ナヴァラのハイドン/チェロ協奏曲第2番

sv0041a.jpg
ハイドン/チェロ協奏曲第2番ニ長調 作品101
アンドレ・ナヴァラ(チェロ)
ベルンハルト・パウムガルトナー指揮
ザルツブルク・モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカ
Recording: 1959.6.23,24 Mozarteum, Salzburg
Licensed by Ariala-Eurodisc GmbH, Munich (DENON)
Length: 26:46 (Stereo)
amazon


ハイドンのチェロ協奏曲第2番は、第1番が発見されるまでは唯一のチェロ協奏曲として親しまれてきた名曲だが、ハイドンが宮廷楽長をつとめていたエステルハージ公爵のチェロ奏者アントン・クラフトが書いたものではないかと疑いが持たれてきた。しかし、米国ハイドン協会が1954年にウィーンの国立図書館の地下室から自筆譜を発見するに至り、ようやくその論争に決着がついたという曰く付きの作品だ。

sv0041f.jpgオイロディスク・ヴィンテージ・コレクション(第2回)の1枚として復刻された当盤は、鮮度の高いステレオ録音に驚かされるが、ナヴァラのどっしりと構えた安定感のあるフレージングと、そこから紡ぎ出されるコクのある表現がすこぶる魅力的。

ダブル・ストッピングやハイポジョンの難所をいとも鮮やかにさばくテクニックの切れも冠絶したもので、弦を擦る弓の触感や松ヤニのしぶきすら感じさせるオン・マイクの生々しい録音が、“名人の弓さばき”をあますところなく捉えている。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon [SACD]

「今回復刻されたのは、ナヴァラが48歳のときの録音で、まさに最も脂の乗りきっていた時期のもの。さすがに音色は非常に張りのある艶やかなもので、技術の切れ味もすばらしい。なによりもハイドンにしろ、ボッケリーニにしろ、表現が澄みきった秋の空のように晴朗かつ爽やかだ。端正であると同時に自在感にも富み、実に魅力的な演奏だ。」 中村孝義氏による月評、COCQ84389、 『レコード芸術』通巻第687号、音楽之友社、2007年)


ここではアルトマン校訂によるオリジナル譜の管弦楽をベースに、独奏部にジュベール版を参照したと思われる技巧的な改変も見られ(終楽章コーダの技巧的パッセージや装飾音の追加など)、フルニエ盤やジャンドロン盤などと“名人の御筆先”を聴き比べてみるのも一興だろう。


第1楽章 アレグロ・モデラート、ニ長調
sv0041b.jpgナヴァラの独奏チェロは滑らかだ。木の質感をたっぷり感じさせてくれるチェロの音は魅力に溢れ、滑らかな運指が見えるように指板を動くところや、低音弦に降りて「ぐい」と弾ききる筆圧の強さは大家の風格を十全に備えている。技巧的な経過句は早ワザを控え、32音符やアルペジオ風のパッセージを粘り気味に、着実にさばく端然としたフレージングがナヴァラ流といえる。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

大きな聴きどころはスルGで歌う第2主題(50小節)。腹に響くように太い音で歌うカンタービレは雄大で、優美な楽想からゆたかな広がりを紡ぎ出すところは名人ナヴァラの真骨頂。オクターヴ上げた54小節や、ダブルストップの57小節の頭に大きく転回ターンの装飾をくわえるところも即興的で、技巧句は楷書風に細かい音符ひとつひとつが明確に弾き出されている。
sv0041j.jpg

第2主題で装飾音を入れる箇所がナヴァラと同じなのがフルニエとビルスマ、50、57小節を装飾するのがデュ・プレ、54小節のみを装飾するのがロストロポーヴィチ、原譜通りに装飾をくわえないのがジャンドロンで、その演奏様式は各人各様だ。

sv0041c.jpg本盤では提示部小結尾に相当する65~70小節が省略されるが、これは半ば慣例的にジュベール編曲版に準拠したものと思われ(フルニエ盤も同様)、第2主題のひとくさりの展開を終えたあとに、独奏がしみじみと慰撫に満ちた重音で奏でる副主(71小節)がモノローグのような形で演奏される。心に沁み込むような余韻を残しつつ、第1主題の総奏(展開部)へ接続する。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon
sv0041k.jpg


展開部(77小節)は、聴く者の心を慰めるような弦楽合奏の副主題(85~88小節)が涙をそそるが、大きな聴きどころはイ長調で再現する第1主題の独奏の後に、転調して変奏する副主題(98小節)。深まりゆく秋の気配を感じるように、名人はしっとりと潤いを込めながら、哀しみを濃厚に歌い上げてゆく。

sv0041e.jpg心を揺さぶる剛毅な分散和音とモルデント、やるせない心情を綴るハイトーンの嘆きが聴き手の心に直に響き、魂を震わせるように歌う込むクライマックス(118小節)は悲しみが頂点を極めた感があろう。粘着力のあるトリラーをくわえた弦をいっぱいに鳴らす張りのある響きがドラマティックな音楽を創り出し、その輝かしいまでの高音は名人ナヴァラの独壇場である!

明るく弾むような調子がオーケストラに戻ってくる再現部(136小節)は、原調で大らかに歌う音楽がさらにスケールを増してくる。装飾を入れずにスルDでたっぷりと弾き上げる第2主題、決めどころのフラジョレット、ブラームス風に「がっつり」と厚みのある重音を轟かせるカデンツァなど、張力のある響きに滑らかな旋律を織り交ぜる名人の弓さばきを心ゆくまで堪能させてくれる。  amazon [ナヴァラの至芸]


第2楽章 アダージョ、イ長調
sv0041g.jpgハイドンが作曲した緩除楽章の中でも最も美しいとされるアリオーソは、独奏チェロが厚みのある音をたっぷりと響かせて、コクのある歌い口で聴き手の心を惹きつける。ナヴァラの息の長いフレージングがオーケストラに乗り移ったかのように、しっとりとモーツァルト風に響かせる管弦楽の伴奏が、いかにもザルツブルクの楽団らしい。

「ここぞ」とばかりに歌い出す第1副主題(17小節)は、たっぷりとヴィヴラートをのせて、風光明媚なイタリア・アマルフィ海岸を思わせる晴朗さでカンティレーナを紡いでゆくが、崇高な気分も忘れない。高音域で咽び泣くように歌い出される主題再現(32小節)も印象的だが、翳りを帯びた中間部の第2副主題(43小節)が大きな聴きどころ。

TOWER RECORDS  HMVicon
sv0041l.jpg

sv0041h.jpg極太の毛筆に入念に擦り上げた墨をたっぷりと含ませ、迷いなく書き上げる書家のごとく、肉感のある中音域を響かせるナヴァラの独奏はじつに感動的である。滔々と歌い上げる音楽は力強さの中にも憂いを秘め、つぶの揃った音の移ろいの美しさは極上のものだ。

音量ゆたかに再現する主要主題(53小節)も聴きごたえ充分で、太い音で語りかけるようにたゆたう短いカデンツァは、後ろ髪を引かれるような一抹の侘びしさすら漂わせ、その詩的な風情は名人ならではの味わいがある。

sv0041ms.jpg
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


第3楽章 アレグロ、ニ長調
sv0041d.jpg舞曲風のロンド主題はことさら軽快さを装うことなく、ウェットな気分をも見せながら、しなやかに意志の徹った懐の深い演奏だ。やおら26小節で見せる分散和音の鮮やかな弓さばきに仰天するが、いよいよナヴァラが超絶技を繰り出すのは50小節の技巧句から。

音階風パッセージと分散和音を組み合わせたパッセージは、快刀乱麻を断つがごとき弓さばきで、指板の上を縦横駆けめぐる指の動きは肌が粟立つすさまじさ。裏拍からダブルストッピングで弦を「ガッガッ」と削る第2副主題(58小節)のリズミックな躍動感も聴き手の耳を刺激する。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

明暗の楽想が交錯する中間部のミノーレ(ニ短調、111小節)は、ナヴァラの歯切れの良い弓さばきが冴え渡り、分散和音の〈エピソード〉に弓を「ザクザク」と入れるところは牛刀で鶏肉を裂くような肉体的な快感を誘っている。

sv0041i.jpgそれもそのはず、若い頃はミドル級のボクサーでならしたナヴァラは本格派のスポーツマンで知られ、その卓越した運動リズムと強靱なバネのようなボウイングで弾きぬく筆圧のつよい音楽は情熱に溢れんばかり。結尾に追加した技巧的なパッセージ(カデンツァ)もナヴァラの手の内に収めたもので、「こうあらねばならぬ」といった確信に貫かれている。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


マジョーレの再現部(172小節)は独奏の響きに潤いと艶をのせ、力強く伸び伸びと、古典にふさわしい典雅な気分を醸し出す。左右にたっぷりと広がるステレオ感や、生演奏のような弦の感触も抜群! ロンド主題の総奏のあとに多くの独奏者がやるように、管楽器のメロディーの裏で独奏が技巧的な分散和音を即興的に入れて華やぎを増しているところも聴きどころで、目の覚めるようなチェロの冴えた音に腰を抜かしてしまう。
sv0041n.jpg

コーダはナヴァラの天才的な閃きと野性的な曲芸の連続にため息が出るばかり。気魄のこもった力強い分散和音が最後までとどまることを知らず、木管のメロディーや、弦楽合奏と熱っぽく掛け合いながら、切れ味するどく名曲を締め括っている。ナヴァラ絶頂期の姿を生々しく刻み込んだ聴き応えのある一枚だ。  

人気ブログランキングへ  この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/04/24 ] 音楽 ハイドン | TB(-) | CM(-)

バレンボイムのサン=サーンス/交響曲第3番

sv0040a.jpg
サン=サーンス/交響曲第3番ハ短調 作品78「オルガン付」
ダニエル・バレンボイム指揮
ガストン・リテーズ(オルガン) シカゴ交響楽団
Recording: 1975.5 Medinah Temple, Chicago (DG)
Recording Producer/Director: Günther Breest
Recording Engineer: Klaus Schaibe
Length: 34:15 (Stereo)
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


バレンボイムがシカゴ響を指揮したサン=サーンス交響曲第3番は、客演指揮者をつとめていた1974-75年シーズンの定期演奏会に取り上げられたプログラムで、LP時代からの筆者の愛聴盤である。ホルガー・マッティースの個性的なジャケット・デザインや、英語とドイツ語表記による力強いゴチック書体のタイトルも印象的だった。

sv0040b.jpgsv0040c.jpg

学生時代に同曲を聴き比べしていたとき「すごいレコードがあるぞ!」と友人の間で大評判になった記憶があるが、俊英バレンボイムがキレのあるリズム感覚によって、ダイナミックでアグレッシヴな演奏を展開している。機能的なシカゴ響のヴィルトゥオジティはもとより、爆発的なオーケストラ・パワーも冠絶しており、シカゴ教(響)信者ならずともパワフルなサウンドに魅せられてしまうだろう。

sv0040d.jpg特筆すべきはクラウス・シャイベがエンジニアをつとめた録音の見事さだ。フランスの名手リテーズを迎えてシャルトルの大聖堂で収録したオルガンパートがメディナ寺院の残響にほどよく溶け合い、その分離の良さと解像度の高さはとても合成したものとは思えない。

終章でオルガンの金属音が「ギュイ~ン」と鳴りきる音の伸びに腰を抜かしたものである。同じDGでも、ノートルダム大聖堂のオルガンを合成したカラヤン盤の固いグロデスクな響きとはおよそ対照的だ。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

「たいへん豪勢な演奏で音の魅力もたいしたものだが、バレンボイムの指揮はこれがたいそうな張り切りぶりで、持ちまえの才気と最近の上げ潮の気運とが手を結んで一段と彼を調子づかせているように思われる。なにしろここには生気がなまなましく鼓動していて、外観は常識的な音響紳士サン=サーンスをはるかに乗りこえて、バレンボイム固有の濃厚な血の色が見えるようでさえある。それはやや毒々しさを感じさせるところさえあるほどだが、私はそれでもなお彼の音楽性が本当に彼自身のものとして走りはじめていることに心打たれた。」 大木正興氏による月評より~『レコード芸術』通巻第309号、音楽之友社、1976年)


「演奏は作品への激しい感興を率直に表しているのが実に興味深い。いかにもバレンボイムらしい捨て身の戦術といった感じもするが、作品の劇性を一種の気負いをもってえぐり出している。それだけに格調にやや乏しいが、きいておもしろい演奏という意味では一、二を争うものといえるかもしれない。」 小石忠男氏による月評より~『レコード芸術』通巻第411号、音楽之友社、1984年)


「ドイツ型のピラミッド風の響きのバランスのまま、スコアを勢いよく鳴らし、速めのテンポを設定しながら、要所で金管を猛然と突出させるスタイルで成功しているのが、バレンボイム指揮シカゴ響であろう。楽曲のクライマックスへ至るアッチェレランドなど、まさに手に汗握る出来になっている。」( 「究極のオーケストラ超名曲徹底解剖4」より満津岡信育氏による~『レコード芸術』通巻第684号、音楽之友社、2007年)



第1楽章[第1部]アダージョ~アレグロ・モデラート
sv0040q.jpg

sv0040f.jpg短い序奏のあとに〈怒りの日〉に由来する主題を弦の16分音符の刻みで、しかも裏拍から開始するのが特徴的で、同じ音が拍を跨っているためにズレを感じるのがこの曲の奇抜なところ。バレンボイムは音のつぶ建ちを緻密に揃えることよりも、音を強く押し出す前進駆動に力をそそぐ。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


コール・アングレとファゴットで奏する副主題(55小節)は“こぶし”を入れると演歌調になる日本人には親しみやすい旋律たが、しっとりとリリカルな味わいを湛えた木管セクションと、〈演歌主題〉をユニゾンで大きく歌い返す弦の“ジャーマン・サウンド”が聴きどころ。勢いをつけて「ぐい」と弾き切る肉厚のフレージングはすこぶる豪快で、ジューシ-な味わいと抉るような切れ味の鋭さは天下一品である!
sv0040r.jpg

sv0040j.jpgコデッタの総奏(132小節)もすさまじい。木管楽器が導く牧歌風の第2主題をシカゴ・ブラスがパンチを効かせて吹奏する。切り裂くような力強い弦楽の分散和音にのって、トロンボーンとトランペットが「待ってました」とばかりに派手な打ち合いを演ずる場面は圧巻で、“弦付きブラバン”の異名を欲しいままにする凄腕集団の歯ごたえのある音にのけぞってしまうのは筆者だけではないだろう。

amazon  TOWER RECORDS

展開部(159小節)は鋭いリズムを配するバレンボイムの棒が冴えわたる。休符をはさんだ8分音符の楔をビシビシと打ち込むところは、いささかの攻撃の手を緩めぬバレンボイムの鋭気が伝わってくるようで、管楽器の精密なリズム打ちに弦の副主題を妖艶に滑り込ませるフレージングも絶妙。木管楽器と対話を繰り返すパッセージを歯切れ良く捌くと、再現部のクライマックスだ!

sv0040k.jpg鋭いリズムでせわしく駆動する総奏の頂点(232小節)は、バレンボイムが持ち前の荒武者ぶりをいかんなく発揮する。弦のユニゾンで力強く歌い上げるフォルテの第1主題にティンパニと金管を“がっつり”と打ち込むところはこの曲の最大のツボといってよく、切れば血の出る鮮やかさで名人オケをけしかけるバレンボイムの荒ワザが炸裂する。

amazon  TOWER RECORDS


歯切れの良い木管のスタッカート・リズムや、爆風のようなブラスも悪魔的で、オーケストラのダイナミズムと指揮者のたぎるようなパッションが融合した壮絶な音楽が展開。トランペットの強烈なアタックにも仰天するが、「オレ様にまかせとけや」と言わんばかりに野太いホルンが〈演歌主題〉を朗々と吹き放つところは、役者をそろえたブラス・セクションの最高度のパフォーマンスに酔わせてくれる。

sv0040ss.jpg

頂点で爆発する総奏の一撃(266小節)のすさまじさも言語に絶するもので、いささか毒が効きすぎる嫌いがあるが、これほど聴き手の昂奮をかき立てる演奏も類例がなく、手に汗握る展開に思わずCDを指揮したい衝動にかられてしまうのも無理からぬところだ。


[第2部] ポコ・アダージョ
sv0040g.jpgたっぷりと響くオルガンのA♭和音と、管楽器が柔らかく奏でる〈祈りの旋律〉のハーモニーの美しさが聴きどころで、オブリガートを重ねる弦のぶ厚い響きはいかにもドイツ風。弦楽のユニゾンで奏でる第2フレーズは聴き手の魂を揺さぶるように、バレンボイムが内なる情熱を注ぎ込んで密度の濃い音楽を創っている。ここでは清らかな敬虔さよりもドラマティックな活力が漲っているのがユニークといえる。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

sv0040t.jpg

アラベスク風の変奏主題(403小節)はオルガンの重低音がオーケストラにたっぷりと溶け合い、ヴィオラとチェロがくわわると音楽はさらに深みを増してくる。不安げなピッツィカートの〈循環主題〉が弦楽全体に拡大する中から再現する〈祈りの旋律〉(439小節)が最大の聴かせどころで、コクのある響きでうねうねと情緒たっぷりに歌い回すところはバレンボイムの独壇場。宗教的な気分は言ってみれば添え物程度だが、オーケストラの静謐にして力強い響きと、オルガンの豊饒な余韻に耳を傾けたい。
 

第2楽章[第1部]アレグロ・モデラート~プレスト
sv0040p.jpgスケルツォは才気煥発なバレンボイムがやりたい放題に爆発する。「フランスのエスプリなんぞクソ食らえ、バレンボイム様のお通りだ!」といわんばかりに楽員をけしかけ、一気呵成に畳み込み掛けるところが痛快で、名人オケのシャープなパフォーマンスを堪能させてくれる。

小結尾(練習番号C)の爆発的な勢いも凄絶としか言いようがなく、「どこを切っても、すぐ、血がふき出してくるような、生気溌剌たる演奏」(吉田秀和)というのは、こういう演奏を指すのだろう。

sv0040u.jpg
余談ながら、角川映画 『戦国自衛隊』(千葉真一主演)の戦闘シーンで、この第1主題がほぼそっくり真似て使われたのをご存知だろうか。

sv0040i.jpg中間部(プレスト)もバレンボイムが電光石火の速ワザで直進する。アルペジオでめまぐるしく駆けめぐるピアノ連弾や、弦と木管のアンサンブルが精緻に絡み合うところは変幻自在といってよく、鮮明なテクスチュアと速いテンポによる快活な運動性によってギラギラとした原色の輝きを発しているところがすごい。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

ギャロップ調で活き活きと歌う第4主題や、確信をもって勝利へ突き進むマエストーソの力強いフーガ主題からも大胆不敵なバレンボイムの姿が浮かびあがってくるではないか。


[第2部]マエストーソ~アレグロ
sv0040o.jpgシャルトル大聖堂のオルガンのC-dur(ハ長調)の和音が大音量で鳴り響く開始は圧巻で、削るような低音弦にオルガンの金属音が重ね合わされる音場の見事さは筆紙に尽くし難い。

連弾ピアノのつぶ建ちの良さ、シンバルの衝撃音、ブラスの強烈な打ち込み、“ギュンギュン”呻りをあげるオルガンの威力はオーディオ・マニア垂涎の名録音といえる。

sv0040v.jpg

「オーケストラはシカゴのメディナ・テンプルで、オルガンのパートはフランスのシャルトル大聖堂でそれぞれ録音されミックスされたもの。両者ともまことに鮮明なサウンドだが、大伽藍の壮大重厚な響きというよりは、むしろ明晰な光りきらめく音たちが織りなされ積みあげられ、壮麗に響きわたっている。バレンボイムの音楽は若々しく鋭く、アダージョの部分にさえも緊張感があふれ、終曲のクライマックスでは鮮烈な躍動と熱狂的な昂揚がすばらしい。」 レコード芸術別冊 『交響曲のすべて』より、音楽之友社、1980年)


sv0040n.jpg緊密なフガートで開始する主部(アレグロ)は音楽が攻撃的だ。切り裂くような弦の合いの手(419小節)や、牧歌調の第2主題(429小節)を軍隊行進曲のように切迫したリズムでさばくところなど、バレンボイムが勢いにまかせて大胆野放図に振りきるところに快哉を叫びたくなる。

圧巻は〈怒りの日〉を引用した総奏(519小節)で、主題の4音を絶叫する生気溌剌とした足取りと、強く張りのあるシンフォニックな響きからまるで実演のような熱気が伝わってくる。  amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

コーダ(610小節)はこのコンビが空前絶後の迫力で聴き手を圧倒する。ストリンジェンドから煽るように突入して爆発するピウ・アレグロ(640小節)の解放感は比類がなく、オーケストラの巨大で骨の太い音金属パイプの重低音が噛み合った録音は、オーディオ・マニアならずともその聴き応えのあるサウンドに恍惚となってしまうに相違ない。若きバレンボイムの卓越した才能をいかんなく発揮した必聴の一枚だ。

人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2015/04/12 ] 音楽 サン=サーンス | TB(-) | CM(-)