アンセルメ/スイスロマンド管の幻想交響曲

sv0058a.jpg
ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14
エルネスト・アンセルメ指揮
スイス・ロマンド管弦楽団
Recording: 1967.9
Location: Victoria Hall, Genève (DECCA)
Disc: Australian Eloquence 4800053 (2010/6)
Length: 51:01 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


アンセルメ指揮の《幻想交響曲》は、ロンドンレコード15周年記念として発売されたもので、リハーサルの特典盤付の豪華な2枚組アルバム(SLA1002)だった。アンリ・ルソーの『蛇使いの女』をあしらったジャケットも美しく、月光に照らし出された蛇使い女が、密林の中で笛を奏でる幻想的な情景が筆者の目に焼きついている。

sv0058b.jpgわが国では「オーケストラが二流」「名演奏は録音のマジック」と評され、デッカが実力以上のものを刻んだと揶揄されるスイス・ロマンド管だが、絹の手触りのようにキメ細かな高音質録音は、“シルキー・ハイ”という異名をもつデッカの看板だった。

シュヴァルベがカラヤンに引き抜かれるまでコンサートマスターをつとめた時期(1944~57年)が全盛期といわれるが、終身指揮者として矍鑠として指揮台に立ち続けたアンセルメ最晩年の当録音は、満を持してのレコーディングだった。

sv0058d.jpgここでは、デッカ録音の素晴らしさ(あざとさ)がマニアの耳を捉えてはなさない。2台のハープが宝石のように煌く〈舞踏会〉、ティンパニの打点がすべて見える〈遠雷の情景〉、弔鐘、低音弦のフーガ、弦のコル・レーニョが生々しい〈地獄の饗宴〉など、この曲定番の聴きどころが満載。

〈断頭台への行進〉を猛烈にクレシッェンドして叩き込むティンパニの連打のド迫力は、ショルティ指揮のシカゴ盤でさえ手ぬるく感じるほどだ。

「ジュネーヴのヴィクトリア・ホールで録音。69年に亡くなったアンセルメの晩年の録音であり、アンセルメの一連のCD中で鮮度、音質は抜群に高い。分離が比較的明瞭、低音域の芯がしっかりし、高音楽器に生彩とつやがあって美しく、明るい色彩に富んだ、かなりなめらかなサウンドを展開、全強奏でもあまりにごらない。」 三井啓氏による録音評より、223E1135~『レコード芸術』通巻第468号、音楽之友社、1989年)


「全篇、アンセルメの名人芸に彩られた驚くべき演奏だ。スコアのすべてがアンセルメによって制御されており、一音たりともその設計図から外れることがない。第1楽章では、序奏から木管アンサンブルがきわめて明晰で、主部へ入るときのテンポの良さも比類がない。第2楽章の華やぎも、第3楽章の寂寥感の表出にも真実味がある。第4楽章では、古風なティンパニの音色に魅せられ、ピツィカートとファゴットの対照も鮮やかだ。フィナーレは、どんな熱狂の時にもすべての楽器が聴こえるほどに透明さを失わない。ボワーンと鈍く鳴る鐘の音がユニークだが、これが、異次元の不可思議な恐ろしさを醸し出している。」 福島章恭著『交響曲CD絶対の名盤』より、毎日新聞社、2005年)



第1楽章 「夢、情熱」ラルゴ
sv0058e.jpg心臓の鼓動のような低音ピッツィカートが生々しく、小刻みに走り出すピウ・モッソの緻密な弦、切々と奏でるコクのあるフレージング、柔らかく逍遙するホルンなど、細やかなニュアンスが序奏の中にしっとりと込められている。

主部(64小節)は骨力のある和音打撃の開始音に腰を抜かすが、鬱々とした湿っぽい〈恋人の主題〉(固定楽想)とは異なり、明るい音色と快適なテンポによって、サクサクと風韻よく奏でてゆくのが魅力的。  amazon

sv0058q.jpg

sv0058p.jpg弦が爆発的に駆け上がる総奏は、瀟洒なオーケストラ・サウンが「ここぞ」とばかりに立ち上がる。幾何学的な伴奏弦をシャッキリと弾ませながら、管楽器が放歌高吟するところはアンセルメがカラフルな音色を香水のようにまき散らす。

録音会場のヴィクトリアホールは低音が極端に抑えられ、艶やかさと華やぎのある独特の高音を生み出すことから、フランス音楽にはおあつらえ向きのホールと云われるのも、なるほどと頷けよう。

聴きどころはオーボエに新たな主題が出るテンポ・プリモ(358小節)。葦笛のような木管の音色や漸強弱を重ねて波打つヴィオラとチェロを巧みにコントロールする老巨匠の棒さばきは巧妙で、力強いマーチとなった〈恋人の旋律〉を「カラっ」と打ち放つブラスの鮮烈な響きはラテン的な解放感に溢れんばかり。「ゴツン!」と打ち込むティンパニの衝撃感も抜群で、木のバチで叩きつけるような硬質な衝撃音をデッカの録音が見事に捉えている。


第2楽章 「舞踏会」ヴァルス・アレグロ・ノン・トロッポ
sv0058g.jpgアンセルメが舞踏会で奏でるのは、フランス風のお洒落なワルツだ。何よりもつぶ立ちの整った歯切れのよいハープの装飾和音が心地よく、ポルタメント楽句をサラっと弾き流し、サクサクとしたアクセント付けは、衣をうすく付けた“てんぷら”を連想させる。

ヒラヒラと舞うドレスの間を掻い潜って恋人(固定楽想)が見え隠れする第2部の情景は、16音符の弦のパッセージを装飾的に絡めながら、老巨匠がエレガントな舞踏会を演出する。
sv0058r.jpg

sv0058h.jpg第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロがワルツを歌い、第1ヴァイオリンが合いの手の装飾を華麗に絡める再現部も色鮮やかだ。ここでも伴奏ハープが美しい和音を宝石のように散りばめているのがたまらない魅力で、グリッサンドの和音を「ポロリン!」とあざとく響かせて決めるところはマニアの耳をくすぐる名場面といえる。

急速なコン・フーコのコーダは高音部へ淀みなく流れる低音弦のフーガ進行が爽やかで、リズミカルなステップが聴き手の耳の快感を誘っている。


第3楽章 「野の風景」アダージョ
sv0058f.jpg“音の画家”アンセルメは、パステル・カラーの淡い色調でデリカシーにとんだ田園情緒を描写する。鳥の模声と弦の対話の秘めやかな風情や、ヴィオラとチェロが滔々と歌う歌謡主題に、哀しげな高弦オブリガートの綾を絡めるところに耳をそば立てたい。  amazon

「ここは純粋に気高く美しい歌なのです。第1ヴァイオリンの皆さん、弾きながら考えてください。野に立たたずむ作曲者のことを。彼は恋人のことを考えていましたが、心はいつも絶望だけだったのです」

sv0058i.jpgクライマックスはチェロ・バスが木管の〈固定楽想〉と対峙する87小節。低音弦を噛むような弓使いが直に伝わってくる音場は、奏者が目の前で実際に演奏しているような錯覚を覚えるほどで、恋人のことを思いながら、恐ろしい不安に苛まれる芸術家の激しい胸の内が生々しく迫ってくる。

ユニゾンの総奏の和音打撃も凄まじく、木の撥で叩きつけるティンパニの硬い衝撃音に仰天するのは筆者だけだはないだろう。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0058s.jpg

大きな聴きどころは、クラリネットの〈牧歌主題〉(117小節)。ピアニシモの弱音からクレッシェンドするところの透明度は抜群で、チェロのメロディーが滔々と重なる心地よさといったら! 4台のティンパニの鳴動で締め括る〈遠雷の情景〉も聴き逃せない。「ペタペタペタ」と皮が擦れる振動音や、弱音の打点がすべて見えるように聴かせるあたりは痒い所に手が届くデッカの成せるワザで、“音の視覚化”とは巧く言ったものである。


第4楽章 「断頭台への行進」アレグロ・ノン・トロッポ
sv0058j.jpgゲシュトップのホルン、6連打のティンパニのリズムの不気味な振動音が生々しく、16小節からクレッシェンドして叩き込むティンパニの立ち上がりは肌が粟立つ凄まじさ。

デッカの録音技師が「ぺろっ」と舌を出しているのが目に浮かんでくる。「ぐい」と力をこめたチェロ・バスの決然とした弾きっぷりや、底意地の悪そうなファゴットの「ぶりぶり」とした嘲笑が突如目の前に出現する“虚妄の音場”にも驚かされる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0058t.jpg

sv0058m.jpgアンセルメはクールな感覚で刑場に向かって行進する。骨力のある打楽器、切れのあるピッツィカート、シンバルの生々しい衝撃音が炸裂する迫力ある音場を堪能させてくれるが、主題を展開する115小節からひた押しに押してゆく老巨匠の力技が痛快である。

足枷をしたような重量感のある行進曲はオーケストラ・パワーが全開で、「これでもか」と打ち込むすさまじい総奏打撃はとても老人の力仕事とは思えない。84歳の老巨匠の何所にこんなスタミナが隠されていたのだろうか。

アンセルメは、86歳とは思えない健啖家で、料理を次々に口に放り込んだ。食べるというよりは、丸飲みにしているという感じだった。「マエストロはよく召し上がりますね」と言ったら、「そう、指揮者というのは体を動かすからね、青年のように食べなければならんのだよ・・・」と言いながら、バーベキューのほかに天ぷらまで食べたのにはびっくりした。 志鳥栄八郎著『嵐が奏でる』より、芸術現代社、2002年)


クラリネットが思いを込めて回想する〈固定楽想〉を吹き飛ばし、死刑執行を告げる小太鼓が轟く時、ギヨタンの刃が無情に落とされる。処刑の衝撃を生々しく伝える抜群の臨場感は、デッカ録音の威力を最高度に発揮した“音のドラマ”といえるもので、まるで刑の執行が生中継されているような錯覚にとらわれてしまう。


第5楽章 「魔女の祝日の夜の夢」 ラルゲット
sv0058k.jpg音楽が動き出すのはクラリネットのトリル変奏からで、固定楽想は軽薄な旋律に変形され、ジンタ風に演奏する小クラリネットがグロテスクな雰囲気を生々しく演出する。爆発的な総奏が一気呵成に「弔鐘の場」に雪崩れ込んでゆくところのオーケストラの切れの鋭さと、鮮度の高い響きにも驚いてしまう。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

3オクターブのユニゾンで奏する弔鐘の場面(102小節)は、高音のチューブラ・ベルとは異なり、低い音域で「ゴイ~ン」と緩やかに響くメタリックな感触が心地よく、教会のような荘厳な雰囲気を演出しているのがこの盤のユニークなところだ。

ファゴットとテューバがグレゴリオ聖歌《怒りの日》を重ねる場面(127小節)が最大のヤマ場で、陰々滅々と吹奏する《怒りの日》に弔鐘の低い金属音が重なる音場は、まさに地獄の情景。「ズババ~ン・ズババ~ン」と低音弦のテヌートと大太鼓をオフ・ビートでどっぷり重ねるゆたかな音場はデッカ録音の独壇場! 低音弦のフーガから行進曲へ拡大する〈魔女のロンド〉(241小節)は、老巨匠があらん限りの力を込めてオーケストラを駆り立てて突進する。

sv0058u.jpg

sv0058o.jpg衣擦れのような弦の〈ロンド〉光沢のある響きで朗唱する管楽器〈怒りの日〉を重ねるラストシーンが最大の聴きどころ。弦のコル・レーニョがカチカチと響く〈骸骨のダンス〉、落雷のような大太鼓のロール、弾むような調子でトロンボーンが変奏する〈怒りの日〉色彩感溢れる管弦楽を心ゆくまで堪能させてくれる。

決して羽目を外さず、溢れんばかりのパッションと鮮度の高い響きで理性的に締めたアンセルメ会心の一枚だ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0058v.jpg

人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/12/12 ] 音楽 ベルリオーズ | TB(-) | CM(-)

小澤征爾=ボストン響の幻想交響曲

sv0013d.jpg
ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14
小澤征爾 指揮
ボストン交響楽団
Recording: 1973.2.9 Symphony Hall, Boston (DG)
Recording Producer: Thomas Morley
Recording Engineer: Hans-Peter Schweikman
Length: 46:53 (Stereo)
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
筆者が小澤征爾指揮のボストン交響楽団をはじめて聴いたのは1978年の公演で、同楽団の来日は1960年ミュンシュ指揮以来のことだった。

小澤征爾は、この時42歳。メジャー・オーケストラの音楽監督として押しも押されぬスター指揮者となり、このコンビのいわばお披露目公演でもあった。この時の演目が《幻想交響曲》(3月7日大阪フェスティバルホール)だったのが懐かしい思い出である。

sv0013x.jpg

学生時代に、音楽好きの友人たちと指揮の真似をやったのが決まって小澤征爾だった。“長髪”と“白のタートルにネックレス”というのが、当時の小澤の定番スタイルで、颯爽とした若武者のイメージが印象的であった。小澤のヘアスタイルが“聖子ちゃんカット”に変わったのは、80年代にフィリップスに録音したマーラー交響曲や、サイトウキネン・オーケストラを振りはじめた頃からである。

sv0013s.jpg 筆者が小澤征爾のレコードに手がよくのびるのは、70年代にドイツ・グラモフォンに録音された一連の演奏だ。日本人指揮者がイエロー・レーベルに登場したのも驚きであったが、1973年にBSO音楽監督就任とともに最初に録音されたのが《幻想交響曲》で、ベルリオーズの作品は、ミュンシュの衣鉢を継いだ小澤の十八番という印象がつよい。


ミュンシュがブザンソン指揮者コンクールの審査員であった縁もあって、タングルウッドに招かれて指導を受けた小澤征爾はミュンシュを敬愛し、トロント響常任就任にはミュンシュの推薦があったとも伝えられている。ミュンシュの代名詞ともいえる《幻想交響曲》について小澤は、「あれはベルリオーズが作ったのじゃなくて、ミュンシュが自分で指揮するために作った曲じゃないかとさえ感じますね」と語っている。

ConductorDateLevel1mov.2mov.3mov.4mov.5mov.Total
Munch (BSO)1954.11.14,15RCA13:176:0813:524:298:3946:25
Munch (BSO)1960.5.5(L)Altus13:016:0412:373:498:3944:10
Munch (BSO)1962.4.7RCA13:576:2514:594:249:1448:59
Prêtre (BSO)1969RCA13:356:2116:364:459:2950:46
Ozawa (BSO)1973.2.19DG13:026:1714:254:009:0946:53

「これは小澤がボストン交響楽団の音楽監督に就任して間もなく行われた初録音である。このオーケストラはミュンシュ時代にベルリオーズの演奏で定評があったが、小澤は当然のことながら、ミュンシュとは異なる自己の個性を、ここで明確に主張している。そこにはミュンシュの豪快さよりも清潔な、鋭い感覚による発想があり、音楽がすこしも粘らずにさらさらと流れている。デリケートで既成概念にとらわれない、ただ音楽的と形容したい演奏である。」 小石忠男氏による月評より、20MG0189、『レコード芸術』通巻第375号、音楽之友社、1981年)



第1楽章 「夢、情熱」 ラルゴ
sv0013h.jpg序奏部は絹地を織り上げるような弱弦の美しい響きと、たっぷり弾むピッツィカートやアクセントの効いた低音弦が魅力的で、みずみずしく駆けるスタッカートの緻密な走句、サラサラと軽やかに歌うストリングス、キメ細やかにたなびく木管のオブリガートなど、ボストン響ならではの音の妙味が満載である。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

シャッキリと打ち込まれる和音打撃で突入する主部(提示部)は、音楽がさっぱりと清々しい。〈恋人の主題〉(固定楽想)をサクサクと心地よいリズムにのせて、快適なテンポで歌い出すが、芸術家の苦悩や錯乱した狂気性には拘泥せず、リズミカルなタッチで颯爽と走り抜けるところは小澤の音楽は若々しい。

sv0013i.jpg展開部は、オーボエのメロディ(テンポ・プリモ)にのって、弦楽がカノン風に固定楽想を漸強弱しながら繰り返す精緻な音楽運びも小澤の独壇場といってよく、口をとがらせて、各セクションに細かくキュー出しを行う姿が目に浮かんでくる。

amazon

固定楽想がマーチ風に力強く再現するクライマックスは、カラッと鳴り響く明るいボストン・サウンドは華やぎに充ちている。サラサラとした弦の伴奏にのってトランペットが放歌高吟するところは解放的だが劇性には乏しく、遅いテンポで恋人への思いのたけを濃厚にぶちまけるミュンシュに比べるとあっさりとしている。


第2楽章 「舞踏会」(ヴァルス):アレグロ・ノン・トロッポ
sv0013j.jpg小澤のワルツは折り目正しく端正である。1小節ずつ縦割りで整然と決めていくようなフレージングで、旋律よりも裏打ちのリズムの方がみずみずしく感じられるのがユニークだ。ドイツ風のワルツとなるエスプレッシーヴォの再現も、型にはめたような歌わせぶりで、弓をいっぱいに使わず、軽く弾き流すフレージングはこの楽団の伝統なのだろう。

amazon  TOWER RECORDS   HMVicon

「ボストン響の音は、フランス音楽を中心にやっていたから、どうしても軽めで美しかったんです。ミュンシュやモントゥーの影響が大きかった。僕が音楽監督になって、3年か4年して、音が変わったんです。弦楽器を“イン・ストリングス”というドイツ的な弾き方に変えました。弓を深く入れるんです。それに抵抗していたシルヴァスタイン(コンサート・マスター)は音が汚くなるから、そういう弾き方が嫌いで抵抗が強かったけど、結局辞めていきました。」 村上春樹×小澤征爾『小澤征爾さんと、音楽について話をする』より抜粋、新潮社、2011年)



第3楽章 「野の風景」アダージョ
sv0013k.jpgコールアングレと舞台裏のオーボエが、哀愁たっぷりと遠近感をつけて呼び交わす〈牛追い歌〉と、元気よく鳥の啼く声と掛け合う生き生きとした弦のフレージングが印象的。ヴィオラとチェロが速いテンポで晴朗に歌い上げる牧歌(69小節)は、ピッツィカートのリズムにのせて、陽気に弾き回すところがいかにも小澤らしい。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


第4楽章 「断頭台への行進」アレグロ・ノン・トロッポ
小澤=BSOが究極のヴィルトゥオジティを開陳するのは「断頭台への行進」だ。音を丸めた重々しいゲシュトップとペダルトーン、ティンパニ群の不気味な連打の音響効果は抜群で、弾け飛ぶような凄まじい勢いで立ち上がるティンパニは、ミュンシュ時代からの名物奏者エヴァレット・ファースの超絶技に腰を抜かしてしまう。

sv0013l.jpg決然と突っ込む低音弦、荒々しいブラスの咆哮、低音域で「ぶりぶり」呻りを発する悪魔的なファゴットなど、生々しいボストン・サウンドが全開である。

精気溌剌と躍動する行進曲は芸術家が楽しげに刑場へ向かうかのようで、音楽は解放感に充ち溢れ、リズミックな快感を誘っている。苛烈な打楽器群が容赦なく叩き込まれる衝撃感も抜群で、ブラスの強烈な打ち込みもすさまじい。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

圧巻は第1主題が力強く再現してシンバルを連打する場面。小澤は135小節から早くも加速をかけて一気呵勢に畳み込み、付点パッセージが続くコーダを獅子奮迅の勢いで突進する。快速の手をいささかも緩めぬ棒さばきは気っぷがよく、若武者小澤の才気爆発といえる。

sv0013n.jpg“死の打撃”の場面は、「情けは無用!」とばかりに、間髪を入れずギヨタンの刃を落とす無慈悲なミュンシュに対し、恋人への思いを込めて、十分に回想してから刃を落とす大岡越前守的な小澤の采配が心憎く、劇的効果も抜群。血のしたたる生首が跳ねるさまをピッツィカートでリアルに演出するあたりも芸が細かく、スピード感溢れるエネルギッシュな演奏に快哉を叫びたくなる。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon



第5楽章 「サバトの夜の夢」 ラルゲット、アレグロ、ロンターノ
sv0013m.jpg聴きどころは“弔いの鐘”が鳴るロンターノ(102小節)。3オクターブのユニゾンでC、C、G音を打ち込む明るいメタル音は、この楽団の伝統と思われるが(実演ではもっとキンキン鳴っていた)、テューブラ・ベルを乱暴に叩きつけるミュンシュに比べれば小澤はソフトタッチで、〈怒りの日〉をマイルドに吹くテューバとほどよく溶け合っている。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

ボストン響自慢のブラスが炸裂するのが〈魔女のロンド〉から。ロンドが弦楽全体に拡大する大フーガと、これにブラスが〈怒りの日〉を重ねるクライマックスの大総奏は、指揮者のパッションとオーケストラの瀟洒なサウンドが融合した“極彩色の饗宴”で、鮮烈な刃を叩きつけるかのように鋼のブラスが底知れぬ威力を発揮する。

sv0013z.jpg「ニヤリ」と“悪魔の笑み”を浮かべるや、“後は野となれ山となれ”で指揮棒を風車のように振り回して完全燃焼するミュンシュに対し、小澤は用意周到に切れの鋭いリズムを配して気魄と熱気で勝負をかける。ツボにはまったように打ち込まれる先鋭な和音打撃とシンバルの強烈な止め打ちは痛快の極みで、若き小澤の“才気の迸り”を伝えてあますところない。

amazon  TOWER RECORDS

SHM-CDでオリジナル・ジャケットが復刻されたのも喜ばしく、LPを聴き込んだ愛好家にはさぞかし歓迎されることだろう。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2014/06/08 ] 音楽 ベルリオーズ | TB(-) | CM(-)