クナッパーツブッシュのワーグナー/楽劇「神々の黄昏」から

SV0046a.jpg
ワーグナー/楽劇「神々の黄昏」より
夜明けとジークフリートのラインの旅(序幕)
ジークフリートの葬送行進曲(第3幕)
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1958.3.31-4.6 Sofiensaal, Wien (DECCA)
Length: 12:33/7:34 (Stereo)
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


ドイツの巨匠ハンス・クナッパーツブッシュは、1950年代の英デッカと60年代前半のウェストミンスターの数枚のLPが知られている程度であったが、会ったこともない巨匠のことを「きっとクナのことだから・・・」と親しげに語る宇野功芳氏(音楽評論家)の熱い論評をきっかけに巨匠のことを知り、LPを買い漁ったのが筆者の懐かしい思い出である。

「クナの場合は音楽も遊び、人生も遊び。たかが音楽、たかが人生と思っているな。練習を速く切り上げて、終わったらポーカーをしようとかね。野人なんですよ。びっくり仰天させることも大好き。ヘソ曲がりというか、〈お前ら高尚ぶってこんなの聴いているけどほんとうはたいしたことねえんだよ〉って腹の中で思っているんですよ。」 『宇野功芳の白熱のCD談義ウィーンフィルハーモニー』より、ブックマン社、2002年)


sv0046y.jpgクナッパーツブッシュはドイツ・オーストリア音楽がレパートリーの中心だったが、ワーグナーとブルックナーは別格で、その権威として知られる。とくにワーグナーを神のように崇拝し、スコアの一音符たりともおろそかにせず、遅いテンポと深い呼吸による演奏には定評がある。

目つきのわるい奇っ怪な風貌も印象的だが、根っからの練習嫌いで、そのぶっきら棒な言動の数々は他の追随を許さない。

「もう一度俺にマイスターなどと言ってみろ。てめえのケツを蹴っ飛ばすぞ!」
「この曲を君たちはよく知っているし、私も知っている。だからリハーサルは必要ない。」

筆者がはじめて購入したクナッパーツブッシュのLPは、デッカの輸入盤(ffrrの橙色レーベル)で、ブルックナー交響曲第5番の2枚組アルバムの第4面に〈ラインの旅〉と〈葬送行進曲〉が収められていた。このレコードは、ステレオ初期のデッカの優れたハイファイ録音によって当時のウィーンフィルの音が明瞭にとらえられていたが、とくにワーグナーの2曲の鮮明な音に飛び上がって驚いた。

sv0046w.jpg  sv0046x.jpg

EMI盤のピントのあまい音に馴染んだ耳には、輪郭のくっきりとした肉感のあるデッカの音は刺激的で、ウィーンフィルのコクのある弦の響きもさることながら、喨々と鳴り響く金管のサウンドは悪魔的といってよく、「夜明け」で〈英雄動機〉が朗々と鳴り響く総奏の中から〈ヴァルキューレ動機〉を対位的に打ち放つトロンボーンの鋭い音に、わが耳を疑ったほどである。

「デッカ・ベスト100シリーズ」として再発売されたワーグナー名演集(UCCD7046)のCDは、オリジナル・マスターから起こしているためか、LPで聴いた音のイメージをそのまま再現してくれるのが嬉しい。 ワーグナー名演集

「巨人クナッパーツブッシュのワーグナーがこんなに鮮明な音で、しかもウィーン・フィルの魅力的な響きによって聴けるのはなんと幸せなことか。〈ラインの旅〉の深い呼吸、〈葬送行進曲〉の悲劇的な意味は他の指揮者が束になってかかっても敵わない。いつも不思議なのは後者のテンポで、聴いているとずいぶん遅く感じられるのに、実際はむしろ速いことだ。支え切れない内容を持ちながら枯れているからで、もはや神技というほかはない。」 『クラシック不滅の名盤800』より宇野功芳氏による、音楽之友社、1997年)



夜明けとジークフリートのラインの旅(序幕)
sv0046b.jpgトロンボーンの荘厳な和音と、しっとりと奏でるチェロによって、しだいに夜が明けてゆく深淵な情景が描き出されてゆく。ジークフリートの〈英雄動機〉の断片が根太いホルンによって吹き出され、これを支えるバス・クラリネットの生々しい低音の臨場感は抜群である。

弓が弦を擦る触感や、奏者の弓使いまでが目に見えるように聴こえる音場の見事さは言わずもがな、ウィーンフィルのしたたるような弦の音色に酔ってしまいそうになる。

amzaon  TOWER RECORDS  HMVicon
sv0046j.jpg

6本のヴィーナー・ホルンが〈英雄動機〉(上段)を根太く奏し、クラリネットとバス・クラリネットが〈ブリュンヒルデの動機〉(下段)を交わしながら、これが絶妙の呼吸で第1ヴァイオリンに受け渡されるところの神々しさといったら! ヴァイオリンとチェロが優美に愛の調べを交わしながら麗しく照り輝き、旋律を大きく引き回すようにぐいぐい上り詰めて高潮するところは、巨匠ならではのスケールの大きさを堪能させてくれる。

「〈夜明け〉冒頭のチェロは喋るような雰囲気があるし、ホルンの〈ジークフリートの英雄動機〉はテンポが遅くて威厳があり、そのテーマの3小節につけられたアクセントがすばらしく生きている。ブリュンヒルデとジークフリートが別れの挨拶をするところの寂しさは、ただ寂しいだけでなく、高貴な寂しさ。なにしろ、ブリュンヒルデは神様ですからね。」 『宇野功芳の白熱のCD談義ウィーンフィルハーモニー』より)


sv0046c.jpg圧巻は〈英雄動機〉(上段)の総奏となるフォルティシモ。胸をすくような6本のヴィーナー・ホルンが炸裂するところは大きな音のご馳走で、トロンボーンの打ち込みもすさまじい。バス・トランペット、7、8番ホルンとともに対位的に打ち放つ〈ワルキューレの動機〉(下段)の鮮明な音は当時のデッカ技術の粋を凝らした名録音といってよく、切れ味の鋭さ、音の芯の強さ、衝撃感など、マニアの間で熱く語られる場面ではないかしら。

amazon  TOWER RECORDS
sv0046k.jpg

クナ盤では、ジークフリートとブリュンヒルデが登場する〈英雄動機〉の総奏(スコア29頁)を繰り返すかたちで60頁の総奏へ繋げ、〈ブリュンヒルデの動機〉を情熱的に絡めてゆく。ジークフリートはブリュンヒルデに指輪を与え、ブリュンヒルデはワルキューレ時代の愛馬グラーネをジークフリートに与えて永遠の愛を誓うのだ。ハープを絡めた〈ブリュンヒルデの動機〉を木管に散りばめながら、弦がたおやかに愛の情景を紡ぐところはロマンティックの極みで、クナの聴かせどころといえる。

sv0046d.jpg場面は、いよいよ英雄ジークフリートが愛する妻ブリュンヒルデと別れて、いざラインへと出発する。「ラインの騎行」の間奏曲(マーチ)は大股でのっしのっしと行軍するような勇ましい気分に溢れんばかり。トロンボーン、トランペットの〈ワルキューレ動機〉の合いの手が鮮明に浮かび上がるところも抉りを利かせた野人クナの本領発揮である。

弦楽の〈ブリュンヒルデの動機〉がうねるように波間をたゆたい、ホルンがねばっこくが絡む官能的ともいえる厚みのある響きは筆紙に尽くしがたい。 

amazon  TOWER RECORDS

「いよいよ、ラインへの旅に出発するところでは、悠然たる歩みで大らかな迫力を生んでいる。ここでふつう、みんな夢中になって速くしちゃうんですよ。ところがクナは神の目で、客観的に人間の世界を見ているんですよ。ワーグナーの場合、客観的に見ないと音楽の良さ、スケールの大きさが出ないんだ。ワーグナーの音楽は、神の見た人間のドラマなんだな。」 『宇野功芳の白熱のCD談義ウィーンフィルハーモニー』より)



sv0046e.jpgブリュンヒルデは、武勇をおさめんとライン川に向けて旅立つジークフリートを岩山から見送っている。やがて遠くから〈角笛動機〉が聴こえてくる。バスクラの〈ブリュンヒルデの動機〉がこれに応えるが、〈角笛動機〉から総奏が導き出されると〈愛の絆の動機〉があらわれる。

厚味のある弦楽に5本のホルンが重ね合わされるが、ここでホルンが一呼吸遅れて音を出しているのがユニークで、のったりとズレた感覚がウィーンフィルらしい。

TOWER RECORDS
sv0046l.jpg

「やがてジークフリートの姿が見えなくなって、角笛だけが遠くから聴こえてくる。すると、その方向を、ブリュンヒルデが岩の上から探す。そのあたりの音楽が、やはり呼吸が深い。テンポが遅いために、かえってそういう情景が浮かび上がってきます。オーケストラも人間が演奏している感じがしないですね。〈愛の決心の動機〉が始まると、出のホルンと弦がずれているのもかえっておもしろいし、音楽をせせこましくしないクナの大らかさが伝わってきます。」 『宇野功芳の白熱のCD談義ウィーンフィルハーモニー』より)


sv0046f.jpg1番ホルンの〈角笛動機〉が総奏から抜け出ると風情のある木管へと受け継がれるが、弦がスタッカートでサクサクと駆ける分散和音がみずみずしく、コントラバスの弓が弦を削る生々しい音や、グロッケンシュピールが小気味よく掛け合わされる鮮度の高い音場も聴きどころのひとつだろう。

TOWER RECORDS

ラストシーンはコラール風の〈波の動機〉。大河を思わせる雄大な音楽は“クナ節”が全開で、身をゆだねたくなるような懐の深い音楽は、悠揚迫らぬ大家の風格に充ち満ちている。〈指輪の動機〉〈ラインの黄金の動機〉で締め括る結末は、やるせない孤独感がおのずと漂ってくるあたりも、クナならでは味わい深さがあろう。


ジークフリートの葬送行進曲(第3幕)
sv0046g.jpg不死身の英雄ジークフリートはハーゲンの奸計にひっかかり、槍に背中を突かれて息絶える。人々は英雄の死を悲しみ、ライン河から霧が立ち上る中をグンターの家臣たちが遺骸を担いで城へ帰って行く。4夜にわたる楽劇はいよいよ大詰めをむかえる。

不気味なティンパニの鼓動音、引きずるような低音弦、鉛色の木管とブラスが弔いの情景を厳粛に奏で、「ぐい」と弾ききる低音弦から〈死の動機〉の総奏が抉るように導き出される。 TOWER RECORDS

sv0046m.jpg

sv0046h.jpgテューバが吹奏する〈神の摂理の旋律〉は悲しみを満面に湛え、身悶えするような痛切さを炙り出す巨匠の悠然とした筆運びと、気宇壮大な響きに圧倒されてしまう。木管が歌い継ぐ悲哀に満ちた〈ジークリンデの動機〉のメロディーは胸に切なく響き、ハープの合いの手が聴く者の涙を誘っている。

TOWER RECORDS

やがて雄渾な〈剣の動機〉がトランペットによって高らかに吹き鳴らされる。「これでもか」と打ち込むシンバルのすさまじい衝撃音とヴィーナー・ブラスの野性的な響きは圧巻で、クナならではの巨大な迫力と重量感のあるデッカ・サウンドが聴き手を震撼させる。
sv0046n.jpg

sv0046i.jpg最大のクライマックスは〈ジーフリートの動機〉がホルンとトランペットによって朗々と吹き出される場面で、「ここぞ」とばかりに炸裂するブラスの〈英雄動機〉がとどめを決める。ユニゾンの3連音符で下降する総奏の力感漲る棒さばきと、大地を揺るがすようなオーケストラ・サウンドは、ワーグナー音楽を聴く醍醐味をまざまざと伝えてくれる。

TOWER RECORDS
sv0046o.jpg

回想的な〈ブリュンヒルデの動機〉〈死の動機〉が影のようにまとわりつくエンディングも、クナならではの慟哭の響きが聴き手の心を掴んで離さない。クナ・ファンはもとより、熱烈なワーグナー愛好家ならずとも手元に置いておきたい一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2015/06/25 ] 音楽 ワーグナー | TB(-) | CM(-)

アーノンクールのドヴォルザーク/交響曲第8番

sv0045a.jpg
ドヴォルザーク/交響曲第8番ト長調 作品88
ニコラウス・アーノンクール指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
Recording: 1998.12 Concertgebou, Amsterdam
CD: WPCS21201 (TELDEC)
Reissue: 2004/1
Length: 36:26 (Digital)
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


古楽器演奏の旗手ニコラウス・アーノンクールは、1952年にウィーン交響楽団に入団し、チェロ奏者として17年間在籍していたことで知られている。入団オーディションでは音楽監督をつとめていたカラヤンの前で十八番のドヴォルザークの協奏曲を弾いたほどチェコの音楽はアーノンクールにとって慣れ親しんだ音楽だった。

「私が弾いていた頃のウィーン交響楽団のメンバーは、多くの人がチェコ人であったり、チェコの祖先を持つ人たちでした。ドヴォルザークの交響曲などを演奏すると、メンバーの半分が涙をこらえられなくなって、むせび泣きし始めたものです。こうした感性は私自身のなかにもあり、これらの音楽は、心をゆさぶる何かを持っているのです。それはスラヴ的な感受性であり、別れを象徴するような、涙を誘うような要素に満ちています。スケルツォの始めのところなど、もうため息がでてしまいます。」 「ニコラウス・アーノンクール、ドヴォルザークとチェコ音楽について語る」より)


sv0045e.jpg筆者は古楽系の指揮者は食わず嫌いのところがあるが、アーノンクールを聴くと“嬉しい不意打ち”に出会うことが多い。ギョロ目をむいて、怒ったような顔で指揮をするさまは、どこか喜劇役者を思わせるが、ふだん聴き慣れた音楽から斬新な切り口で新たな道を切り開くクリエイティヴな音楽家といえる。

amazon  TOWER RECORDS [DVD]

ここで聴く“ドボはち”は、アーノンクールの手にかかると、民芸品的な土臭い部分や浪漫的なコレステロールがさっぱりと洗い落とされ、まるで作曲されたばかりのような新鮮な響きで聴こえてくるのが大きなサプライズ。しかも、素朴な懐かしい歌がそこかしこに流れている。

sv0045b.jpg80年代から客演したコンセルトヘボウ管のいぶし銀のトーンも特筆される。モダン楽器のオーケストラから古楽の経験を生かしたピュアなハーモニーを引き出し、克明なアーティキュレーションを駆使してアーノンクールが独自の作品解釈で切り込んでゆくところがこの盤の最大の魅力。ここ一番で腕の冴えをみせる名門楽団のパフォーマンスにも大拍手。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

「7番につづくアーノンクールのドヴォルザーク第2弾である。前作がかなり理屈っぽく、説明的で、音楽を聴くというよりは答案を読んでいるような演奏だったのに対し、今回の8番はスコアの細かい分析が肉付きのよいひびきの充実感を伴って表れるので、もっと普遍性が高い。」 宇野功芳氏による月評より、『レコード芸術』通巻590号、音楽之友社、1999年)


「近年の最も注目すべき録音はアーノンクール&ロイヤル・コンセルトヘボウ管。この指揮者とドヴォルザークがイメージ的に結びつかない、というところで損をしているが、これほど入念なアーティキュレーションとダイナミクスの変化に富み、ドヴォルザークの卓抜な動機操作が明らかになる演奏は希有だ。しかも強引さは感じられず、アーノンクール自身がドヴォルザークの音楽における自然の息吹を呼吸しているという趣。」 新編名曲名盤300(3)より矢澤孝樹氏による、『レコード芸術』通巻710号、音楽之友社、2009年)



第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ
sv0045c.jpgゆったりとしたテンポで、しっとりと情感をこめて奏でるチェロの序奏テーマは哀愁たっぷりだ。高音が息長くたなびくフルートとピッコロの澄み切った第1主題(第2句)や、リズミカルなステップで小気味よく駆け走る弦の走句がみずみずしく、そこから立ち上がる主題総奏は、ブラスとティンパニの冴えた打ち込みによってワクワクするような手応えを感じさせてくれる。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

行進曲風フレーズ(39小節)のたっぷりふくらませる歌い口はユニークだが、キビキビとはずむ弦のスタッカートや、シャッキリと打ち込む管のリズムがじつに気持ちよく決まっている。大きくルバートをかけて第2主題へと繋げる経過句の入念な処理もすこぶる個性的だ。

sv0045d.jpg聴きどころは木管が物憂いメロディーを奏するロ短調の第2主題(76小節)。木管の溶け合うハーモニーの美しさは特筆モノで、柔らかに揺らせる独特のフレージングによって、スラヴの哀歌が情感ゆたかに歌われてゆく。ロ長調の第2句(101小節)も弦に独自のアーティキュレーションで力感を排し、余韻を持たせているのがおもしろい。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


音楽が大きく動き出すのは展開部157小節。弦のスタッカートでやおら走り出すところは芝居気たっぷりだ。ヴィオラの歌の上でフルートが装飾的に舞うエレガントな表情や、第1ヴァイオリンの緻密なスピッカートに木管が牧歌調の歌を添えるところなど、細やかな表情付けがそこかしこに聴いてとれるのに驚かされてしまう。
sv0045t.jpg

sv0045h.jpgこの楽章の頂点は8分音符の鋭い和音を連打する202小節。アーノンクールは「ここぞ」とばかりに力を込めて第1主題を再現する。シャッキリと打ち込む和音打撃や獅子吼するブラスなど歯ごたえのある音が聴き手の耳を刺激する。大見得を切るように導入主題の総奏(219小節)へ突進する荒ワザを繰り広げるところは、武闘派アーノンクールの独壇場である!

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

コーダに向かって、管弦の響きがさらに鮮度を増してくるのがこの演奏の凄いところだ。第2主題(第2句)の総奏でトロンボーンを誇らしげに「バリバリ」と効かせているのも刺激的で、コンセルトヘボウ管のブラスが「待ってました」とばかりに炸裂。キレのあるビートにのって、シャープに打ち込まれる打撃は鮮烈としかいいようがなく、ティンパニが間髪をいれずに叩き込む切れのあるフィニッシュは超絶を極めた感があろう。


第2楽章 アダージョ
sv0045f.jpg夕日の沈む古城のほとりにたたずむ作曲者の想いを綴った音楽は、速いテンポで歌われる。フルートのアウフタクトを強い3連符で吹かせて、まるで小鳥が目をつり上げて怒ったように啼いているところに仰天させられるが、ゆったりと情感をこめて奏でる内省的なクラリネットとの対比が鮮やかで、これが奇妙な緊張感を生んでいる。
sv0045u.jpg
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

「アルノンクール指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管盤は、冒頭の主要主題を飾り気なく奏させた後、11小節で32分音符を奏するフルートのフレーズを3連符に変更して吹かせており、独特の鋭い響きを発しているが、これはスプラフォン版のスコアの校訂報告にも記載されていない変更である。」「究極のオーケストラ超名曲徹底解剖 [6]」より満津岡信育氏による~『レコード芸術』通巻708号、音楽之友社、2009年)


sv0045g.jpg中間部は舞曲風のリズムにのって、上質の木管セクションが村祭りの喜びの気分を情趣ゆたかに歌い出す。聴きところはト長調の独奏ヴァイオリンで、やわらかなヴィブラートとポルタメントによって素朴なメロディーが馥郁と匂い立つ。主題再現(77小節)の冴えたトランペットや、竹を割るような歯切れの良いティンパニの打ち込みも痛快である。

amazon  TOWER RECORDS



第3楽章 アレグレット・グラツィオーソ
sv0045i.jpgレントラー風の哀調を帯びた美しいメロディを、アーノンクールはコンセルトヘボウ管特有のくすんだ色調で歌わせる。カラヤンで聴き慣れた“とろり”とした過剰なロマン的情緒や管弦のゴージャスな響きといったアクを抜き、サラサラと風韻よく響かせるところは淡いリリシズムをほどよきバランスで表現した品格のあるものといえる。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

ワルツ風のトリオ(87小節)はこの楽団自慢の木管セクションがよく歌う。作曲者が歌劇『頑固ものたち』のアリアから転用した名旋律を、気品を絶やすことなく、弦のゆるやかなリズム打ちにのって、しっとりと紡いでゆくところがたまらない。
sv0045v.jpg

弦のリピートは、通常ならゆたかなオーケストラ・サウンドでなみなみと歌い返したくなるところだが、アーノンクールは通俗とは一線を引き、音量を抑えた古楽的な歌わせ方で俗耳に新鮮に響かせる。反復箇所はアーティキュレーションを変えて揺さぶりを入れるのもユニークで、溌剌としたコーダの躍動感が終曲への期待感を高めている。


第4楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ
sv0045j.jpgアーノンクールの個性が際立つのが変奏部(42小節)の民族舞曲。ここで古楽風のアプローチでスコナー舞曲を料理するのが驚きで、漸強弱によって力点に変化をつけた弦の第1変奏や、明快なティンパニの打点にのってひた走る第2変奏(総奏)はゴージャスな管弦楽で押し切るカラヤンとは対極をなすものだ。

第3変奏のフルート独奏は、まるでバロック音楽のような高貴な響きで淀みなく奏するのも、なるほど、アーノンクールの世界といえる。
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

聴きどころはハ短調の副主題(120小節)。“コガネムシの主題”ともよばれるジプシー調の第5変奏は哀愁たっぷりで、土俗的な副主題の総奏でトロンボーンが主題の輪郭を強調したり、第2ヴァイオリンが一気に駆け抜けてファンファーレを再現する場面(216小節)で視界を鮮やかに切り開くあたりも、何か新しいことをやらずにはいられないアーノンクール独自の解釈に酔わされてしまう。

sv0045w.jpg


sv0045m.jpg最大のサプライズはチェロの主楽想の再現(250小節)。はて? ここは聴き慣れたメロディが少し違って聴こえてくるではないか。よく聴くと、253小節の8分音符の4つ目の音がH音まで降りて次の小節にタイで結ばれるのではなく、C音に変更して弾いている。これはちょっと奇妙だ。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

ノヴェロ社や全音のスコアはC音になっているので、その通りに弾いているのだが、冒頭の主題(26小節)はH音まで降りているので、ほとんどの演奏は再現もこれと同じ音で弾くのが一般的だ(チェコの出版譜とノヴェロ社のパート譜はH)。しかし、1音変えただけで作曲されたばかりの、まったく別の音楽のように聴かせてしまうところはアーノンクールの慧眼があろう。
sv0045x.jpg

sv0045r.jpgティンパニの歯切れよい打点から繰り出す総奏(第15変奏)は快調なテンポで走り出す。ホルンのトリルを冴え冴えと響かせ、コーダ(353小節)からピウ・アニマート(373小節)にかけて段階的にアクセルを踏み込んでヒート・アップするところが即興的で、颯爽とした音のドラマが展開する。過剰なロマンやコージャスな管弦楽に背を向けて、斬新な切り口でスラヴのファンタジーを綴った出色の一枚だ。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2015/06/13 ] 音楽 ドヴォルザーク | TB(-) | CM(-)