カラヤンの「アヴェ・マリア」

sv0031a.jpg
シューベルト/「アヴェ・マリア」 変ロ長調 作品52-6
レオンタイン・プライス(ソプラノ)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1961.6.3-5 Sofiensaal, Wien (DECCA)
Producer: John Culshaw
Length: 5:23 (Stereo)
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カラヤンは1959~65年に英デッカにウィーンフィルとの一連のレコーディングを行っている。このディスクは50代になったばかりの新進気鋭のカラヤンが、ウィーンフィルのまろやかな音色を生かしてLP15枚分の管弦楽の名曲を指揮し、ジョン・カルショウ率いる録音チームがこれをステレオ収録した。

sv0031b.jpgこの一連のデッカ録音は、半世紀過ぎた今なお、数年おきに一枚千円で限定生産される超人気シリーズ。とくに大物歌手のレオンタイン・プライスを起用したこのアルバムはシリーズの中でも屈指の一枚で、大ベストセラーになった名録音だ。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

デッカ専属のカラヤン=ウィーンフィルと、RCA専属のレオンタイン・プライスという超大物スターの共演は、デッカとRCAの交換契約によって実現したもので、プライス主演の歌劇《カルメン》(ビゼー)をRCAで録音した見返りとして、当録音では英デッカがプライスを借り受けるかたちでセッションが組まれたものだ。

sv0031j.jpg13曲を収めたというのがクリスマスのアルバムらしからぬ不吉な予感をいだかせるが、これらはシューベルト、アダン、グノー、モーツァルトといった名曲にオーケストラの伴奏をなみなみと盛りつけたもので、メロディアスな節回しにのってプライスが抜群の歌唱力を発揮。とくに《アヴェ・マリア》は、カラヤンの耽美的ともいえる絶妙の節回しによって美麗の限りをつくしたもので、カラヤン・ファンにはたまらない一枚だろう。  amazon

「プライスの歌唱はクリスマスにふさわしく敬虔で清らか。お得意のアイーダやトスカとはまた別の、頭声の響きを主体としたしなやかな歌い口は彼女の高い音楽性を証明するものである。無伴奏で歌った〈おさなごイエス〉の純粋さには心が洗われるし、有名な〈オー・ホーリー・ナイト〉がこれほど格調高く歌われた例も希だろう。カラヤンもさすがに巧く、〈アヴェ・マリア〉ではさりげなく歌に寄り添っている。アルバムとしての内容は軽いが、これを彼女の名盤のひとつに挙げて異論はあるまい。」 太田直樹氏による月評より、KICC9301『レコード芸術』通巻589号、音楽之友社、1999年)


「なんと豪華で贅沢なクリスマス・アルバムだろう。カラヤンとウィーン・フィル、そしてまさに絶頂期にあったレオンティーン・プライスによって61年に録音されたこの“クリスマス・アルバム”は、クラシックの分野におけるこの種のアルバムの“4番打者”の地位を、録音から40年以上を経た今日でも保持している。通俗名曲や小品におけるカラヤンの完成度の高い“仕事”は改めて述べるまでもないが、プライスの声の最も美しい時期に、このアルバムが録音されたことは特筆してよいだろう。」 岩下眞好氏による月評より、UCCD3442、『レコード芸術』通巻639号、音楽之友社、2003年)



《シューベルトのアヴェ・マリア》(ドイツ語)、変ロ長調、作品52-6 D.839
「アヴェ・マリア」は聖母マリアさまを「たたえまつる」という意味で、「おめでとう、マリア」と訳され、ローマ・カトリック教会の教典にある聖母マリアへの祈祷文(ラテン語)で祈りを捧げるときに使われる。祈祷のための教会音楽や、この祈祷文を歌詞にしたものをはじめ、多くの作曲家の手による《アヴェ・マリア》が存在する。

sv0031c.jpgとくに有名な作品がシューベルトの《アヴェ・マリア》。これは祈祷文ではなく、イギリスの詩人ウォルター・スコットの叙事詩『湖上の美人』の一節にシューベルトが曲を付けたもので、父とともに王に追放され、洞穴に身を隠すスコットランドのダグラスの姫君エレンが、老臣ベインの竪琴にあわせて聖母マリアに助けを求めて祈りの言葉を口ずさむ、という内容を歌ったもの。演奏されるサバチーニ編曲は、ロマンティックな気分がより強調されて、カラヤン好みのものといえる。   amazon

「アヴェ・マリア。やさしい処女。どうぞ乙女の願いを聞いてください。硬い荒れた岩でさえも、あなたの守護があるなら、やわらかくなるでしょう。あなたがほほえみになるなら、この湿った洞くつもばらの香りが漂うでしょう。父のために祈るおとめに、やさしいご加護を垂れさせたまえ。」 志鳥栄八郎著『世界の名曲とレコード』増補改訂版より、誠文堂新光社、1974年)


竪琴を模したハープの6連音符の伴奏にのって歌われる厳粛なしらべは、清らかな乙女ごころの敬虔な気分に充ちている。カラヤンの魔の手は、ここに高貴な気分妖しい色香を巧みにしのび込ませる。驚くことに、カラヤンは1曲目にプライスの歌は入れず、「主役は自分だ」といわんばかりに、まずオーケストラだけで嫋々と歌いあげてゆく。これはまさしく“カラ・オケ”にほかならない。

弱音からそっと導き出される〈ア~ヴェ・マリ~ア〉の冒頭のフレーズの絶妙の出だしはため息が出るほどで、弦をこすって、これほど美しく、憧憬と哀しさをこめて、清らかに歌わせることの出来る指揮者はカラヤンのほかをおいているだろうか。たとえようもない静謐のなかに、カラヤンの狡獪な意図も見え隠れする。あたかも〈ア~ヴェ・カラ~ヤ~ン〉と自らを賛美するかのように。

sv0031k.jpg

sv0031d.jpgはて、「カラ・オケ」では、原曲の2小節目4分休符を完全に無視して〈ア~ヴェ・マリ~ア〉の「最後のア」の4分音符を2分音符のように弾いて、〈ユング・フラウ〉に切れ目なく繋げている。また、7小節アウフタクトの前の8分休符も完全に無視し、続くフレーズに滑らかに繋げてしまうといった改変が確信犯的に行われている(歌唱は原譜どおりに歌っている)。必要以上に磨きをかけ、音楽を耳あたりよく仕上げるムード・ミュージック的な手口は、カラヤンのあざといところといえる。   amazon

sv0031l.jpg

しかし、旋律線を美麗なレガートによって、ゆったりと揺らせながら妖艶に紡いでゆく音楽は何ら作為を感じさせないところがカラヤンの恐ろしいところで、上昇音の16音符に少し溜めを入れてさりげなく見得を切ったり(3小節)、3連16分音符をもったいぶったように緩急をつけるやり方(4、5小節)や、思わせぶりな装飾音の歌いまわし(6小節)など、旋律のいたる箇所に聴き手の俗耳をくすぐる仕掛けが巧妙に配されており、カラヤンの手練手管の誘惑に負けてしまいそうになる。
sv0031h.jpg  sv0031i.jpg

7小節めアウフタクトから歌われる展開部のドラマチックな高揚感も比類がなく、ここでウィーンフィルの甘美な弦が大きくものをいう。名器にやわらかなレガートをかけ、甘い香りで聴き手を酔わせる手口はカラヤンの常套手段で、みずみずしくも濡れたような感触は涙もの。艶をたっぷりのせて頂点で心をこめるように、さりげなくテンポを落とすところは究極のカラヤン美学を開陳したもので、これが見せかけのものとわかっていても、感動のあまりに胸がいっぱいになってしまうのは筆者だけではないはずだ。
sv0031m.jpg
sv0031n.jpg

sv0031f.jpgオーケストラにこれだけ歌われてしまうと独唱者はさぞ歌いにくかろう、と思いきや、プライスの歌唱はそんな危惧を払拭してくれる。カラヤンの取りまわす伴奏に上手く乗せられながらも、それに流されず、格調高く歌い上げるあたりは大物ぶりをいかんなく発揮する。

3連16分音符をもったいをつけずに、きっぱりと見得をきるように歌うところは、抜群の存在感を見せている。恋人にそっと寄りそうようなカラヤンの繊美な伴奏も心憎くく、プライスの歌唱を巧まずして引き立たせている。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

何よりも素晴らしいのがプライスの声質だ。絶頂期の録音だけあって、しっとりと濡れたような極上の美声をびひかせている。この透きとおるような歌声は、パミーナ(モーツァルト歌劇『魔笛』)やジルダ(ヴェルディ歌劇『リゴレット』)だって立派に歌ってくれそうな「リリコ・ソプラノ」を思わせる抒情性を感じさせてくれるではないか。

sv0031g.jpg9小節目から、ヴィリー・ボスコフスキーと思われる独奏ヴァイオリンが、プライスに寄りそうように絡み、デュエットを奏でるご馳走が用意されている。まさに至れり尽くせりの《アヴェ・マリア》といえる。少し遅れ気味に奏でる甘美な独奏ヴァイオリンが「これでもか」とロマンティックなムードを演出し、しとやかに歌われる乙女の祈りの音楽が、聴き手を敬虔な気分と深い感動に包みこんでくれる。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

かつては、『カラヤンのクリスマス・プレゼント』というアンチ・カラヤン派の嘲笑が聞こえてきそうな俗っぽいタイトルだったが、小品といえども決して手を抜かないカラヤンとプライスの“音楽の贈り物”として、何度でも繰り返し聴きたくなる珠玉の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2014/12/23 ] 音楽 シューベルト | TB(-) | CM(-)

ムラヴィンスキー=レニングラードフィル日本公演の「田園」

sv0030a.jpg
ベートーヴェン/交響曲第6番ヘ長調 Op.68 「田園」
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮
レニングラードフィルハーモニー管弦楽団
Date: 1979.5.21
Location: Tokyo Bunka-kaikan
Disc: ALT064 (Altus)
Length: 41:15 (Stereo Live)
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


この《田園》は、ムラヴィンスキー最後の来日となった1979年5月21日 東京文化会館での実況録音盤で、筆者は同じプログラムを 5月28日大阪フェスティバルホールのコンサートを聴いた。ムラヴィンスキーの来日は4度目で、指揮者のアルヴィド・ヤンソンスを伴っての公演。ムラヴィンスキーは7回の演奏会を受けもったが、演目は地味なものだった。

sv0030b.jpg
当時、フェスティバルホールの地下にはSABホールがあって、音が漏れてくと噂されていた。このホールでは「ヤングおー!おー!」(毎日放送)や「パンチ・DE・デート」(関西テレビ)といった人気番組の公開録画がよく行われていて、この日もそれが原因なのかどうかはわからないが、《田園》の演奏中にウォ~ンとなにやら奇妙なエコーが響いてきて演奏に集中出来なかった記憶がある。


筆者が驚いたのはこのオーケストラの配置。ヴァイオリンが左右に分かれ、コントラバスが左手奥にならび、雛壇にのった金管は右手奥にひとかたまりになって、ほとんど横を向いたように陣取ったスタイルは異様に思えた。古典的なヴァイオリンの対抗配置は今でこそ流行っているが、当時としては非常に珍しいことだった。

sv0030c.jpgここで聴く演奏は1本筋の通った毅然としたスタイルの《田園》で、音楽は厳しい眼差しで貫かれ、しかも孤独な味わいがある。

「嵐」の場面で獅子吼する金管に圧倒されるが、終楽章のクリスタルのような弦の輝きにただもう感動するばかりで、天上に昇りつめるような崇高な気分が立ちのぼっている。

ムラヴィンスキー自身も東京で演奏した《田園》は大変満足のいくものだったと夫人によって伝えられている。



「ベートーヴェンとワーグナーは確か大阪のフェスティバルホールで聴いた覚えがあるが、これは東京文化会館での録音である。《田園》はかたちのよく整った演奏で、冒頭からリズムが着実で堅固、そのため情緒の表現よりも交響的な密度の高さが目立つ。当然ながら音楽に堂々とした威風がある。この演奏は終楽章が圧倒的である。その強靱な生命力にみちた音楽は、ただ感動的というほかはない。この楽章だけを採れば最高の演奏と評価してもよい。もちろんあらゆる楽器が内部の力感を解放している。」 小石忠男氏による月評、『レコード芸術』通巻637号、音楽之友社、2003年)


この公演で1つの事件が起こってる。公演中の6月に楽団員の2名(第1ヴァイオリン奏者とトランペット奏者、後者はロシア連邦共和国功労芸術家)が亡命したのである。ソ連の芸術家が海外公演先で亡命するのは珍しいことではなかったが、来日公演のさ中であったことから衝撃的な出来事として新聞にも報じられた。
ソ連当局とムラヴィンスキーとの確執のためか、その後に予定された公演は直前に中止され、大物よび屋で知られた招聘元は多額の負債をかかえて倒産してしまう事態にまで発展したことも記憶にあたらしい。


第1楽章 アレグロ・マ・ノントロッポ
sv0030d.jpg牧歌的な第1主題は、どこか物思いにふけるような深沈とした趣があり、哲学的な省察にみちた孤独な味わいがある。アンサンブルは整然と、1音1音が研ぎ澄まされ、スコアを丹念に彫琢してい‘北国の匠’を思わせる。実演では、もっとそっけない印象をもった気がするが、録音で聴くと記憶にある音よりも柔らかく、贅肉がとれたスリムな響きはこの楽団の特質なのだろう。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

聴きどころは展開部のゼクエンツ進行。第1主題の2小節目の音型を無窮動的に繰り返す場面(スターウォーズ・エピソード1の音楽に似ている)は“反復の快楽”で、クレッシェンドして第1ヴァイオリンが「ス~」と引き延ばされるところは耳の快感といえる。低音弦の強奏反復もすさまじく、再現部冒頭のカデンツ的なトリラー・パッサージュをはじめとするレニングラードフィルの緊密なアンサンブルは一分の隙もない。

sv0030e.jpg
第1主題が回帰して展開する第3部(237小節)は決然と打ち込む総奏の切れ味は抜群で、鍛え抜かれたプロフェッショナルの技を堪能させてくれる。実演では椅子に座って棒をほとんど動かさず、時おり奏者を睨みつけるような老巨匠の鋭い眼光が今でも忘れられないが、巨匠の眼差しはロシアの厳しい自然と対峙するかのようである。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

最大の聴きどころは主題が歯切れ良い調子で進むコーダ(418小節)。ここでは3連音のコデッタ主題を伴奏するロングトーンの弦が、木管の音型と交互に満ち引きを繰り返ながら整然と、美しく高揚する。カデンツ的な妙技を聴かせるクラリネットの腕前も秀逸で、会場録音では目立たないが肉感のある82年盤と同様、この楽団の木管セクションの名人芸にも耳をそば立てたい。

sv0030l.jpg


第2楽章 アンデンテ・モルト・モッソ
sv0030f.jpg小川のほとりの情景は、神経の糸がぴんと張りつめたような、ただならぬ緊張感が漂っている。太い音で響くクラリネットと、細身でスッキリと鳴り響く弦が不思議な調和をもたらしているが、このオーケストラが本領を発揮するのは第2主題(32小節)。ファゴット、ヴィオラ、チェロの艶消ししたような内声部のハーモニーは味わい深く、哀愁を帯びた翳りのある音楽にどこか悲しくなってしまう。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

展開部(54小節)はレニングラードフィルの木管セクションの名人芸が聴きどころ。フルートとオーボエがくすみがかった音色を聴かせる第1変奏のデュエット、肉感のあるクラリネットがたっぷりと歌う第2変奏のカデンツァ、これを弦の分散和音の揺動音型(チェロのソリ)が精密にぴたり寄り添うように支えている。

第3変奏(79小節)でクラリネットとファゴットがうらぶれた気分で歌い継ぐところなどは、指揮者ムラヴィンスキーの孤独感がひしひしと迫ってくる。繊細で清らかな第1ヴァイオリンに導かれて、小鳥たちが淋しげな囀りを繰り返し、名残惜しげに楽章を閉じるさまは、ムラヴィンスキーの胸中たるや、いかなるものだったのだろうか。


第3楽章 アレグロ
sv0030g.jpgスケルツォはレニングラードフィルの緻密なアンサンブルの独壇場で、この楽団の質の高さをが実況録音盤から伝わってくる。精密なホルン信号に歯切れよく掛け合う弦楽器と、シャッキリと打ち込む和音が爽快な気分を誘っている。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

聴きどころは鄙びたオーボエ、まろやかなクラリネットのカデンツァ、艶消ししたホルンが風情ゆたかに歌い回す第2主題で、奏者の個性的な音色によって名人芸を繰り広げている。トリオの陽気な民族舞曲は指揮者の厳しい統制のもとで整然と進行し、堅固なリズムは一分の隙もない。燦然と打ち放つトランペットのフェルマータ、わずかにパウゼを入れて突入するプレストも威勢がある。


第4楽章 アレグロ
sv0030h.jpg「雷雨と嵐」は辛口の音楽だ。雷雨がやってくる練習番号Cは、爆風が唐突に吹き荒れる凄まじさで、つんざくようなトランペットの強奏は凄絶の極みとしかいいようがない。稲妻の打ち込みにも度肝をぬくが、雷鳴が轟くブラスの強烈なアタックは、デッドな響きのホールから生の衝撃音がリアルに伝わってくる。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

嵐の第2波は、緊密な弦の分散和音の中から打って出てくるブラスの直線的な乾いた咆哮がいかにもロシア的といえるが、トランペットの強烈なアクセントも実演ならではのものだ。圧巻はトロンボーンが加わる107小節のクライマックスで、暴力的ともいえる憤怒の勢いで吹きぬいているところに腰を抜かしてしまう。

嵐は過ぎ去り、遠雷の狭間からオーボエの賛歌(コラール)の断片が聴こえてくる。凍てついた大地にうっすらと鈍い陽の光が差し込んでくるような雰囲気は、あたかもシベリウスの音楽を聴いているようで、北欧の情景が浮かび上がってくる。


第5楽章 アレグレット
sv0030i.jpg〈牧人の歌〉のフィナーレは感動的だ。古めかしいホルン信号に導かれた牧人主題が第1ヴァイオリンによって清冽に歌われる。オクターヴ下げた第2ヴァイオリンのメロディーを彩る第1ヴァイオリンの分散和音が、波打つように揺動する美しさは比類がなく、溶け合うような総奏のまろやかさ、思いをこめた第2主題(42小節)、高らかに歌い上げるヨーデルなど、明晰な響きの中から温もりのある音楽が大きくゆたかに広がっている。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

展開部の変奏は高性能の弦楽集団が腕によりをかけて歌い出す。たおやかに牧人主題を歌う第1変奏(64小節)、第1ヴァイオリンが16分音符で装飾する第2変奏(117小節)は、何ら作為のない清らかな心の音楽だ。8分音符の裏打ちの動機がヴィオラのピッツィカートとかけ合いながら勇壮なホルンに引き継がれるところも感動的で、美しいレガートで奏でる第2主題ヨーデルの総奏の美しさに恍惚となってしまう。

sv0030m.jpg

sv0030j.jpgクライマックスは第3変奏(177小節)。チェロとファゴットが主題を変形し、これを第4変奏(206小節)で木管に散りばめられる一方で、弦楽が16分音符で優美に歌い、カノン風に拡大して頂点(219小節)に上りつめるところが最大の聴きどころ。

指揮者の厳しい統制によって管弦の響きは冴えわたり、ベートーヴェンの音楽が天上の音楽となって、優しさと輝きをあますところなく表出している。総奏でトランペットが即興的に大きくクレッシェンドするあたりも実演ならではの高揚感がある。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

sv0030k.jpgコーダの「祈りの音楽」は清らかで美しい。ため息のようなオーボエのせつない調べは聴き手の郷愁を誘い、万感の思いを込めた和音終止が名残り惜しげに響いている。ムラヴィンスキーが、最後の公演で心をこめて演奏した筆者には思い出の深い《田園》である。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2014/12/11 ] 音楽 ベートーヴェン | TB(-) | CM(-)