COCO84481 (2008/6)
Length: 37:37 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon


このディスクは、スプラフォン・ヴィンテージコレクションの〈カレル・アンチェルの芸術〉(全10枚)と題したシリーズの一枚で、オリジナル・マスターから復刻された音盤である。これらは、いずれも全盛期の艶光りしたような“チェコフィル・サウンド”堪能させてくれる名盤ぞろいで、廃盤になってしまう前に是非とも入手しておきたい。

sv0112a.jpgカレル・アンチェル(1908-1973) はチェコフィル第2の黄金期を築いた名指揮者で、無類の“トレーニング魔”としても知られる。戦後の混乱期に楽団を立て直すために楽員を入れ替え、パート練習を強化してアンサンブルを鍛えあげ、チェコフィルをローカルな楽団から機能性をも兼ね備えた超一流のオーケストラへと育て上げた。

ここで聴く《オケコン》は、ストイックなまでに引き締まった辛口のスタイルによって、ヴィルトゥオーゾ・オーケストラに勝るとも劣らない緊密なアンサンブルが繰り広げられている。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

燻し銀のブラスや鄙びた木管楽器にみられる古色蒼然とした特有のサウンドも個性的で、皮肉っぽい〈対の遊び〉、収容所での辛い体験を物語る慟哭の〈エレジー〉、グロテスクな嘲笑や悲しみを歌いあげる〈中断された間奏曲〉など、アンチェルの厳しい眼差しと緊迫した気分で貫らぬかれた第一級の演奏だ。

「アンチェルのあの冷たい体質と合っているせいか、全体に寸分の隙もなく、よくまとまった演奏を行っている。ことに緊迫感に包まれた〈エレジー〉と終曲は光っていた。」 志鳥栄八郎氏による月評、OC7167、『レコード芸術』通巻第334号、音楽之友社、1978年)


「細部まで隙なくまとまった、スマートで澱みない音楽の流れの良い演奏で、なかなか怜悧な美しさをそなえている。〈対の遊び〉などには、もう少しユーモアや余裕があってもとは思うが、〈悲歌〉の深沈として澄みきった表現や、〈終曲〉の爽やかかつのびやかな躍動など、美しい聴きものである。」 歌崎和彦氏による月評、『レコード芸術』通巻第484号、音楽之友社、1993年)



第1楽章 「序章」 アンダンテ・ノン・トロッポ~アレグロ・ヴィヴァーチェ
sv0112b.jpg「ザラリ」とした低音弦の感触、フルートの明瞭なトレモロ、ヴィオラのかさかさとしたスルポンティチェロなど、キメ細やかな木質の肌触りが抜群の鮮度で迫ってくる。

楷書風のフルートのパルランド・ルバートや、鈍い響きを発するトランペットも個性的で、痛切な弦の調べがオクターヴ上がると、ティンパニを力強く叩き込み、主部に向かって急迫的に追い込むところはオーケストラを隅々までコントロールする指揮者の鋭気が漲っている。
TOWER RECORDS  amazon

主部(76小節)は、チェコフィルが強固なアンサンブルを披露する。アンサンブルの切れの良さと鮮明なテクスチュアは抜群で、ティンパニの固い打ち込みによって音楽を毅然と引き締めている。鄙びたオーボエが悲しげに歌う第2主題(154小節)の侘びた風情も魅力的で、これを歌い継ぐ木管パートがラプソデックにたゆたうと気分が高まってくる。ハープや弦の緻密な伴奏にも録音のあざとさを微塵も感じさない手作りの味わいがある。


sv0112c.jpg厳然と立ち上がる展開部(231小節)は、ぴしりと整った弦楽アンサンブルの腕の見せどころで、乾いた音で「ガシッ!」と叩き込むフォルティシモの和音打撃は壮絶の極み。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

くすんだクラリネットや、葦笛のようなコール・アングレといった個性的な音を発する木管楽器にも酔わせてくれるが、聴きどころは推移主題を展開するブラスの強大なカノン

sv0056m.jpg

sv0112d.jpg燻し銀の響きを発するトロンボーンに、トランペットの乾いた金属音がきっぱりと、明瞭に高音部で歌い継ぎ、4本の野太いホルンが反行形主題を「ほっこり」と吹きぬくローカル色ゆたかな音色は、まぎれもなく60年代のチェコフィル・サウンドだ。

6声のカノン(365小節から)ではトランペットにミスがあったり、パンチ力とっいた点では決め手を欠くが、胸のすくように打ち込むブラスのメタリックな触感は抜群で、第2主題の再現の精緻な合奏能力も特筆モノ。
TOWER RECORDS  amazon

切れのあるアンサンブルで整然と決めるコーダもアンチェルの気魄が聴き手にじかに伝わってくる胸のすくフィニッシュといえる。


第2楽章「対の遊び」 アレグレット・スケルツァンド
sv0112e.jpgパントマイム風のスケルツォは、チェコフィルらしい鄙びた音色を発する個性ゆたかな木管楽器の独壇場。小太鼓の固いリズム打ちにのって、皮肉を込めたように嘲る各パートの妙味あふれる歌い口がすこぶる魅力的で、リズムは堅固で一分の隙もなく、実直なボヘミアの楽隊といった趣がある。

トリオは、まったりとしたブラスの奏でるロシア風コラール。情感ゆたかな調べは耳にやさしく響くが、指揮者の心のこもった痛切さが次第に聴き手の心に重くのし掛かってくる。  TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


第3楽章「悲歌(エレジー)」 アンダンテ・マ・ノン・トロッポ
sv0112g.jpgアンチェルは〈痛ましい死の歌〉を、強制収容所での自己の辛い体験を重ねるかのように、悲劇のドラマを痛切に描き出す。不気味な低音弦とオーボエの独白は悲しみを通り越して狂おしいほどに嘆き、人間の苦悩や苦痛さがひりひりと伝わってくる。

圧巻は鉄槌のように打ち落とす管弦の豪打! 固い鋼のようなブラスの塊を容赦なく振り下ろす凄絶さは、ナチスに家族を抹殺されたアンチェルのつよい怒りが込められている。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0112j.jpg身悶えするように、のたうち回る弦、中間部の深い瞑想的なヴィオラのパルランド・ルバート、哀しみを満面に湛えた木管のコラール、わが身を呪うかのようなコール・アングレの呟き、その頂点でトランペットが阿鼻叫喚の地獄を打ち叫んで悲劇のクライマックスをむかえるのだ!

 しみじみとした情感の中で激情は慰められるが、いくらぬぐい去ろうとしても指揮者の心の悲しみは永遠に癒されることはない。  TOWER RECORDS


 第4楽章「中断された間奏曲」アレグレット
sv0019f.jpg開始の長いフェルマータに仰天するが、哀しげに揺れながらペーソスを込めて歌うオーボエの民謡主題は味わいがあり、皮肉っぽいニュアンスをたっぷりと伝えている。

ヴィオラの歌うハ短調の〈望郷のエレジー〉がアンチェルの聴かせどころで、祖国への深い想いと慰撫の念を込めて綴る音楽がすこぶる感動的だ。コール・アングレのやるせない気分や、狂おしげなオーボエの吐息も聴き手の胸を打つ。
amazon
sv0056n.jpg

中間部は「戦争の主題」(ショスタコーヴィチの〈レニングラード〉)のパロディー。レハールのワルツから引用した一節を嘲笑する場面では、あたかもナチスに抗議するかのようなブラスと木管の抉りの効いた嘲りがグロテスクで仰々しく、トロンボーンの2度のブーイングなどは、奏者が憎々しげに尻を突き出して、屁をかましているような感じである。

sv0056o.jpg

「90小節と91小節に出現するトロンボーンのグリッサンドの終点の音が、記譜音よりもピッチが高く、これが実に底意地の悪さを感じさせるのだ。この盤は、第4楽章以外でも、記譜上のイントネーションとは微妙に異なったアプローチを行いながら、ラプソディックな感興を豊かに湛えているのが、まことに興味深い。」 「究極のオーケストラ超名曲徹底解剖[2]より満津岡信育氏による、~『レコード芸術』通巻658号、音楽之友社、2005年)



 第5楽章「終曲」ペザンテ~プレスト
sv0112h.jpgチェコフィルの鉄壁のアンサンブルを知らしめるのがフィナーレだ。艶を消したような鈍いブラスのファンファーレを合図に、無窮動のパーセージをひた走る緻密な弦楽アンサンブルが持ち前の腕を発揮する。

鍛え抜かれた筋金入りのフレージングによって、目の覚めるような精密な走句がクレッシェンドするところ(132小節)は鳥肌モノで、切れ味の良いリズムと管弦のバランスの取れた音楽運びは一分の隙もない。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

第2主題(148小節)をカノン風に奏でる木管パートの古風な響きから諧謔味や皮肉な表情がおのずと浮かびあがってくるではないか。この曲最大の見せ場は中間部のトランペットに尽きるといってよく、弦の伴奏音型の上に元気よく躍り出る主題を連呼するファンファーレ(201小節)が最大の聴きどころ。力感は今ひとつだが、歯切れ良く打ち込む冴えた金属音が心地よく、1番トランペットが3連音(229小節)を抜群のリレーで打ち繋ぐパフォーマンスが見事に決まっている。
sv0056p.jpg

sv0019h.jpg弦楽フガート(265小節)やストレッタ楽段(344小節)の精緻なアンサンブルも玄人集団の技といってよく、とくに木管パートのくすんだ音色が楽曲にローカルな色合いと詩情味を添えている。

ティンパニの冴えた一打から走り出す再現部(384小節)の精緻なアンサンブルは間然するところがなく、決めどころの総奏(418小節)でトロンボーンをバリバリと打ち込む力ワザにも大拍手!  amazon

フィナーレの仕上げは、第3主題をラプディックに変奏した勝利のファンファーレ。エネルギッシュな躍動はアンチェルの棒によって禁欲的なまでに厳しく統制され、直線的な正確さと贅肉を削ぎ落とした“辛口のサウンド”によって厳然と締め括られる。

sv0056q.jpg
アンチェル=チェコフィル全盛期のサウンドを堪能させてくれるお宝の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2019/01/26 ] 音楽 バルトーク | TB(-) | CM(-)