プレヴィン=ロンドン響のベートーヴェン/交響曲第5番

sv0102a.jpg
ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調 作品67「運命」
アンドレ・プレヴィン指揮
ロンドン交響楽団
Recording: 1973.1.10,11 Kingsway Hall, London
Producer: Christopher Bishop (EMI)
Balance Engineer: Chiristopher Parker
Length: 37:33 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon


懐かしいレコードが復刻された。アンドレ・プレヴィンが、1968年から79年まで首席指揮者の任にあったロンドン交響楽団を指揮したベートーヴェンの交響曲第5番と第7番を組み合わせたアルバムがオリジナル・ジャケットで蘇ったことは、70年代のLP期に学生時代を過ごした筆者にとって感慨ひとしおである。

sv0102b.jpgプレヴィン=ロンドン響といえば、ノーブルで口あたりのよいスタイルで一世を風靡したのが筆者の記憶にあたらしい。

ビートルズ風のマッシュルーム・カットのヘアスタイルと、縦縞の派手なシャツをさりげなく着込んだジャケット写真が印象的で、ポップス系ミュージシャンを思わせるアカ抜けた雰囲気は、カラヤンとはまた違ったかっこよさがあった。


復刻されたCDにじっくり耳を傾けてみると、これが以外や素晴らしい演奏である。ここには人間のあらゆる苦悩を背負い込んだような“しかめっ面”をした“気むずかしい”ベートーヴェンの姿はなく、Tシャツにジーンズ姿で恋人と手を取り合い、リラックスした気分で聴き手に語りかけてくれる和やかさがある。

sv0102c.jpg物腰の柔らかなスタイルは、「苦悩から闘争を経て勝利へ」といった肩肘張った筋書をも忘れさせてくれるものだ。

ドイツ正統のスタイルから見れば軟派なベートーヴェンかも知れないが、楽しい気分で野外に出掛けて余興にふけり、闘いをよそに恋人と愛を語らう幸福感と清々しい開放感に満たされるのがこの演奏の魅力だろう。これは、純音楽的に周到に練られた第5シンフォニーといえる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

「低音を軽めに抑えつつ、合奏全体をきれいに鳴らしているのがまず心地よい。そのうえでプレヴィンは、トゥッティでは楽器の重なり具合に細かく手を入れて管楽器やティンパニを適宣浮き沈みさせ、サウンドの色合いをカラフルに変化させる。加えて彼は独特のビート感を生かして歌謡的な箇所は流麗に、壮大な箇所は溌剌と音楽を進めてゆく。ベートーヴェンだからと言って、ことさらにサウンド造りの方法論を近代音楽を振るときと変えたりはしないようだ。」 相場ひろ氏による月評より、QIAG50061、 『レコード芸術』通巻第730号、音楽之友社、2011年)


「プレヴィンの音楽の面白さは、クラシック音楽を“外側”から視た面白さである。違う聴き方、違う種類の快楽をやんわりと、しかし直截に提起してくる。だから作品が西洋伝統のあれこれをその身に多くため込んでいればいるほど、じわりと耳の記憶に効いてくるのだ。」 『200CD指揮者とオーケストラ』より中野和雄氏による、立風書房、1999年)



第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ
sv0102d.jpgたっぷりと引き伸ばした長いフェルマータがすこぶる心地よく、ワルター=コロンビア響のステレオ盤を思わせるものだ。

切迫した呼吸や劇的な緊張を強くはらんだ悲痛さには背を向けて、澄明爽快な響きによってゆとりのある音楽が進行する。
TOWER RECORDS  amazon

低音リズムは控えめに、弓の根本で「ガッ」と喰らいつくような角張ったところがいささかも見られぬ熟れたフレージングや、まろやかなホルン信号が飛び出したりして、「ちょっと違うぞ」と聴き手に思わせるところがユニークだ。頂点(94小節)にのぼりつめるところやコデッタもいたずらに力まず、颯爽と走り抜けるところがプレヴィンらしい。

sv0076i.jpg

sv0102e.jpg展開部は、やおら獅子吼するホルンに仰天するが、「さあ皆の衆、狩りをはじめようぞ!」といわんばかりの朗らかな遊びの気分をプレヴィンは宣言する。

低音弦の対位を控えめに、力感を廃してリズミカルなステップで〈運命主題〉を展開する。要所で飛び出すトランペットの明るい打ち込みや木管の清冽な和音も特徴的で、気分はすこぶる陽気である。
TOWER RECORDS  amazon

全楽器の斉奏で突入する再現部(248小節)は、ちょっとシャイで控えめなオーボエのカデンツァや、楽譜の指定通りにファゴットに吹かせる第2主題の剽軽さも個性的だが、大らかに弾き回して高揚する頂点(346小節)は身を奮い立たせるような雄渾な気分よりも、ハッピーな愉悦感に溢れんばかり。

sv0102j.jpg歯切れの良いティンパニのリズム打ちにのって、コーダはみずみずしさが際立ってくる。

強固な意志や闘争の精神は大きく後退し、肩に力を張らないリラックスした気分で奏でる音楽は、なまぬるいと感じる向きもあろうが嫌味がなく、和気藹々と和やかな雰囲気のうちにプレイを終えて、ひと風呂浴びたような爽快感がある。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [CD]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [LP]


第2楽章 アンダンテ・コン・モート
sv0102g.jpg瞑想の中に崇高な気分を宿す第1主題は、安らぎに充ちた田園牧歌的な情緒に溢れんばかり。

木管の奏でる第2主題もやわらかな歌がそこかしこに流れ、トランペットの吹奏による革命歌調のファンファーレ「勝利なぞどこ吹く風」といった風情で、どこぞの未亡人のもとで安住のねぐらを見つけたベートーヴェンが、浮き世の夢に身をやつす姿が目に浮かんでくる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0102h.jpg大きな聴きどころは50小節から歌われる変奏部。ヴィオラとチェロが淑やかに歌い上げる分散和音の変奏主題はロマンティックな情感に溢れんばかり。

第1ヴァイオリンがエレガントに歌い上げる第2変奏(106小節)は作曲者が恋慕の情を綴った“愛の歌”だ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [SACD]
sv0076j.jpg

恋人と手を取り合って甘い恋をささやく語り口から、ふだんは尊大で深刻ぶった作曲者が、じつはニヤけたヤサ男に思えてくる。チェロ・バスが柔らかく弾き回して上昇するフレーズは、ベートーヴェンの幸福感が絶頂を極めた感があろう。

「もしどこからか、若いころのベートーヴェンが、洒落た服に身を固め、妙齢の婦人の手を取って、優しく笑いかけているようなスケッチが出てきたら、きっとベートーヴェン像だけでなく、その音楽のイメージが一変するに違いない。」 『ファイヴエル』より堀内修氏による、2012-03号)



第3楽章 アレグロ(スケルツォ)
sv0102i.jpgさっぱりとした弦の軽やかなフレージングは、古楽奏法を先取りしたようで、歯切れの良い管楽器と打楽器のリズム打ちが心地よい。

トリオは、プレヴィンの指揮にぴたり反応する緊密な弦楽フガートがソフトに躍動する。みずみずしく駆け走る弦楽群に、ひたひたと打ち込まれるティンパニのリズムが気持ちよく決まり、これが聴き手の快感を誘っている。
TOWER RECORDS  amazon
sv0076g.jpg

スケルツォの再現は、淡泊なリズム打ちから運命を切り開く緊張感がまるで漂ってこないのが面白く、作曲者はちょっとニヒルに装いながら、来たるべき勝利にはまるで興味を示さない。酒を飲んで女のことを考えながら、「そのうち、チャンスは転がって来るさ。それまで昼寝でもしてようや」棚ボタの勝利を夢見る脳天気な姿が浮かんでくる。


第4楽章 アレグロ
sv0102f.jpg確信をもたずにやって来る「勝利の歌」はさっぱりと清々しい。遊興にふけるように朗々と吹き放つホルンが痛快で、プレヴィンの棒にのって奏者が興じているさまが伝わってくる。 TOWER RECORDS

〈賛歌〉の32小節で「ぶろろ~ん」と大きくトリルを入れるように吹き上げるところなど遊び心満点で、奏者のパフォーマンスに快哉を叫びたくなる。(リピートあり)


sv0102k.jpgこの演奏は過酷な運命に立ち向かい、勝利を手にしてガッツポーズを決めたり、巨匠風の威風堂々としたものからほど遠く、控えめな弦のスフォルツァンドと、明快な管楽器のアクセントによって、清新溌剌たる開放感を実現しているところに魅力がある。

歯切れ良打ち込まれる和音打撃や、要所で突出する金管のスパイスも爽やかだ。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0102l.jpg294小節から第2主題で走り出すコーダは奇策を弄することもなく、プレヴィンはひたすら小気味のよいテンポによる軽快なフットワークで勝負する。

ほのぼのと吹き出す結尾主題が飛び出すと、柔らかくスキップするようなリズムを配し、ウキウキしたビート感覚で聴き慣れた名曲をスタイリッシュに締め括っている。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0076k.jpg

これはリラックスした語り口による、ロマンティックなムードに酔わせてくれるユニークな第5シンフォニーで、厳粛なベートーヴェンに耳がうんざりした時に、ちょっと遊びの気分で手を伸ばしてみたくなる一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2017/11/11 ] 音楽 ベートーヴェン | TB(-) | CM(-)

ヨッフム=コンセルトヘボウのモーツァルト/交響曲第38番「プラハ」

sv0101a.jpg
モーツァルト/交響曲第38番ニ長調 K504「プラハ」
オイゲン・ヨッフム指揮
アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
Recording: 1961.12.11-13 (PHILIPS)
Location: Concertgebouw, Amsterdam
Disc: UCCP3290 (2005年10月)
Length: 27:03 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


ドイツの巨匠オイゲン・ヨッフム(1902~1987年)は、若きハイティンクを補佐するかたちで1961年、オランダの名門コンセルトヘボウ管弦楽団の常任指揮者に就任した。

ハイティンク&ヨッフムという複数常任制は異例のことで、これは経験と人望の少ないお世継ぎの若君を養育するための、いわば窮余の策の人事であったという。このモーツァルトはちょうどヨッフムが常任指揮者に就任した直後のフリップス録音

「ハイティンクは若くしてコンセルトヘボウ管弦楽団の常任指揮者になったんです。メンゲルベルクの後を受けて、後任になったベイヌムが早死にした。そこで、人材がいなかったものだから仕方なくハイティンクを常任にした。オーケストラがオランダ人を指揮者にしたかったんでしょうね、ヨッフムを後見人のようなポジションに任命して、ハイティンクを育てようとしたんだと思います。変なシステムですね、ようするにハイティンクをぜんぜん信用していないんですよ。」 『宇野功芳の白熱のCD談義ウィーンフィルハーモニー』より、ブックマン社、2002年)



sv0101b.jpgヨッフムはこの時、楽団を統率し、若いハイティンクを音楽面でもしっかりサポート出来る超一流のコンサートマスターを探すためにヨーロッパ中を奔走する。

そこで目を付けたのが、地元ハーグのレジデンツィ・オーケストラで弾いていたヘルマン・クレッバース。早速、ヨッフムは書状をしたため、財務部長を伴ってクレッバースを口説きに掛かったという。
TOWER RECORDS  amazon

この話は、フルトヴェングラーがシモン・ゴールドベルクを、カラヤンがミシェル・シュヴァルベを、朝比奈が名古屋フィルから稲庭達を引き抜いた話とも重なってくる。機を見るに敏なヨッフムは、芸術家であると同時にマネジメント能力にも長けた実務家でもあったのだ。

「手紙をもらったときから、移籍の話だろうとおよそ察しはついていたんだけど、ヨッフムはオランダの歴史や文化を延々と語りはじめ、コンセルトヘボー管弦楽団の将来はオランダの文化の帰趨に関わるという言い方までして、ぼくに逃げる口実を与えなかった。金銭面での処遇についても財務部長を交渉の席に連れてくるという実務的なやり方でした。ヨッフムは見かけは好々爺ですけど凄腕の交渉力の持ち主で、したたかな爺さんでしたよ。そりゃ、断れる筈はないだろう。なにせ、コンセルトヘボー管弦楽団の第1コンサートマスターといったら、ヴァイオリニストにとって最高の地位ですからね。(ヘルマン・クレッバース)」 中野雄著 『指揮者の役割』より要約、新潮社、2011年)



sv0101c.jpgここに聴くモーツァルトは、バスの声部をしっかりと響かせ、謹厳実直なフレージングによって荘重な響きと深い内面性を宿しているのが特徴。

特筆すべきはコンヘボ管の冴え冴えとしたアンサンブルと、くすみがかった管楽器の音色で、名門楽団が老練の音楽監督の下で水を得た魚のように、清新溌剌とした演奏を展開している。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

歌謡主題を牧歌的な気分で歌い回すあたりはヨッフムらしい南欧的なおおらかさに溢れ、フィナーレで見せる豪放な気風と活力のある棒さばきによって、愉悦感に充ちた管弦楽の妙味を堪能させてくれる。

「亡き巨匠ヨッフムは1961年にコンセルトヘボウ管の常任指揮者となり、この名門オーケストラと深い関係をもったが、このモーツァルトはその頃の録音で、堂々とした重厚な演奏をきかせる。ドイツ風のモーツァルトともいえるが、そのなかにヨッフムの人間的なあたたかさと深い洞察力が示されており、旋律の表情に非常な説得力があるのは、きき逃すことができない。アンサンブルも整然として力強く、造形にはいちぶの狂いもない。心あたたまる、たくましい交響性を表出した演奏である。」 小石忠男氏による月評より、『レコード芸術』通巻第474号、音楽之友社、1990年)



第1楽章 アダージョ-アレグロ
sv0101d.jpg荘重で威厳に満ちた序奏はいかにもドイツ人の巨匠らしい含蓄ゆたかな味わいがあり、神秘の森の中で旋律を探り当てるような神韻縹渺とした趣がある。

半音階パッセージから歌劇《ドン・ジョヴァンニ》風の厳粛な雰囲気が立ち現れる劇的な音楽運びは、まるでオペラの開始のような予感を聴き手にあたえている。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

D音のシンコペーションから8分音符の連打で走り出す主部(第1主題)は気分が爽快で、16分音符を力強く弾き回す副主題(55小節)から、いよいよ名門楽団がシルキーな音色で目の醒めるようなフレージングを展開。

sv0101m.jpg

sv0101e.jpg快活な主題を闊達自在に躍動するところは、ゾクゾクするような興奮を喚起する。

じっくりと練り回す優美な第2主題(97小節)は、ヨッフムの南欧的な大らかさを体現したものといってよく、ファゴットが陰影を付けた主題を清楚な第2句によって美しく洗い清めるあたりは、あの人間離れした長いアゴをぬ~と突き出し、「ぺろっ」と指をなめてスコアをめくる姿からは想像が出来ぬ清廉潔白な味わいがある。 [提示部リピートなし]

amazon  HMVicon
sv0101n.jpg

sv0101f.jpg展開部(143小節)は、なめらかで見通しの良い対位法によって、弦楽アンサンブルが副主題のゼクエンツを冴え冴えと展開する。

みずみずしいフレージングとヨッフムの力瘤のない巧緻な棒さばきによって主題を変奏するところは若々しく、弦の澄み切った美しさも特筆される。
amazon  HMVicon

バスのリズムをしっかりと打ち込み、シンフォニックに突き進む再現部(208小節)も南ドイツの野人ヨッフムの真骨頂で、冴えた響きがスケール感を増して、感興ゆたかに締められている。


第2楽章 アンダンテ
sv0101h.jpgやわらかな弓使いで奏する第1主題は、のどかで牧歌的な気分が横溢する。

ほどよく弾むスタッカート主題、微笑みを返すような推移主題、短調で翳りを付けた主題の中でしっとりと歌われる16分音符のモノローグ(26小節)など、さりげない歌の中に、まるでオペラ・アリアのような雰囲気を醸し出すあたりが心憎く、老熟を極めた大ヴェテランの棒さばきといえる。

TOWER RECORDS  amazon
sv0101o.jpg

sv0101j.jpg軽めに響かせる低音の持続音に乗った第2主題(35小節)も聴き逃せない。慰めの気持ちに満ち溢れ、角張ったところのいささかも感じられぬ醇乎たる味わいに聴き手を酔わせてくれる。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [LP]

バスの声部がゆたかに流れるパストラール風のコデッタ主題(55小節)や展開部の転調も絶妙で、くすみのある管楽器が底光りするような色艶を滲ませ、強音でも決して音崩れしない“フィリップス・トーン”が、一服の清涼剤のような爽やかな気分を誘っている。


第3楽章 フィナーレ、プレスト
sv0101k.jpg颯爽と駆け走る快速のテンポに仰天するが、はずむような律動、生き生きとした躍動感、歯切れの良いフレージングで突進するプレストの音楽は、南ドイツの快人ヨーフムの独壇場で、60歳に近いとは思えぬ活力が漲っている。

第2主題も前へ前へと老舗の楽団を駆り立てるような覇気に充ち、バーレスク風の木管が洒落た合いの手を絡めるあたりも表情は愉快である。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [CD]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [LP]
sv0101p.jpg

目まぐるしい勢いと猛スピードで弾き飛ばす弦楽セクションの超絶的な弓さばきは数ある音盤の中でも冠絶したもので、中庸のテンポで緊密な合奏美を展開するクリップス盤とはおよそ対照的だ [提示部をリピート]。  

ConductorDateLevelSourceTotal
Jochum1961.12PhilipsUCCP329010:458:547:2427:03
Krips1972.2PhilipsUCCP3456/6112:577:406:0226:39

sv0101i.jpg豪快なトゥッティで突入する展開部(152小節)も力感が満点。高弦と中低弦が交互に、途轍もない勢いをつけたシンコペーションを弾きぬく主題展開(216小節)のフレージングに腰をぬかしてしまう。

主題再現に挿入される和音強奏の“がっつり”と喰らいつく荒々しさも痛快この上なく、「のっしのっし」と大股で意気揚々と歩む第2主題の再現は、まさに“南ドイツの野人”
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0101l.jpgここでは、再現部と展開部をスコアに忠実に繰り返して演奏しているが、名門楽団を自在にドライヴする親分肌の腕力が頼もしい。

一気呵勢に畳み掛ける終結部もオーケストラの自発的な勢いに貫かれ、ヨッフムの迷いのない気風としたたかな職人性が自ずと浮かび上がってくる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [HQCD]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [SACD]

老巨匠の奥義と名門楽団の名技をいかんなく発揮した掘り出し物の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2017/10/28 ] 音楽 モーツァルト | TB(-) | CM(-)