ムラヴィンスキーのモククワ・ライヴからモーツァルト/交響曲第39番

sv0057a.jpg
モーツァルト/交響曲第39番変ホ長調 K.543
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮
レニングラードフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1965.2.23 (SCRIBENDUM)
Location: Grand Hall of the Moscow Conservatoire
Engineer: David Gaklin
Length: 26:25 (Stereo Live)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [SACD]


ムラヴィンスキー=レニングラードフィルといえば、1975年に「来日記念盤」と銘打って発売されたモスクワ公演の実況録音盤ほど衝撃的なものはなかった。それまでは骨と皮だけのメロディアのモノラル盤に馴染んだ筆者にとって、ステレオで収録されたオーケストラの鮮明な響きと生々しい超絶技に肝をつぶした記憶がある。

sv0057c.jpgこのコンビの半世紀にわたる歴史の中で、その最盛期はフルシチョフ政権下の60年代前半といわれるが、1965年2月、ムラヴィンスキーとレニングラードフィルはモスクワを訪れ、4回のコンサートを行った。

この中には、天下御免の向こう傷で突っ走る〈ルスランとリュドミラ〉序曲を収めた小品集や、バルトークとストラヴィンスキーといった20世紀の諸作品のほか、来日公演の演目だったモーツァルトの交響曲第39番が筆者の印象につよくのこった。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [65年モクスワ公演集]
No.DateSource1-mov.2-mov.3-mov.4-mov.Total
1950MK107810:0910:153:424:5929:05
1965.2.23BVCX40088:018:413:485:2325:53
1972.5.6MK10788:018:313:495:1625:46
1975.6.7ALT0588:048:213:455:1125:21

「1975年6月、第2回目の来日時におけるモーツァルトの39番の演奏を筆で表すとなると容易ではない。極めてユニークでありながら、表面は何事もなく過ぎ去ってゆくモーツァルト。あまりにも混じり気がなく、純粋無垢で、あたかも谷間に咲く一輪の百合を想わせるようなモーツァルト。しかし、その純音学的な表現の中に、何とデリケートなニュアンスがこめられ、そくそくと胸を打つ香りが溢れていたことか。結晶化し、きりりと締まった純潔な響、透明なハーモニー、色彩は白一色に統一されているが、冷たい淡泊さの中に無限の変化がかくされる。まことにそれは、ぼくの考えも及ばぬモーツァルトであった。」 宇野功芳氏によるライナー・ノートより、VIC5066、ビクター音楽産業、1977年)



sv0057e.jpgステレオの初出盤(MKX-2011)は、眉をつり上げて睨みつける強面のムラヴィンスキーを据えたジャケットが強烈で、「鬼の仕業としか思えない」という誇大広告と共に、峻厳な、感傷を寄せつけぬ鋭い眼差しと鋼鉄のような弦楽器で、モーツァルトを冷酷に切り刻むさまを想像させるに十分なインパクトをあたえていた。

なるほど、ここではモーツァルトのダブついた肉をゲッソリと削ぎ落としたようなスリムな響きは特異といえるが、一切のムダを排除し、古典音楽をギリシア彫刻を思わせるような均整の取れたプロポーションに仕上げてゆくさまは、丹念にノミをふるう匠の技を連想させる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [65&72モスクワ公演集7CD]

sv0057f.jpgしかも楽音はストイックに統制され、その結果として響きは純化され、リスタルのような透明度を増してくるところがこの演奏のすごいところだ。

切れのあるアインザッツと強靱なリズムで突き進むフィナーレの厳しさは、アンサンブルの極限の姿が示されている。とくに1枚に255分を収めたSACDは大変聴き応えのある鮮明な音質である。

Mravinsky Edition Vol. 2 - Mozart: Symphony No. 39, Sibelius: No. 7

「まるで一片の塵も身につけず、ぜい肉を全て完全にそぎ落とし、きき手の生ぬるい音楽の楽しみ方を拒絶する演奏で、ふつう音楽に一般の聴衆が求める楽しさはここには全くない。こういう演奏に接することは、いわば厳しい修験道にでも参加し、一片の妥協容赦もなく叩きのめされることを求めにゆくようなものであろう。モーツァルトの変ホ長調は一段と徹底しており、ムラヴィンスキーの指揮が、より音色がはっきりし、音がみずみずしくきこえるとき、更にいっそうすさまじい潔癖主義をあらわしてくるのは驚くばかりである。」 大木正興氏による月評より、MKX2011、『レコード芸術』通巻297号、音楽之友社、1975年)



第1楽章 アダージョ-アレグロ
sv0057d.jpg歯切れの良いファンファーレ風の序奏動機と固く叩きつけるようなティンパニのリズムからして、楽員と聴衆を睥睨するムラヴィンスキーの世界がある。左右に振り分けたヴァイオリン群のスリムな下降動機が交差する中を、冷ややかなフルートが心機を凛とひきしめるようにたなびくさまは、北国の冷たい空気を運んでくるかのようだ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


主部は速めのテンポでスッキリと歌われる。《美しく青きドナウ》とよく似た上行アルペジオの“まろやかさ”をきっぱりと拒絶するように、鋭利なフレージングと痩躯な響きによって、清冽なカンタービレを歌い上げるのがムラビン流。
sv0057l.jpg

sv0057g.jpg全管弦楽の強奏は「ここぞ」とばかりにレニングラードフィルが鉄壁のアンサンブルを披露する。ことに弦楽器の上手さは唖然とするほどで、G音から高いEs音へ「チチチチチー」と跳ね上がるところ(61小節)のシャープなフレージングや、めまぐるしく弾き飛ばす分散和音の凄まじさは言語に絶するものだ。

第2主題(98小節)の優美な曲想はロマン的な情趣なぞ無用とばかりに、余情を削ぎ落として整然と進行する潔さ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0057k.jpg展開部(143小節)は無用に高ぶらず、古典作品としての造形を頑なに崩さぬ北国の巨匠の厳然たる棒ざはきが印象的だ。淡々と歌いはじめる再現部も甘ったるい憧憬やノスタルジーなど微塵もなく、ひたすら冷厳にカンタービレをさばくムラヴィンスキーの高潔な精神と強固な意志が伝わってくる。

あたかも指揮者が左右の二刀流で、モーツァルトの柔肌をスパスパと情け容赦なく切り裂いてゆくさまが痛快で、切れば血の出る鮮やかさで一気呵成に畳み掛けるコーダは、作品の地肌が透けて見えるまでに研磨する究極の職人技といえる。


第2楽章 アンダンテ
sv0057h.jpg虚空を見つめるように無我の境地で歌われる主題は、磨き抜かれた音と透明な抒情美に貫かれている。
ストイックなまでに統制されたアンサンブルを聴かせる第2主題や、木管の美しいカノンと弦が浄化する第3主題の品格の高さも特筆モノ。

閃光が煌めくように先鋭な刃を突きつけるフォルテの鋭さといったら!(96小節fの手前でヴァイオリンが1人飛び出すアクシデントも・・・) 
Shostakovich: Symphony No.8, Mozart: Symphony No.33

sv0057m.jpg
コーダの研ぎ澄まされた繊細な味わいも格別で、虚飾を取り払ったムラヴィンスキーの潔癖さと、そこから紡ぎ出される無限のニュアンスに心打たれるのである。

「まるではがねのような見事な造形を成立させているレニングラード・フィルの、ことに弦楽器の合奏力の唖然とさせられるような達者ぶりが、まるで閃光のようにところどころでひらめいている。それは一般の通念ではモーツァルトの柔らかい肌にメスを突き立てるように受けとられる性質のものかもしれないが、そういうことに一片の妥協も感傷も介入させないのがムラヴィンスキーのゆき方である。しかし、第2楽章の抒情の透徹しきった、悲しいほどの清冽さなどは、やはりそういう指揮以外には絶対に生まれえない表現なのである。」 大木正興氏による月評より、MKX2011、『レコード芸術』通巻297号、音楽之友社、1975年)



第3楽章「メヌエット」 アレグレット
sv0057i.jpg“モーツァルトのメヌエット”として親しまれている快活な舞曲は、整然と統制され、ザクザクと雪中行軍する軍隊のようで、筋の通った芯の強い音楽になるのがムラヴィンスキーらしい。

何か“意地で作り上げた精密さ”という感じがして音楽の楽しさがちっとも伝わってこない、という意見にも一理あろう。トリオの愛想のなさも天下一品で情趣を排した謹厳実直ぶり。   Mravinsky Complete Live 1961
sv0057n.jpg

毅然と回帰するメヌエット主題の明晰なリズムから繰り出す清廉潔白な進行は直裁すぎる感もあるが、モーツァルトが纏った貴族的な衣をすべて剥ぎ取り、素肌と骨格を格調高く示したものといえる。


第4楽章「フィナーレ」 アレグロ
sv0030h.jpg目の醒めるような速ワザで弾き飛ばすフィナーレの無窮動的な舞曲は、“冷血の完璧主義者”ムラヴィンスキーの独壇場だ。めまぐるしい弦のフィギュレーションをいとも鮮やかにさばくアンサンブルの妙味もさることながら、鋼鉄の弦で切り刻むような鋭いフレージングは人間離れした玄人集団の腕の見せどころで、厳めしく張りつめた雰囲気が会場を飲み込んでいるのがすごい。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

ガリガリと弦を削るように突入する展開部もすさまじい。主題の断片を力の限り打ち込むゼクエンツ進行と強圧的に取り回すストレッタ・カノン(125小節)の豪壮さはまぎれもなく「鉄の規則でもって統一された冷徹な荘厳」(吉田秀和氏)。凍てついたロシアの大地に薄明かりが射すような主題再現(153小節)などは、ことさら開放的な歓喜に媚びぬ禁欲的なムラヴィンスキーの慧眼があろう。

sv0057o.jpg

sv0057j.jpgムラヴィンスキー=レニングラードフィルの超絶技は第2主題部に入っても揺るぎがなく、さらなる躍動感を増して攻撃的に突進するところが聴きどころ。

弦の和音打撃を「ザクザク」と打ち込む冷酷さは、モーツァルトの柔らかな肉を決然たる意志をもって削ぎ落としてゆく“鉄血シェフ”を思わせるではないか。入念に研磨された鋭利な刃物を武器に、緻密なアンサンブルとライヴ特有の白熱した勢いで全曲を締め括った必殺の一枚だ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2015/11/28 ] 音楽 モーツァルト | TB(-) | CM(-)

カラヤンのバルトーク/管弦楽のための協奏曲

sv0056a.jpg
バルトーク/管弦楽のための協奏曲 Sz116
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1974.5.30 Philharmonie, Berlin (EMI)
Producer: Michel Glotz
Balance Engineer: Wolfgang Gülich
Length: 38:27 (Stereo)
amazon  HMVicon


1970年代のカラヤンは、ベルリンフィルの音楽監督として飛ぶ鳥を落とすがごとく勢いで楽界に君臨し、「帝王」の名を欲しいままにしていた。就任間もない1957年にシュヴァルベ(第1ヴァイオリン)、カッポーネ(ヴィオラ)という要のポジションをドイツ系以外の奏者にすげ替えたのを皮切りに、ブランディス、シュピーラー、コッホ、ライスター、ザイフェルト、フォーグラーといった名人を次々と麾下におさめ、“黄金の70年代”を謳歌していた。


sv0056b.jpgレコードにおいても70年代は“傑作の森”といわれ、心身共に充実した60代のカラヤンが、自分の“楽器”と化したオーケストラを意のままに操り、次々に名録音を生み出していった。
皮ジャン姿で逆光に照らし出された“虚栄にふける横顔”はカラヤンが得意とするアングルで、カラヤンにとってジャケット写真の撮影はセッション以上に重要な仕事だった。あたかも映画俳優のようにきめた写真は「さぞや名演」をイメージさせるに十分な魅力あり、商業的な戦略においてもぬかりはなかった。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

「EMI盤のかっこいいジャケットは70年代前半に多い。例えば〈英雄の生涯〉。カラヤンの伝記を書いたオズボーンも指摘しているが、74年盤のジャケットは白髪のカラヤンが革ジャン姿で立ち、スポットライトが光る構図で、だれが見てもカラヤンが英雄と思ってしまう。もっとも欧州では指揮者ならぬ指揮官のような姿が、プロイセンの軍隊やナチスを連想させるという見方もあったそうだ。こうしたジャケットのかっこよさがカラヤンファンの財布のひもを緩め、偶像崇拝はしないと一部の音楽ファンを遠ざけたのは間違いない。」小松潔著『カラヤンと日本人』より、日本経済新聞出版社、2008年)



sv0056c.jpgこの〈管弦楽のための協奏曲〉は、カラヤンの3度目の録音となったもので、たっぷりと残響を取り込んだサウンドは、エッジを強調したグラモフォンの“固いサウンド”とは音の指向が大きく異なっている。

マニアには“ボヤけた音”と揶揄されるEMI録音だが、リマスターによって蘇ったクオリティの高いサウンドは、むしろCDの時代になって本来の輝きが現れたように思われ、このコンビの全盛期の姿があますところなく刻まれている。     TOWER RECORDS  amazon

ここでは《オケコン》が、まるで自分たちのために書かれた曲のように、確信をもって名人芸を披露するあたりはこのコンビにうってつけの曲といえる。楽想を入念に練り上げてシンフォニックに盛り上げるツボにはまった解釈と、ベルリンフィルの高度なパフォーマンスが結びついた演奏は、その後デジタルで再録音しなかったことからしても、カラヤンの揺るぎのない自信が曲の隅々にまで漲っている。

「豊麗な響きが特徴的で、〈悲歌〉のこってりしたレガートをはじめ、〈中断された間奏曲〉の76小節から〈戦争の主題〉が出る際に、大仰な抑揚を付けてノリのよい歌い回しをみせるなど、カラヤンらしい計算高さがすみずみまで貫かれたユニークな名演奏である。」 満津岡信育氏による月評より、TOCE13152、『レコード芸術』通巻第661号、音楽之友社、2005年)



第1楽章 「序章」 アンダンテ・ノン・トロッポ
sv0056d.jpgゆたかな低音弦の思わせぶりな動きは、いかにもカラヤン流。ドラマの始まりを予感させるフルートのパルランド・ルバート、主題を厳粛に吹き出すトランペット、「ここぞ」と滑り込ませる美麗な弦(51小節)を先導に、オーケストラが整然と主部に向かって躍動するところは芝居気たっぷりだ。

主部(76小節)はベルリンフィルの華麗な管弦楽の独壇場で、高性能のスーパーカーで縦横無尽に駆けめぐる快感を聴き手に与えている。

入念に練られた弦の美感も抜群で、詠唱するようなトロンボーンのひと節からロマンティックな気分が漂ってくる。オーボエが紡ぎ出す情趣ゆたかな第2主題(155小節)もたまらない。ローター・コッホの奏でる深く透明な音色は、まるで湖の底から聞こえる“神秘の調べ”で、ハープや弦の繊美なハーモニーの綾が巧緻に織り込まれてゆく。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0056e.jpg大きな聴きどころは、推移主題を展開する強大なカノン(316小節)。厳粛なトロンボーンと燦然と打ち込まれるトランペットのファンファーレのマイルドな響きが心地よく、勇壮に吹き上げるホルンが祝典的な気分を高めている。

統率されたブラス軍団が打ち込む〈6声のカノン〉の壮麗さや、大音響の渦の中に聴き手を引き込む“革ジャン指揮官”の演出の巧さに思わず膝を打ってしまう。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0056m.jpg

真打ち的な迫力で聴き手をねじ伏せるコーダの強大なフィニッシュもすさまじい。頂点に向かう最強音の響きはベルリンフィルのパワーと底力を誇示したもので、カラヤンはバルトークのスコアから劇性と交響性をあますところなく引き出している。


第2楽章「対の遊び」 アレグレット・スケルツァンド
sv0056f.jpgパントマイム風のスケルツォをカラヤンは諧謔味よりも歌謡性を重視して、よく弾み、よく歌う。オーボエやクラリネットのノリの良さ、びょんびょん弾むピッツィカート、目の覚めるようなフルートの装飾楽句によって、メロディアスな楽想の中に「これでもか」と美感をまき散らすところは“カラヤン美学”の極地といえる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

弱音器を付けたトランペットの歌に弦の伴奏を精妙に絡め、美麗な弱音で魅せる一方で、ねばっこく歌わせて、こってりとロシア風に料理する中間部の〈コラール〉や、241小節でハープの和音グリッサンドを華美に強調しているところなど、カロリーの高い味付けで聴き手を酔わせるのがカラヤンらしい。


第3楽章「悲歌」 アンダンテ・マ・ノン・トロッポ
sv0056g.jpgカラヤンは〈痛ましい死の歌〉をきわめて抒情的に、美麗の限りを尽くして歌いぬく。

オーボエの独白をかき消すほどに各パートの装飾を煌びやかに絡め、管弦の豪打を派手に加えてゆく手法はカラヤンの真骨頂で、ゴージャスな音響によって管弦楽作品としての醍醐味を堪能させてくれる。「待ってました」とばかりに弦楽が弓に圧力をかけて大きく揺さぶり、楽曲をドラマチックに盛り上げてゆくところ(45小節)はじつに感動的だ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

中間部は、ヴィオラのパルランド・ルバート〈民謡旋律〉をコクのある太い響きによって聴き手を魅了する。ハープと弦の装飾音にペンキを厚塗りするように弦をなみなみと注ぎ込み、その頂点でトランペットを強奏する豊麗なサウンドと劇的な表現も類例がない。帝王カラヤンの卓越した手腕とベルリンフィルの底力を十全に発揮した名場面といえる。


第4楽章「中断された間奏曲」 アレグレット
sv0056h.jpg颯爽としたトリルで突入する弦、ブルガリア風の民謡主題を耽美的に歌い継ぐ木管がユニークで、気分は幻夢的でさえある。
ヴィオラの歌うハ短調の〈望郷のエレジー〉はしっとりとレガートをかけて“カラヤン節”によって美麗にたゆたうところはロマンティックな気分が横溢する。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0056n.jpg

大きな聴きどころは中間部の「戦争の主題」=ショスタコーヴィチの〈レニングラード〉のパロディー。大きな間合いをとって、まるでウィンナ・ワルツ(原曲はレハールのメリー・ウィドウのワルツから引用)風のステップで歌うクラリネットは芝居気たっぷり。
sv0056o.jpg

sv0056i.jpgわざとらしいリダルダンドでこれを嘲笑する場面は、ベル・エポック的な風情が音楽に快いポエジーをあたえている。

トロンボーンの思わせぶりなグリッサンド(90小節)、徹底した弱音で再現するエレジーのリリカルな味わい、コーダでみせる官能的ともいえる木管の妙技などの名人芸は枚挙に暇が無く、あの手この手の秘術によって聴き手を酔わせるカラヤンのしたたかぶりが浮かび上がってくる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

「76小節からクラリネットが吹奏する〈戦争の主題〉がマキシムに対する賛美の歌詞であることを反映するかのように、大仰に抑揚を付けながらノリのよい歌い回しで演奏されている。115小節からのトロンボーンが巧言令色を労するかのように、ソット・ヴォーチェで鳴るあたりも特徴的。」 「究極のオーケストラ超名曲徹底解剖[2]より満津岡信育氏による、~『レコード芸術』通巻658号、音楽之友社、2005年)



第5楽章「終曲」 ペザンテ~プレスト
sv0056j.jpgカラヤン=ベルリンフィルの超絶的なアンサンブルを知らしめるのがフィナーレの舞曲だ。

ペルペトゥム・モビレ風の走句を颯爽と駆け抜ける高性能の弦楽合奏は絶妙で、嵐のように駆け抜けるフガート楽句(52小節)の速業に腰をぬかしてしまう。目の覚めるような弦の走句が精密にクレッシェンドする場面(132小節)など、あたかも自分たちの実力を誇示しているかのようである。    amazon  HMVicon

大きな見せ場は、田園風の中間部に躍り出るトランペットの第3主題(201小節)。遅めのテンポによって主題を手堅く打ち込むスタイルはいかにもドイツ風。整然と足並み揃えたブラス軍団を統率する指揮官の手綱さばきが格調高く決まっている。一糸乱れぬ弦楽フガートや、ストレッタ楽段の木管アンサンブルなど、いささかの狂いも生じぬ精巧な管弦楽を自在に操るところは“カラヤン・マジック”にほかならない。
sv0056p.jpg

sv0056l.jpg再現部は、スピード感溢れる鮮やかな棒さばきや、妖艶ともいえる弦の表現力が特筆モノで、「どうだ!」といわんばかりに疾風怒濤の勢いでゴーシャスな管弦の嵐が吹き荒れる。

フィナーレの仕上げは第3主題をラプディックに変奏して吹奏するファンファーレ。大きな呼吸でフレーズの抑揚をつくり、壮麗壮大に歌い上げる凱歌は、無敵を誇る楽団を率いる“常勝将軍”ならではの確信に充ちたものだ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0056q.jpg
sv0056r.jpg

急迫的にたたみ掛けるコーダは、複雑な歯車の目をピタリと噛み合わせるように、カラヤンは精密かつダイナミックにオーケストラを駆動する。「ここぞ」とばかりにシンバルを叩き込み、滑り込むような総奏によって一気呵成に幕を引くところは、あたかもジェットコースターに乗っているような、スリリングな刺激と興奮を喚起して俗耳を楽しませてくれる。全盛期のカラヤン=ベルリンフィルの名人芸をあますところなく刻んだ一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/11/14 ] 音楽 バルトーク | TB(-) | CM(-)