ザンデルリングのシベリウス/交響曲第3番

sv0023a.jpg
シベリウス/交響曲第3番ハ長調 作品52
クルト・ザンデルリング指揮
ベルリン交響楽団
Recording: 1970 Christus-Kirche, Berlin (DENON)
Source: Ariola-Eurodisc GmbH, Munich
Disc: COCO70829/30 (2006/12/20)
Length: 27:32 (Stereo)
amazon


交響曲第3番はシベリウスの作風が大きく転換した端境期にあたる作品で、トゥウスラ湖に望む静かなヤルヴェンパーの山小屋「アイノラ荘」(アイノは夫人の名)に居を移した時期と重なっている。劇的効果は大きく後退し、簡素でひめやかな雰囲気の楽想は詩的情緒に包まれ、第1楽章や第2楽章の叙情的な調べはシベリウスを代表する名旋律といえる。

東ドイツ出身のザンデルリングは、得意とするシベリウスの交響曲を旧東ドイツのベルリン交響楽団と、オイロディスクシャルプラッテンの両レーベルに跨って全曲録音している。最初にセッションを組んだのが〈第3番〉と交響詩〈伝説〉を組み合わせたオイロディスク盤で、筆者はかつて廉価盤LPを聴いてその音の良さに驚いた。オイロディスク盤を2枚セットにしたCDは〈クレスト1000〉シリーズ屈指のお買い得品ではないかしら。

 sv0023b.jpg  sv0023c.jpg

ここではザンデルリングがオーケストラをことさら煽り立てず、ソフトで耳当たりのよいサウンドが展開する。弦楽の繊細で緻密なアンサンブルと、木管セクションの素朴で詩情味溢れる情景描写の美しさは比類がなく、北欧の森の情景と春が到来する喜悦を清々しく歌い上げている。寂寥感たっぷりの第2楽章も泣かせてくれるが、フィナーレに出現する〈コラール〉を勇壮なトリルで吹きぬくホルン・セクションの活躍も聴きどころである。

「ソヴィエトという国で長く活躍したからということでもないだろうが、ドイツ人指揮者の中で、ザンデルリングはシベリウスの音楽の冷涼な感触をぴたりととらえることの非常に上手な一人である。むしろ彼の指揮は不器用なところもあるほどだが不思議と波長が合っている。」 ONTOMO MOOK 『クラシック名曲大全・交響曲篇』から大木正純氏による、音楽之友社、1998年)


「ときどき理屈っぽくなる指揮者だがここにはそれがなく、よく流れ、感情がしっかり音に密着している。このレコードは音がよい。」 大木正興氏による月評より、OC7122、『レコード芸術』通巻第327号より、音楽之友社、1977年)



第1楽章 アレグロ・モデラート
sv0023d.jpg
C音ではじまる行進曲風の第1主題は清々しい弦楽合奏が心地よく、田園情緒を感じさせる質素な味わいがある。これに応える木管のお祭り囃子のような楽句は、春を待ちわびる小鳥たちの囀りだ。4本のホルンが森の中から湧き出ずるように、朗々と〈喜びの主題〉(副主題)を吹き放つ場面(29小節)が最初のヤマ場で、トランペットが加わって吹奏するところは大自然の歓びに溢れんばかり。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

聴きどころはロ短調に転調した練習番号3(40小節)の第2主題。小刻みの伴奏を伴って、チェロが交響詩《伝説》の一節とよく似た物憂いメロディーを歌い出す。ひめやかに口ずさむ歌が北欧の冷たく澄んだ空気を運んでくるようで、森がざわめくような弦の小刻みの走句や、反進行音階のフルートと弦の冷涼な対話が北欧の気分を高めている。

sv0023e.jpg展開部(練習番号6)は第1主題の断片を散りばめた繊巧なアンサンブルが聴きどころだ。キメ細かな弦の刻み、バスの「ザラリ」とした質感、木管楽器の発するひんやりとした感触が耳に飛び込んでくる。木管の対位法的なフレーズは森の精霊の木霊のように絡み合い(練習番号7)、その煌めくような美感は〈第3〉の中でも冠絶している。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

ヴィオラのゆるやかな波の中から、沈鬱なファゴットの第2主題が浮かび上がる仄暗い情景も格別で(練習番号8)、これを肉感のあるクラリネット、オーボエが歌い継ぎ、ティンパニの長いトレモロと弦の分散和音で急迫的に盛り上がってゆくところがこの楽章のクライマックスだ。断片的な動機は活気を増し、霧が晴れたように第1主題の全貌が力強く再現する(164小節)。

sv0023f.jpg春の到来を祝福するような第1主題の行進曲は活気に溢れ、歯切れの良い弦の刻みが快調なテンポで躍動する。はしゃぐような喜悦を満面に湛える木管と、たっぷりと沸き上がるホルンの副主題は解放感に充ちている。弦のユニゾンで奏でる第2主題の再現(練習番号13)は恬淡な中にも哀愁を漂わせ、木管の煌びやかなリズム打ちが名旋律を繊美に彩ってゆくところにも耳をそば立てたい。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

〈コラール風副主題〉と第1主題が清澄に謳われるコーダはしっとりと情趣深く、大自然を慈しみ、それが祈りにも通じる崇高な気分へと高めている。スルGでたっぷりと響く弦の反進行の音階が、聴き手をしみじみと北国の抒情に浸らせてくれる。


第2楽章 アンデンテ・コン・モルト、クワジ・アレグレット
sv0023g.jpg
孤独な面もちで、繰り返し、繰り返し歌われるエレジー(悲歌)風の主要主題は、一度聴いたら病みつきになりそうな名旋律だ。主題の断片と2小節の副主題を提示したあとに、13小節から1回目はフルートが、2回目はクラリネットが、3回目はフルートとクラリネットのデュエットがひめやかに北国の悲話を歌い継ぐ。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

暗く沈んだ陽、凍てついた大地、霧の深い森といった白夜の情景が、スルGで歌われる弦の淋しいモノローグによって目の前に浮かんでは、これが幻のように消えてゆく。木管が挿入する交響詩《伝説》風のドルチェ・オブリガートが、哀しみの色をさらに増しているところは涙モノ。経過的にあらわれる弦楽アンサンブルの深い瞑想と溜息、木管のコラールの崇高な祈り(練習番号6)、荒涼たる大地に一陣の風が吹きすさぶような中間部の情景描写も印象的だ。

クライマックスは、嬰ト短調にもどるテンポ・プリモの主題再現。ヴァイオリンで幾度も幾度も哀しげに揺り返す主題は、沈鬱な気分で揺れながら、聴き手の心にしっとりとしみ込んでくる。木管が副主題を復唱して締めるコーダは、小鳥たちが冷たい虚空にむかって悲嘆に暮れているかのようだ。

sv0023p.jpg


第3楽章 モデラート
sv0023h.jpgモデラートの序奏は春の訪れ。オーボエとクラリネットが愉しげに春の到来を告げ、弦がこれに応えて弾み出す。ミュートを付けたヴァイオリンが軽妙に駆け走ると、フルートは小鳥のさえずりのように第2楽章の主題の切れ切れを楽しげに回想する。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

第1部アレグロ[スケルツォ部]は弦のゆるやかな弧を織りなすカノン進行が特徴的だ。揺れ動く2オクターブの波間の中を上下にたゆたう神秘的な音楽はキメ細やかで、古風な舞曲風のフレーズが木管とホルンによってとぎれとぎれに現れる。一見掴みどころのない音楽だが、めまぐるしく上下を繰り返す弦のカノン進行に、ホルンの〈舞曲主題〉が絡むと頂点に向かって一気に駆け上がるところの鮮度は抜群である!

sv0023i.jpg劇的な展開は、229小節のアウフタクトから。ここでヴィオラが4部に分かれた〈コラール主題〉が現れる。第2部コン・エネルジア[フィナーレ部](246小節)では、これが4拍子となり、“行進曲風の堂々たる雄姿”で出現するところがこの曲の“キモ”といえる。弦のパートがフーガ風に展開、これが弦楽全体に拡大して力強くフィナーレに突き進む音楽は、聴き手に確かな手応えを感じさせてくれるものだ。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

木管のドルチシモに引き継がれた〈コラール主題〉は、伴奏が大きく変形され、弦の熱い3連音の刻みにのって木管が晴朗に歌い出すと感興が大きく高まってくる。圧巻は、激しいトレモロの中から4本のホルンが大きなトリルをぶち込んで雄叫びをあげる場面(練習番号19)。たっぷりと響くホルンのヌケの良さに仰天するがヒロイックな名場面を力瘤を入れずに演出するザンデルリングの棒さばきは、じつに巧妙である。

sv0023j.jpg今や大自然の萌芽のごとくテンポは速まり、弦の急迫的な刻みの中から立ち上がった金管群が、付点をともなった〈コラール主題〉を獅子吼する。トロンボーンが打ち放つフィナーレは壮麗で、大きく吹き伸ばしたコーダ4小節の和音は、春を待ちわびる北国の人々の喜びを象徴するように息長く響いている。精緻なアンサンブルで北欧の抒情をソフトに描き上げた出色の一枚だ。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2014/09/26 ] 音楽 シベリウス | TB(-) | CM(-)