[コラム] P8liteで歩数計アプリが使えなくなった


sv0078a.jpg通話はガラケー(通話のみ最低プラン)、データ通信は格安SIM+SIMフリースマホの2台持ちで“ケチ道”を邁進する筆者にとって、9月に入って困った問題が生じて頭を痛めている。使用しているP8lite(HUAWEI)のOSがAndroid 5.0から6.0に更新して6日後のある日、突如「歩数計アプリ」のカウントが止まってしまったのである。

HUAWEIが7月29日にOSの更新を発表した時からイヤな予感はしていたものの、うんともすんとも音沙汰がないまま1ヶ月以上たって遂に通知が来た。アップデートは無事終了。動作はなめらかになり、切り残しがあるような不細工なアンコンがまともな形状になってひと安心したのも束の間、歩数計アプリが動かなくなってしまった。


sv0078b.png筆者が愛用するアプリは「Accupedo」で、毎日の歩数を記録しつつ、RenoBodyと連動させてキャンペーンのクーポンをゲットしたり、WAONポイントをセコく貯める小市民的なライフをエンジョイしていた。「Accupedo」は他の歩数アプリに比べて歩数が正確(やや高め)で、記録面も充実、何よりも電池消費が圧倒的に少ないので重宝していた。


この手のトラブルは筆者のような知識の乏しい高齢者にとっては頭の痛い問題だが、まずは基本的な設定の確認、本体の再起動、アプリのアンインストールと再インストールを行った上で、症状に改善が見られないことを確認して、HUAWEIのサポートへメールで問い合わせてみた。


同じSIMフリースマホ AQUOS SH-M02(Android 5.0)と arrows M03(Android 6.0)にもAccupedoをインストールしてみたが、国産スマホではまったく問題なく動いている。

HUAWEI(ファーウェイジャパン《華為技術日本株式会社》)からの回答は次のような基本的な対処法ばかりで、この程度の初歩的なことは無知な筆者といえども確認済みだ。改善されない場合にはアプリとバージョンを教えて欲しいとのこと。

・設定>アプリ>該当アプリ>ストレージ>キャッシュを消去→端末の再起動
・端末管理>「タップして最適化」をタップ>スキャンし最適化
・端末管理>システム最適化
・設定>詳細設定>メモリとストレージ>ストレージクリーナー


HUAWEIのサポートはあまりアテにならないため、次に筆者が試したことは、「Accupedo」以外の歩数アプリ(Pacer、StepWalk、CH歩数計、Navitime ALKOOなど)をいくつか試しに入れてみて、正常に動くかどうかを確認した。

sv0078c.jpg

基本的に「設定→詳細設定→バッテリーマネージャ→保護されたアプリ」で当該アプリの保護を有効にした上でアプリのスイッチをオンにすれば、スリープ時でも歩行はカウントするはずだ。ところが、どのアプリでも共通して始めの数歩~数十歩をカウントしただけで停止し、アプリ内の感度調整を行ってみてもダメで、Accupedoに限って発生する不具合ではないことがわかった。

sv0078d.jpg

ここで疑ったのは、Android 6.0のDozeモード。更新から6日たってから不具合が出た、というのが原因の特定が難しいところだが、Dozeモードが原因で不具合が発生する場合があることはどこかで読んだ記憶がある。はて、Dozeモードとは何ぞや? 「Doze」とは「居眠り」のことで、Androidデバイスを使用していないスリープ時のバッテリーの消費を抑える機能のことらしい。ところが、いくら探せど、設定メニューの中に「Doze」という設定箇所が見つからない。

sv0078e.jpg

ようやくわかったのが、Dozeとはユーザ側で選択する省電モードのことではなく、Android 6.0や7.0のウラでデフォルトで有効化されている機能の1つで、特段設定なしでスリープ時のバッテリーが持つように設計されているということだが実際にはAndroid 6.0に更新してかえって電池消費が激しくなった。Google系のアプリはシステム上Dozeが無効化されているが(LINEも許可)、他のアプリで不具合が出る場合はアプリ毎にDozeモードの無効化を許可にしなければならない。筆者の考えはまさにここへ辿り着いたのである。

「設定」→「アプリ」→下(左)にある「詳細設定」
→「バッテリー最適化を無視」
→右上の「 ∨ 」から「すべてのアプリ」を選択(ここの発見が難所!)
→Accpedoを選択
→「バッテリー最適化を無視」を「許可しない」→「許可」にする
これでDozeモードは無効になる


これで起動したところ、なるほど、アプリは途中で停止することなくカウントが継続する改善がみられた。ところがどっこい、スリープになるとカウントが停止してしまう。アプリによって表示が異なるが「アプリが停止した」、「加速度センサーに不具合が生じた」などと通知メッセージが出る始末。

sv0078f.jpg

アプリを再起動すると再びカウントを始めるがスリープになると停止する。恐らくはAndroid 6.0上でスリープ時に加速度センサーの機能を阻害する働きがあると推測し、これを指摘するとともに解除するための設定方法をHUAWEIに求めた。

2日おいてHUAWEIから「弊社でも同様の現象を確認し、ご指摘の通りアップデート後のP8liteの仕様とアプリの互換性等による原因のため設定変更等によって改善する事はできず、解決策をご案内する事が困難な状況でございます。お役に立てず申し訳ございません。」というつれない返事が届き、改善を行う気がまるでない様子にがっかり。十分なチューニングをせずにAndroid 6.0へ更新させておきながら、対応できないとは・・・

sv0078g.jpg

価格.comの「クチコミ掲示板」をみても後継機のP9lite(Android 6.0)でDozeモードを解除しても歩数アプリがスリープ時に動かなくなるという不具合が投稿されているので、困っている人間は筆者だけではないようだ。HUAWEIのスマホは国産スマホに比べてマニアックな仕様である反面、設定が複雑でデフォルトでは使えないのが難儀で、歩数アプリを日常の必需品とする筆者のような老ユーザは泣き寝入りしてHUAWEIを見限るしかないのだろうか。

sv0078h.jpg

電池消費が非常に激しくなり、多くのウィジェットが自動更新しなくなるなどAndroid6.0になってロクなことがなく、以前にプッシュ通知に不具合があって修理に出したときは、「異常はみられませんでした」と本体をリセットだけして返してきたという腹立たしい対応もあった。価格と見てくれの良さに惹かれて中華スマホに手を出すのは要注意だ。

sv0078i.jpg


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2016/10/22 ] コラム | TB(-) | CM(-)

[コラム] ボッチ老人のスマートフォン購入記〈MVNO編〉

sv0051m.jpg6月にスマホを購入。といっても筆者の場合は、通話のないSIMによってPDA(携帯情報端末)として使用するためだ。

筆者のような“ボッチ”老人は、電話が誰からもかかることなく、Eメールは専らメルマガ、LINEやFacebookなぞあり得ぬ話で、スマホはおろか、携帯電話すら持つことの意味がないのである。そのため、旧石器時代人とまではいかなくても、スマホを自在に使いこなす“ネオ・サピエンス”からみれば、筆者はさしずめネアンデルタール人のような存在なのだろう。

筆者がスマホを目のカタキにしてきたのは、ひとつに不透明で高額な料金体系がある。インターネットの光回線に毎月4千円以上を支払う上に、一人6.5~7千円の馬鹿高いスマホ代を徴収されるのが不条理で、たかがモバイルのためにキャリアにそこまで儲けさせるのいかがなものか。低所得者や年金生活者にとってそんな無駄遣いは絶対に許されない。

二つ目はスマホの利用価値。電車の中で“スマッフィング”に精を出す人間をよく見かけるが、隣のオヤジの端末画面を覗いてみると、大抵はせっせとゲーム・アプリに興じているか若い女性を掲載したサイトを眺めていることが多く、そんなことに高額の料金を払うのがアホらしい。操作が難しいことにくわえて、通信のニーズが少ない老人には“無用の長物”と高を括っていた。

MVNOの登場
キャリア3社が携帯収入にあきたらず、通信など様々な付加価値サービスを盛り込み、料金を割引く一方で“2年縛り”の足枷をつけて顧客を捕える仕組みに常日頃腹立たしく思っていたが、そこに風穴を開けたのがMVNO(仮想移動体通信事業者)だ。

これらはキャリアから回線を借り受ける新しい事業形態で、安価でシンプルな料金体系が特徴。これにSIMフリー化という追い風にのって、“格安スマホ”を謳い文句にしたMVNOに乗り替える話題が急速に広まってきた。機が熟した今、これを見逃す手はない。

MVNOサービス名事業者回線形態
IIJmioインターネットイニシアティブNTTドコモ通話SIM
OCNモバイル ONENTTコミニュケーションズNTTドコモ通話SIM
So-net モバイルLTEソネットNTTドコモ通話SIM
DMM mobileDMM.comNTTドコモ通話SIM
NifMOニフティNTTドコモ通話SIM
b-mobile SIM日本通信NTTドコモ通話SIM
BIGLOBE LTE・3GビッグローブNTTドコモ通話SIM
plalaモバイルLTENTTぷららNTTドコモ通話SIM
U-mobile通話プラスU-NEXTNTTドコモ通話SIM
楽天モバイルフュージョン・コミニュケーションズNTTドコモ通話SIM
BIC SIM(IIJmio)ビックカメラNTTドコモ通話SIM
Wireles GATEワイヤレスゲートNTTドコモ通話SIM
イオンモバイルイオン(日本通信)NTTドコモ端末付SIM
フリーテルモバイルプラスワン・マーケティングNTTドコモ端末付SIM
フリービットモバイルトーンモバイルNTTドコモ端末付SIM
mineo(マイネオ)ケイ・オプティコムau通話SIM
UQmobileKDDIバリューイネブラーau通話SIM
Y!mobileワイモバイルソフトバンク端末付SIM

MVNOには通信SIMSMS(ショートメール)付SIM通話SIMの3種類があり、通信量(3GB、5GB、10GB)によって料金が区分される明朗会計。現時点で標準的な3GBのSIMが各種別に900円、1020~1050円、1600円とほぼ横並びだが、これに未使用データの翌月繰越、ファミリーの分け合い、端末セットの特典やキャッシュバック、通信品質(とくに12~13時の混雑時)、WiFiの有無、拘束期間などが事業者を選択する際のチェック・ポイントになろう。

MVNO通信量通信SIMSMS-SIM通話SIM#繰越通信規制最低期間#違約金#無線LAN
3.1GB9001,0201,600540MB
/3日
12ヶ月9,800なし
3GB9001,0501,600650MB
/3日
6ヶ月8,000BB moble point
3GB9001,0401,600366MB
/3日
12ヶ月1,000*未達月Wi2 300


ただしMVNOの場合、無料通話電話カケ放題というプランが基本的に無いため、ショートメールの送信と通話ごとの料金が別途発生する。そのため電話を頻繁に使う人間にとってはかえって月額料金がハネ上がり、本末転倒になってしまうから注意が必要だ。従って長電話はLINEなどの無料通話アプリや格安のIP電話サービスを使うことになる。

また、キャリアと比べ通信速度が落ちることや、電話番号ごと引っ越してもキャリアのEメールが使えなくなりGmailを使うのが基本。安いからといって、飛びつく前にこれらのデメリット面も十分考慮に入れておく必要があるだろう。選択の幅が広いため、筆者のような知識の乏しい“ガラケー老人”にとってはハードルがかなり高いことがわかった。


端末の選択
sv0051q.jpg新規にスマホを持つ場合、まず、iPHONEかAndroid系端末かというOSの選択肢がある。防水でない、SDカードが使えないAppleの仕様が筆者は好きになれず、何よりもシャープの端末を使いたかったので、ネットでドコモの白ロム(Android4.4)を購入。

AQUOS ZETA SH-01G [WHITE]白ロム
AQUOS ZETA SH-01G[Indigo]白ロム

これはSIMフリーではなくドコモSIMの新品で、MVNOの大部分がドコモの回線を使うため、ドコモSIMであれば問題なく動作する。機種によってSIMの規格が異なるので(microSIMが一般的だが最近はより小型のnanoSIMが増えている)、事業者サイトで端末の動作とSIMタイプを確認したり、掲載されていない新しい機種は直接問い合わせてみるのもよいだろう。


MVNOの選択
一番のポイントが事業者の選択だ。料金、品質(通信速度)、サービスの点で比較した結果、楽天ニフモビックシムの3社に絞込み、最終的にプロバイダー系のニフモをチョイス。これらは通信品質がMVNOの中では評判がよく、ニフティ・ユーザには毎月割引が適用、キャッシュバックが3000円(9ヵ月後)、7月から通信量の翌月繰越が可能に、bbモバイルのWiFi Spotが無料で使えるなどメリットが多い事から、ニフモに決定!
 sv0051e.jpg   sv0051f.jpg


利用コースの選択
すでにau携帯(ガラケー)を持っているが、1月まで待たないと違約金を取られるため、電話番号ごとの引越しは見合わせ、当面、携帯は電話と家族のCメール+タワレコのEメールに限定し、スマホはインターネット、LINE、Gメールの二刀流(2台持ち)でいくことにした。

SMS付SIM、3GB=月1050円を選択、ここから毎月200円ユーザ割引が適用されて税込で月額920円になる。開始月は無料で翌月から料金が発生、契約手数料が別途3,240円が必要だ。ニフティ・ユーザの場合は手続きは電話1本でカンタン。ニフティIDと使用機種を伝えてSIMのタイプを確認し、あとはSIMの到着を待つばかりとなった。
sv0051l.jpg


携帯端末とSIMが到着
土曜日に申し込んで、月曜にamazonから端末が、火曜にニフモからnanoSIMが到着。どぎまぎしながら箱を開けた。AQUOS Zeta SH-01Gは手帳より一回り小型サイズで5.5インチの大画面(IGZO液晶)。手のひらに乗せるとズシリと高級感のある重みがある。米粒のようなトレイにnanoSIM(説明書ではnanoUIMカード)をセット、向きを間違えぬように挿入するのは不器用な老人には至難のワザだが、なんとか無事に起動。

sv0051o.jpg

すぐにWiFi設定を求められたので、自宅の無線ルータのセキュリティコードを打ち込み、お次は、LTEを使うためにニフモから送らて来たアクセスポイント、ユーザID、パスワードなどのAPN設定を行えば使用OKだ。代理店のあるキャリアと違い、料金が安い分設定を自分でやらなければならないが、ガラケー老人とて、これしきのことは“屁の河童”。

sv0051p.jpg

注意しなければならないのは、LTEを野放図に使うと月3GBをいつの間にか食い尽くしてしまうことで、自宅や駅周辺などWiFi環境のあるところでは自動で切り替わるように設定しておくのミソ。勿論、アプリのダウンロードや更新などはすべて自宅のWiFiで行い、外出時のLTEは情報検索やブラウジングにとどめることを肝に銘じておく必要がある。

sv0051n.jpgニフモには、NifMO コネクトMifMOバリューブログラムという標準ツール(無料アプリ)が用意されているから、最初にこれをダウンロード。コネクトはBBモバイルSpotを自動で繋いでくれたり(JRの正面改札で実験したらバッチリWiFi接続)、通信消費量をリアルタイムに表示してくれるので、日々の使用量に目を光らせている筆者のようなセコイ老人には必携のツールといえる。端末操作やカスタマイズですったもんだした奮闘記は、またの機会にゆずるとしよう。

 sv0051g.jpg   sv0051h.jpg


気になるわが家の通信料金は
これを機に、ガラケープランの見直しも行った。家族以外とは電話を使用することがないので無料通話付きのシンプルプランSSをやめて、一番安いシンプルプランEへ変更。このプランはメールの受送信が無料の超お得コース。新聞のニュースメール(有料)や、高額の掛け捨て保険のようなケータイ安心サポートプラスもこの際やめた。

電話オンリーと割り切ってしまえばEzWebもやめてよいのだが、とりあえず保留。結局auで浮かせた703円でニフモの料金の3分の2をカバーできたことになり、締めて月合計2,026円也。キャリアのスマホ・ユーザから見れば、夢のような金額ではないかしら。

sv0051k.jpg

因みに、家族が契約しているauスマホは電話カケ放題というメリットを享受できるが、通信に関しては2GBの繰越なしで6,708円を考えると、3GBで繰越のあるニフモの920円は通信品質も見劣りせず、お得感は絶大。これまで携帯の無料通話1,000円分でパケットの超過を心配しながらケチケチと消費するストレスからも解放された。

将来的にニフモを通話SIMに切り替えると1,514円、2台持ちのままEzWebを切ってしまえば合計1,702円に落とすことも可能で、来る消費税10%を見据え、しみったれの“ボッチ老人”の思案はとどまることがない。


筆者が購入したスマホ7つ道具
1.ジャケット(シリコン)ホワイト(半透明)  レイ・アウト RT-SH01GC1/W
 ジャケット(マットブラック) レイ・アウト RT-SH01GC4/B
2.耐衝撃・反射・指紋防止フィルム レイ・アウト RT-SH01GF/DC
3.イヤホンジャックキャップ&MicroUSB SH-01Gコネクタキャップ (ブラック×1)
4.フロントクールストラップ ガレリア G-product W:stech WSCS-01
5.docomo純正 急速充電(1.8A) ACアダプタ 05
6.スマートフォン用切替microUSB巻取ケーブル オウルテックOWL-CBRJD(W)S-SP
7.超コンパクト モバイルバッテリー 急速充電可能 AnkerR Astro E1 5200mAh

sv0051rs.jpg

sv0051ss.jpg


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2015/07/20 ] コラム | TB(-) | CM(-)