ローター・コッホのマルチェッロ/オーボエ協奏曲ハ短調

sv0062c.jpg
マルチェッロ/オーボエ協奏曲ハ短調
ローター・コッホ(オーボエ)
ベルリン弦楽合奏団、ペーター・シュヴァルツ(Hpsi)
Recording:1974.12 Teldec Studio,Berlin
Producer: hiroshi,Isaka
Director: Prof.Hans Feldgen
Engeneer: Eberhard Sengpiel
Length: 11:54 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


ローター・コッホ(1935~2003)は、ベルリンフィルの首席オーボエ奏者として1957年から34年間在籍し、ベルリンフィル黄金時代の屋台骨を支えてきた名手で、筆者が最もあこがれたプレイヤーである。コッホが病気で休んだ時はカラヤンはオーボエが重要なパートの作品のレコーディングを決して行わなかった、という逸話さえ残されている。

sv0083a.jpgオーボエと言えば、ピエール・ピエルロ、ハイツ・ホリガーといったフランス系の名手が知られるが、ヘルムート・ヴィンシャーマンに代表されるドイツ系オーボエ奏者の中でもコッホは別格の存在で、カラヤンが指向する華麗なサウンドの核になっていたのがコッホのオーボエなのだ。

コッホはベルリンフィルの音を創るとともに、オーボエの音に革命をもたらしたともいわれる。

それはその独特の音色にある。短いドイツ・カットを施したリードは特別にぶ厚く、大柄な体から吹き出される音はチャルメラや葦笛のような軽いものではなく、澄んだクリスタルのような硬質な音だ。オーケストラの大音響の中にあっても常に安定した音を響かせ、瞬く間に会場の空間を満たしてしまう。

「音一発で空間をパンパンに満たす強靭な響きと、そこにえもいわれぬ陰影を添える振幅の深くて速いヴィブラートの表現力は、一時代を画した“ジャーマン・オーボエ”の典型をなすものだ。全盛期のコッホが聴かせたオーボエは、最初から最後まで太い柱の上に横たわるがごとき歌の線の、比類のない密度と安定感の高さをとっても最敬礼を捧げるに値しよう。カラヤンのもとで黄金時代を築いた立役者だが、引退が早く、古希の歳も迎えずに世を去ったのが惜しまれる。」 『200CDベルリンフィル物語』より木幡一誠氏による、学習研究社、2004)


「重厚でパワフルな響きの中から、ひときわ突き抜けるようにして飛んで来る、甘美と言うよりは強靱なオーボエの音。カラヤン時代のベルリン・フィルの演奏を聴くと、しばしばそんな場面に出会う。そのオーボエを吹いていたのが、このアルバムで演奏しているローター・コッホ。だがそうしたオーケストラ・プレイヤーとしての演奏を聴くことができても、ソリストとしての演奏を聴くことは、早逝したこともあってか、少なくとも録音上ではあまりない。その意味で協奏曲やソナタ(ルイエの作品は世界発のCD化)を集めたこの1枚は、実に貴重なものだ。」 石原立教氏による月評より、BVCC37454、『レコード芸術』通巻664号、音楽之友社、2006年)


sv0083j.jpgコッホは無類の酒好きでも知られ、「オーボエを吹いているか、ピアノを弾いているか、レコードを聴いているか、それとも酒を飲んだいるかだ」と言われるほどの左党。レコーディングの前日も本番を終えた後、仲間を誘って上機嫌で遅くまで酒盛りをやり、二日酔いでふらふらして現れたという。

そのようなコンディション下でも録音曲を難なく吹きこなし、ことにアダージョの美しさに録音室のスタッフが仕事を忘れ、息を殺して聴き惚れてしまったというエピソードが残されている。

このLPが発売されたとき、コッホの大ファンだった筆者は、近所のレコード屋に買いに走ったのが懐かしく思い出される。

「とりわけ、マルチェロの《オーボエ協奏曲ハ短調》が絶品である。ホリガーとは肌合いは違うが、やはり、このレコードをきくと、コッホの技術が現在最絶頂にさしかかっていることがよくわかる。その表情の多様さは驚くほどだし、柔軟な表現力は、この楽器の能力の限界をつき抜けている。第2楽章のあのメランコリックな主題のうたわせかたの美しさ、また第3楽章における完璧なテクニックなど、まさに名人芸の極致といってよかろう。コッホのような名人の演奏を集めたレコードが、これまで1枚も出ていなかったとは信じられないくらいだが、この1枚は、笛好きな人にはたいへんよろこばれるだろう。」 志鳥栄八郎氏による月評、SRA-2995、『レコード芸術』通巻299号、音楽之友社、1975年)



第1楽章 アレグロ・モデラート
sv0083c.jpgマルチェルロのオーボエ協奏曲は、バッハがチェンバロ独奏用に編曲した《コンチェルトニ短調BWV974》として知られ、現在演奏されているものはバッハから復元したものでニ短調とハ短調の版がある。

レコードでは〈ニ短調〉のホリガーやシェレンベルガーに対し、〈ハ短調〉はピエルロやコッホのごく少数派にとどまるが、2つの版ではアダージョの独奏パートの旋律線が大きく異なっており、哀愁に満ちたカンティレーナをしみじみと味わうには〈ハ短調〉で聴きたい。

ゆったりとした弦楽のユニゾンの重厚な響きがいかにもドイツ風で、なめらかなキイ・タッチで哀愁を帯びた主題を緊密に紡ぐオーボエが聴き手の心を掴んで離さない。

sv0062v.jpg
(Arranged for 4 Recorders and Basso continuo in G-minor : Annette Mondrup & Christian Mondrup)

sv0083d.jpgコッホの吹き出す“ジャーマン・トーン”は芯のあるしっかりした音で、高い音は澄みわたり、低い音は透明な湖の底から響きわたるような深い味わいを湛えている。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ごく自然に振る舞いながらも、自ら工夫を凝らした華麗な装飾をいとも鮮やかに繰り出す超絶技巧は名人奏者の中でも突出したもので、主旋律をしっかりと歌い、テンポ・ルバートをかけた独特の節回しに何度聴いても酔ってしまいそうになる。

「コッホはわたしの2倍の体格で、わたしとはタイプが違う。彼の音はふくらみがあり、率直で、感情的だが、わたしの音はもっと軽快で、知的だ。わたしたちはこの相違を誇らしく思っている。だがオーケストラの中では、2人の音が調和しなければならないし、ほかの管楽器とも調和しなければならない。われわれはソロ奏者だ。だが、2人のソロ奏者だ。(ハンスイェルク・シェレンベルガー)」 ロジャー・ヴォーン著『カラヤン帝王の光と影』より、堀内静子訳、時事通信社、1987年)


「優れたオーケストラというのはどれもはっきりとした性格を持っているもので、それぞれの色がはっときりと感じとれます。ときには1人のプレイヤーがそのオーケストラの特徴を表していることもあります。ベルリン・フィルのオーボエのコッホ、彼の音は美しいドルチェで、たっぷりとしたヴィブラートを響かせながらも、それが気にならないという、独自の魅力をもっています。(ヘルベルト・ブロムシュテット)」( オントモ・ムック『クラシックディスク・ファイル』より、音楽之友社、1995年)



第2楽章 アダージオ
sv0083i.jpg深い哀愁を帯びた叙情あふれるアダージョは、モーツァルト《K.488》とならぶ筆者の愛してやまぬ名旋律で、もの悲しいカンティレーナをコッホは滑らかなキイタッチ、クリスタル・ガラスのような透明で深い音色、突き抜けるようなハイ・トーンによって聴き手を存分に酔わせてくれる。

ここでは華美な装飾は控えめに(17、28、33小節は改変)、静穏の中にも気品を失わず1音1音を腹の底から訴えかけるように、綿々と紡いでいゆくのが大きな聴きどころ。

TOWER RECORDS  amazon [CD]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [LP]
sv0062p.jpg
sv0062q.jpg
sv0062r.jpg

とくに中間部のクリスタルのような透明度の高い響きによって、嫋々とルバートをかけて歌いまわしてゆくところの味わい深さは格の違いを感じさせてくれよう。
独奏に「ボロロ~ン」と心地よく絡む通奏低音の伴奏も勘所を押さえたもので、ゆったりと奏するコクのある弦楽合奏の調べが通奏低音に溶け合うように、聴き手を深い悲しみの底へ誘うところは涙モノである。


第3楽章 アレグロ
sv0083f.jpgリトルネロ形式の活気溢れる終楽章はアクロバット的な妙技のオンパレードだ。コッホは難曲をいとも容易く料理し、鮮やかに吹き抜ける。

とくに提示部の繰り返しでは、神業的なテクニックを「ここぞ」とばかりに披露。緻密な装飾の綾を変幻自在に絡めながら「これでもか」と繰り出す即興的な名人芸に腰を抜かしてしまう。

TOWER RECORDS  amazon
sv0062s.jpg
sv0062t.jpg

sv0062d.jpg「カチカチ」とマイクが拾うメカニックなキイ・タッチの生々しさも特筆モノで、高い音域でも決して音痩せず、硬く引き締まったコッホの音は、この楽器の演奏史上、唯一無二のものといえる。

薄いリードによる甘美な音色でニュアンスゆたかにたゆたうピエルロや、スリムな響きと超絶技で速攻勝負を仕掛けるシェレンベルガーに対し、コッホは楷書風の剛直ともいえる骨の太い音で聴き手を魅了する。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

SolistVer.LevelSourceTotal
Pierlotc mollEratoRECD28283:134:423:4111:36
Kochc mollRCABVCC374543:295:043:2111:54
Schellenbergerd mollDENONCOCO704653:024:212:309:53

sv0083g.jpgベルリンを本拠とする3つのオーケストラ・メンバーから構成されるベルリン弦楽合奏団の整然としたアンサンブルとほどよく調和しながらも、突き抜けるような高音の硬い響きで難所を鮮やかに決めるコッホのワザの切れは冠絶している。

決して華美な印象を聴き手に与えず、全編にわたって重厚さと品格を備えているのがコッホたるゆえんだろう。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

「コッホの演奏や音楽を特徴づけているのは、その骨太な響きであることも確かだが、ことに歌う場面において、オーボエ特有のナヨナヨしたナルシズムに陥らぬ点、そして音楽のどんな局面においても、克明さと端整さを失わぬ点にある。しかし、それは、単に生真面目で禁欲的なだけの演奏にはならず、一定の節度を保ちながらも、感興豊かな音楽を繰り広げるという好ましい結果を残す。もちろん純粋に技術的な部分でも、圧倒的な技巧の冴えを聴かせる。ゴールウェイやライスターらと同期だけに、つくづくその早逝が惜しまれる。」 石原立教氏による月評より、BVCC37454、『レコード芸術』通巻664号、音楽之友社、2006年)


コッホにはエピソードがつづく。1979年の中国ツアーでは北京空港のタラップの損壊事故で滑走路に転落。複雑骨折でスイスに移送されたが復帰するまでに時間がかかり、アルコール依存症も手伝って56歳で引退(後任はアルブレヒト・マイヤー)、68歳で早逝したのは残念なことにほかならない。

ローター・コッホ全盛期の“クリスタル・トーン”を堪能させてくれる貴重なアルバムだ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2017/01/21 ] 音楽 A.マルチェッロ | TB(-) | CM(-)

ピエルロのマルチェッロ/オーボエ協奏曲ハ短調

sv0062a.jpg
マルチェッロ/オーボエ協奏曲ハ短調
ピエール・ピエルロ(オーボエ)
クラウディオ・シモーネ指揮 
ヴェネツィア室内合奏団
Recording:1968.6.26,27 (Erato)
Location: Villa Camellini, Piazzola sul Brenta
Length: 11:36 (Stereo)
amazon


アレッサンドロ・マルチェッロ(1669~1774)はバロック後期の作曲家で、裕福なディレッタント音楽家のみならず、詩人、哲学者、数学者としても活躍した。

sv0062b.jpg代表作のオーボエ協奏曲(1716年アムステルダム出版)は、バッハがチェンバロ独奏用に《BWV974》として編曲・復元して広く知られるようになった名曲だ。そのため、「ニ短調」と「ハ短調」の2つ異稿が存在する。

この曲は、長い間、原作者が一体誰であるのか判然とせず、ヴィヴァルディの作品ではないかともいわれてきたが、バッハの編曲がきっかけとなって、ようやく楽譜がヴィヴァルディによって再発見された。

しかし、“対位法を愛好するヴェネツィアの貴族”と自称した弟のベネデット・マルチェッロ(1686-1739)の作とする説もあり、いまだ謎は多いとされる。


2つの稿では、第2楽章アダージョ(とくに中間部以降)の独奏パートの旋律線が大きく異なっている。8分音符の旋律線が主体のニ短調に対し、ハ短調は16分音符の中に32音符を配したなだらかな音階風メロディーといった違いがあるが、哀愁に満ちたカンティレーナをしみじみと味わうには、やはり「ハ短調」で聴きたい。

sv0062u.jpgところが市販のディスクでは演奏の自由度が高いからか、ホリガー、シェレンベルガーをはじめとする現代の名手のほとんどがニ短調で演奏し、ハ短調はコッホ、ピエルロなどのごく少数派で聴けるにすぎない。

演奏するにあたっては、原曲の和声や構造が簡素であるために、通奏低音の処理や独奏パートの装飾の入れ方などが演奏者の即興に委ねられる度合いが大きく、版の違い以上に演奏者によって異なった演奏に聴こえるのがこの作品の魅力といえる。

SolistVer.LevelSourceTotal
Pierlotc mollEratoRECD28283:134:423:4111:36
Kochc mollRCABVCC374543:295:043:2111:54
Schellenbergerd mollDENONCOCO704653:024:212:309:53

ここでは、フレンチ・スタイルのピエール・ピエルロのオーボエが大きな聴きものだ。短いドイツ・カットを施したリードを大柄な体で操るローター・コッホの突き抜けるような高音と硬いクリスタルのような響きに対し、ピエルロのそれは葦笛のような、いかにもフランスのオーボエらしい軽やかな冴えた発音と、気品のある響きが最大の魅力だろう。

「ピエルロが、60年代後半から10年間にシモーネ指揮で録音したこのジャンルのオーボエ協奏曲から名品を集めたアンソロジー。なによりもピエルロの柔らかく気品のある音色が魅力だ。マルチェッロやアルビノーニのアダージョ楽章の、美しく旋律の余韻嫋々とした演奏はエレガンスの極みである。」 美山良夫氏による月評、WPCS10319、 『レコード芸術』通巻591号、音楽之友社、1999年)


sv0062j.jpg
                   1992.10 in Venezia by Rag_Nyans

第1楽章 アレグロ・モデラート
ピエール・ピエルロ(1921~2009)はフランスを代表するオーボエ奏者で、ハインツ・ホリガーの師匠でもある。ここではエレガントな風情と抜群のセンスによる歌い回しの秀麗さが特筆モノで、やや細めの音で軽やかに舞う“フレンチ・トーン”がすこぶる魅力的である。

sv0062m.jpg

sv0062n.jpg
(Arranged for 4 Recorders and Basso continuo in G-minor : Annette Mondrup & Christian Mondrup)

甘美な音色によって、哀愁をたっぷりと感じさせてくれる第2句(14小節)もたまらない。ごく自然に振る舞いながらも目の覚めるような凝った装飾を強音でいとも鮮やかに決めるコッホや、歯切れ良い技巧的な装飾を華麗に散りばめるシェレンベルガーのような達人に比べれば、ピエルロはこれ見よがしな名人芸は控え、語尾に入れる装飾(モルデント)以外はひたすら楽譜に忠実に、ゆとりを持ってたゆたう語り口が心地よい。

明るい気分で晴朗に駆けめぐる中間部(22小節)も魅力たっぷりだ。生き生きとした生命力と気品を満面に湛え、おおらかで明るい音色と冴え冴えとした技巧によって、淀みなく歌い込んでゆくところは名人ピエルロの独壇場である。イ・ソリスティ・ヴェネティの弾力感のあるアンサンブルも出色のもので、バッソ・コンティヌオ(通奏低音)が水も漏らさぬようにピタリと付けているところなど、緊密な合奏美を堪能させてくれる。
sv0062k.jpg


第2楽章 アダージオ
独奏オーボエが奏でる哀愁に満ちたアダージョは、イタリア映画『ベニスの愛』(原題 Anonimo Veneziano、1971年)のテーマ音楽に用いられたことで一躍有名になった音楽で、アルビノーニとならぶバロック期の名アダージョ。「ハ短調版」の魅力は、語尾に装飾(モルデント)を施した8分音符による上昇音階風のメロディーが、16分音符、32音符をくわえた細やかな揺らぎを伴って、しっとりと哀感を込めて歌われるところにあろう。

sv0062p.jpg
sv0062q.jpg
sv0062r.jpg


sv0062c.jpg装飾(一部を改変)を取り払い、クリスタル・ガラスのような深く強い音で聴き手を酔わせるコッホ、夜鳴きラーメンのチャルメラのような響きで随所に高度な装飾を入れてよろめくシェレンベルガーに対し、ここではピエルロのしみじみとした情感と、切々たる悲哀感が紡がれるカンティレーナがすこぶる魅力的である。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

とくに中間部のゆったりとしたテンポと、リテヌートをかけたモノローグのような語り口の巧さは比類がなく、これが決して安っぽくならないところがピエルロの名人たるゆえんだろう。楽譜にほぼ忠実に、品の良いビブラートによって高貴な芳香を放ちながら、淡くたゆたうところは涙ものである。

sv0062d.jpg旋律を詠嘆調のカンタービレで染め上げる後半のクライマックスも纏綿たる悲しみが感涙を誘うが、甘く人なつっこい音色で聴く者の心を慰め、やさしく語りかけてくれるところが最高の聴きどころである。

繊美にゆらぐ弦楽伴奏も感興をそそり、バッソ・コンティヌオを省くことによって、独奏の名旋律を心ゆくまで味わえるのもこの盤の魅力だろう。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ピエルロのマルチェッロには4種の演奏が残されているといわれるが、同じエラート盤で、パイヤール室内管弦楽団と演奏したレコードも廉価盤で再発売された時に大評判になったもので、録音データは不詳ながら、これも筆者の愛聴盤のひとつである。

かつてフランス映画 『昼顔』(原題 Belle de jour、1967年)を民放テレビで放送した際に、“セブリーヌの幻想”部分にアダージョを吹替で挿入したのは、この演奏ではなかったかしら(オリジナルには音楽は挿入されていない)。

sv0062i.jpg


第3楽章 アレグロ
リトルネロ形式による快活な終楽章は、いかにもイタリア的な陽気な気分と明るい音色で歯切れ良く駆け走るところがピエルロらしい。音痩せしない突き抜けた高音と難易度の高いウルトラCの装飾を繰り出すコッホ、装飾は無用とばかりに唖然とするような早ワザで直球勝負するシェレンベルガーに比べると、ピエルロは音は細身だが歌心に溢れ、いかにも笛の音らしい洒脱軽妙な粋と甘美な味わいがたまらない魅力。

sv0062s.jpg
sv0062t.jpg

後半部を繰り返して演奏しているのも嬉しい不意打ちで、あざとさを感じさせぬ腕の確かさもさることながら、滑らかなキイタッチ、艶やかな音色、爽快なテンポ感によって、解放感あふれる演奏を展開し、聴き手の心さっぱりと洗い流してくれる。

キメ細やかな弦楽合奏がほどよく弾み、独奏を引き立たせるシモーネの采配もツボを心得たもので、透明度の高い伴奏をつけて全曲を爽やかに締め括っている。名人ピエルロが甘美な音色と、歌に満ちたカンティレーナで聴き手を酔わせてくれる出色の一枚だ。

sv0062l.jpg


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/02/20 ] 音楽 A.マルチェッロ | TB(-) | CM(-)