朝比奈のショスタコーヴィチ/交響曲第5番

sv0021g.jpg
ショスタコーヴィチ/交響曲第5番ニ短調 作品47
朝比奈隆 指揮
大阪フィルハールモニー交響楽団
Recording: 1981.2.16 Festival Hall, Osaka (Victor)
Recording Director: Naohiko Kumoshita
Recording Engineer: Fumio Hattori
Length: 47:32 (Stereo Live)
TOWER RECORDS  amazon


タワーレコードが復刻したショスタコーヴィチ《第5番》マーラー《第8番》の交響曲を組み合わせたアルバムは、3大Bのスペシャリストの朝比奈にとっては珍しい演目で、とくにショスタコはこの曲の邦人初のレコーディングとされ、朝比奈特有のコクのある骨の太い“大フィル・サウンド”が完成した時期のものだ。

sv0021f.jpg朝比奈によるとショスタコ作品は大フィルの前身である関響時代から交響曲第1番と第5番を好んで取り上げていたというが、大フィルと第1回定期演奏会(1960年5月)で演奏した以外は、北ドイツ放響とのライヴ録音(同年1月)が知られていた程度で、第172回定期演奏会をライヴ収録した当盤は録音条件が整った貴重な録音といえる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


京大オケ時代に亡命ロシア人のエマヌエル・メッテルに師事した朝比奈(以下オッッサン)にとって、ロシア音楽は音楽人生のいわば原点といってよく、メッテル仕込みの豪快な気風はショスタコーヴィチの作品においてもいかんなく発揮されている。

本番一発録りのテイクであるが故に、合奏の綻びや危うさも随所にみられるが、討ち死を覚悟で真剣勝負に打って出る猛々しさと、荒々しい“大フィルサウンド”が聴き手を圧倒する。

「骨太の音楽にあらわれた朝比奈の存在感に圧倒される。彼が手兵の大フィルとともに手がけた記念碑的なライヴ録音で、現場の熱気まで感じさせるところがいい。じつに生真面目で真っ向勝負の、信念に貫かれた演奏で、今は亡き名指揮者の資質をじかに伝えてくれる。とくに深く感じ入ったのはショスタコーヴィチのきりっと引き締まった迫真の音楽である。巌として迷いのない歩み、常に緊張を失わない弦楽器の響き、やや遅めのテンポで醸し出す雄大なスケール。諧謔味には欠けるとしても、これだけの凄みをみせる演奏はめったにない。」 白石美雪氏による月評より、NCS561/2、『レコード芸術』通巻第678号、音楽之友社、2007年)



第1楽章 モデラート
sv0064a.jpg「ぐい」と強い筆圧で弾ききる低音弦のカノン進行は力強く、「出だし千両」が口癖のオッサンらしい気魄に充ちた緊迫感が、のっけから聴き手を圧倒する。

1音1音を厳粛に紡ぐオッサンの生真面目な足取りは確かな手応えを感じさせてくれるもので、高弦がたなびく澄みきった響きからは、崇高な気分すら漂ってくるではないか。

TOWER RECORDS  amazon

もってりと吹き出されるフルートとクラリネット、滔々と副主題を歌い上げるヴィオラのコクのあるフレージングも特筆モノで、弓をたっぷりと使い、息を大きく吹き込むことを重んじる“朝比奈節”が苦悩に充ちた楽想をあますところなく描き出す。死者を弔うかのような鎮魂の気分の中に、一本筋が通っているのがいかにもオッサンらしい。

sv0064b.jpg音楽が動き出すのは、第2主題を拡大して示威的な行進曲となる展開部(練習番号17)。不気味なピアノのリズムにのって、ブラスが鈍い響きで打ち込むマーチは威勢がよく、リズムは重く美感を欠くが、オーケストラを力づくで引き回して高揚するところは音楽が勇ましい。

その頂点(練習番号27)で小太鼓をガンガン叩き込んで突き進む壮大なファンファーレ(ポコ・ソステヌート)は、オッサンが岩だらけの山道を素手でよじのぼるような骨っ節の強さがある。

TOWER RECORDS  amazon
sv0064l.jpg

圧巻は序奏と上下を逆転した弦楽カノンに、ブラスが副主題をぶつける強大な二重カノン(練習番号32)。マシンガン銃のような小太鼓の生々しい衝撃感には仰天するが、赤穂浪士の討ち入りのごとく敵陣の中へ正面きって突進する猛々しさは比類がなく、「ぶぁ~と思い切って吹け!」と楽員を鼓舞するように、野性的な“大フィル・サウンド”を全開させて強行突破するオッサンの力業をとくと堪能させてくれる。

sv0064c.jpg第1主題を総奏で歌い上げる再現部(練習番号36)もオッサンの荒武者のような気魄に揺るぎがない。メッテル師仕込みの強烈な打撃を叩き込み、オーケストラが軋むような音を立てて絶叫する強烈なユニゾンは、ゴツゴツとした原石剥き出しの武骨さで聴き手をねじ伏せる。その威厳にみちた足取りと尚武の気風はオッサンの面目が躍如している。

TOWER RECORDS  amazon
sv0064g.jpg

苦悩と闘争のあとに、ひとときの安らぎを感じさせるフルートとホルンのカノン進行(練習番号39)も聴き逃せない。夜のしじまの中で秘めやかに漂い、儚く消えてゆく独奏ヴァイオリンの澄みきった抒情美(コーダ)は、木訥剛毅なオッサンが曲尾でみせる“奥の手”といってよく、聴き手には嬉しい不意打ちだろう。



第2楽章 アレグレット
sv0064e.jpgリズムは野暮ったいが、低音弦を「ズンズン」打ち込んで勇ましく突き進むところは浪花の親方そのものだ。

祝典的なファンファーレにひと呼吸のパウゼを入れるのも田舎臭く、打楽器を「ドカドカ」とぶっきら棒に叩き込むところは、まるでヤクザの親分が組員を引き連れて殴り込みをかけるような武骨さで、軽妙なユーモラスや諧謔味にはほど遠い。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0064h.jpg

ここでは管楽器の独奏やアンサンブルの調子が今ひとつ上がらず、キメの粗さやリズムの甘さ、ピッチの不正確さなど、かつて「関響はひどい、あれでは管狂だ」と揶揄されたこのコンビの“泣きどころ”も随所に露呈する。

sv0064d.jpgとくにマルチ的な録り方と響きの不足のせいか、演奏が丸裸にされたように聴えてくるのは奏者にはいささか気の毒だろう。そのようなコンディションの下で、コンサートマスター(稲庭達か)の独奏ヴァイオリンの腕の確かさがひときわ光る。

ティンパニの痛烈な打撃で「がつんがつん」と締め括るコーダの荒々しいまでの気魄も圧巻で、「とにかく力いっぱい大きな音で弾け!」と檄を飛ばすオッサンの心意気を感じさせる力強いフィニッシュといえる。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon



第3楽章 ラルゴ
sv0021a.jpgオッサンは極太の毛筆に墨をたっぷりつけて、抒情的な楽想を壮大に歌いぬく。「これでもか」と弦に圧力をかけ、クレッシェンドでぐいぐい盛り上げていく頂点のラルガメンテ(58小節)は、マーラー音楽のような重厚さで音楽の肝を鷲掴みするのがユニークだ。

第2主題のフルートとハープ(練習番号79)、第3主題のパニヒーダ(練習番号84)を切々と紡ぐ木管とグロッケンシュピールなどマルチ・マイクで捉えた音場もじつに明瞭。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0064i.jpg

「真ん中の2つの楽章は大変面白く、まあ全体に傑作といっていいですな。私はこの曲をハンブルクの北ドイツ放送交響楽団でやったことがあるんですが、第3楽章をやっていると楽員同士コソコソといっているんです。〈これ、マーラーじゃないか〉と・・・・」 『朝比奈隆 音楽談義』より、芸術現代社、1978年)


sv0021c.jpg中間部の音楽は真実味に溢れ、「ここぞ」とばかりに低音弦をごりごり打ち返して激高する頂点(練習番号89)の決めどころは、このコンビらしい豪快なサウンドを堪能させてくれる。

最大のクライマックスは、チェロが「ぐい」と最強奏で弾きぬくデクラマシオン(練習番号90)。オッサンは身をよじるように精魂を込めて〈パニヒーダ〉を歌いぬく。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ひたむきに己が心情を音に託し、音を抉るような勁烈な力は確信に充ちたもので、内部に強い緊張感と威厳を秘めた迷いのない音楽が感動的だ。「楽譜を理解するだけでは十分ではない、音楽は魂で掴み取るものなんじゃ」といってはばからぬオッサンの声が聞こえてきそうだ。



第4楽章 アレグロ・ノン・トロッポ
sv0021b.jpgどっしりと立ち上がる行進テーマはオーソドックスなドイツ風のスタイルを継承したもので、堅固な構築物のように威風堂々と突き進む。オッサンが東ドイツの楽団に客演した際に、「アーベントロートそっくりだ」と言われたことに「なるほど」と頷けよう。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

めくるめくテンポの変転や機動力を生かした名人芸に背を向けた腰の重いマーチはモッサリしたスタイルだが、革命歌調のファンファーレ(練習番号108)を凱歌のように「がっつり」と吹き上げる総奏(練習番号110)は、“浪花のど根性”というべき野性味に溢れ、野武士を思わせる指揮者の芸風にぴたりマッチする。
sv0064j.jpg

sv0004c.jpg聴きどころは、トランペットのオスティナートの後に銅鑼をくわえた強烈な打撃で再現する第1主題の総奏(練習番号111)。猛獣の大咆吼のごとく発射された大音響は凄まじいばかりの破壊力で、牙を剥き出しにした大フィルのパワーに腰を抜かしてしまう。

「よよ」と泣き崩れるように浪花の浪漫をこってりと織り上げる2つの〈エピソード〉(練習番号113,119)や、行進曲が帰ってくる再現部(練習番号121)の緊迫感も無類のものだ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0064k.jpg

ホルンが回想する革命歌がずっこけるなど大きな綻びも飛び出すが、複数のテイクを繋ぎ録りした音盤に演奏芸術の本質を云々する批評家が、演奏技術の精度によって朝比奈=大フィルを論ずるのはけしからんことで、適度に荒れた雑味の中にこそ本物の旨味と音楽の醍醐味が仕込まれている朝比奈芸術の本質を見誤ってはならない。

sv0021e.jpg喨々と吹き上げるロシア民謡風の主題(練習番号129)は、戦時中に白系ロシア人が多く属していた満州のオーケストラを指揮した経験を思わせるスケール感があり、シコを踏むように闊歩するコーダの威勢も絶大! 

とどめはこのコンビの代名詞たる「ずしりと響く重低音と金管の豪快な咆哮」をぶちかまして、オッサンは最後の博打に打って出る。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ピッチの不正確さや合奏のキメの粗さもなんのその、息も絶え絶えに絞り上げる全管弦楽の猛烈な怒号と、あらん限りの力を込めて叩き込む打楽器の大連打は、ライヴならではの壮絶なフィナーレを伝えてあますところがなく、浪花の親分が討ち死に覚悟の一発録りで大勝負を挑んだ渾身の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2016/03/19 ] 音楽 ショスタコーヴィチ | TB(-) | CM(-)

ドラティの歌劇〈エウゲニ・オネーギン〉ワルツとポロネーズ

sv0063a.jpg
チャイコフスキー/歌劇「エウゲニ・オネーギン」作品24
からワルツとポロネーズ
アンタル・ドラティ指揮
ミネアポリス交響楽団
Recording: 1959.12 Northrop Auditorium, Minneapolis
Producer: Wilma Cozart (Mercury)
Sound Engineer: C.Robert Fine
Length: 10:26 (Stereo)  UCCP7063


“You are there”謳い文句で名高いマーキュリーのリビング・プレゼンス・シリーズは、その場に居合わせるような臨場感を再現した高音質の録音として知られている。リビング・プレゼンス(生き生きとした存在感)とは、ニューヨーク・タイムズ紙のタウブマンの“賞賛の言葉”に許諾を得て、同社のスローガンとなったものだ。
sv0063b.jpg
3本の無指向性の高性能マイクをオーケストラ前面に吊り下げ、補助マイク、リミッター、ブースター、イコライザーを使用せずに、35ミリ・マグネティック・フィルムにおさめたマーキュリー録音は、広いダイミックレンジ、楽器の遠近感、空間の拡がりを現出して一世を風靡した。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

「マーキュリーのCDは一番最後に聴くこと。その後では、どんな録音も色あせてしまうから」という言葉は欧米での常套句となり、「気味の悪いほどの実在感で楽器が浮かび上がり、そのはるか後方にステージ後壁面が現れる。」 田中成和・船木文宏編『200CDクラシックの名録音』より嶋護氏による、立風書房、1998年)



sv0063c.jpgリビング・プレゼンス・シリーズの復刻盤の中でもピカいちの存在が、チャイコフスキーの管弦楽作品をおさめた一枚だ。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ブロンズ・カノン砲と鐘の実音入りの大序曲《1812年》がとくに有名だが、演奏の質の高さではこれに勝るとも劣らないのが同アルバムの最後におかれた《エウゲニ・オネーギン》のワルツとポロネーズ。筆者がCDを指揮する時に決まって手が伸びる勝負曲。

sv0063d.jpgここではオーケストラ・ビルダーとして卓越した手腕を発揮したドラティが、職人芸ともいえる妙技を存分に披露し、華麗な管弦楽を心ゆくまで堪能させてくれる。

何よりもすばらしいのが決して一流ではなかったミネアポリス響(現ミネソタ響)のパフォーマンスで、ピシッと整った緻密なアンサンブルはもとより、きびきびとしたリズム感冴えた管弦楽が耳の快感を誘っている。

「ドラティは、その実力の割にはオーケストラに“恵まれなかった”指揮者である。晩年になってようやくヨーロッパのメジャーなオーケストラとの録音もいくつか残してはいるが、数は決して多くはない。にもかかわらず、今なお名指揮者としてその名をファンの間にクッキリと印象づけている。最近大量にCD化された、50~60年代のマーキュリー録音は、ロンドン響、ミネアポリス響といった、当時まだ発展途上にあったオーケストラから、いずれも切れる如く、はじける如き生気に満ちた音を引き出していて、その資質を余すところなく伝えている。」 『200CD指揮者とオーケストラ』より中野和雄氏による、立風書房、1999年)



〈ワルツ〉テンポ・ディ・ヴァルス
sv0063f.jpg歌劇《エウゲニ・オネーギン》は、プーシキンの同名作品をもとしたロシア・オペラの最高傑作。ここでは、田舎の領主の娘タチアーナと、その妹オリガの婚約者の友人で、ニヒルな厭世主義者オネーギンとの恋が抒情的に描かれている。

物語は全22曲のナンバーから構成され、第13番ワルツは第2幕の幕開きに、第19番ポロネーズは第3幕第1場冒頭の夜会の場面で演奏される名曲だ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ティンパニのトレモロから開始するワルツは優美さと躍動美を併せ持った職人ドラティにうってつけの音楽で、序奏部の木管の断片と、弦の精密なスタッカートの刻みから「行くぜよ」という予感めいたものを感じさせてくれる。ぴちぴちとはじけ飛ぶような管弦のリズム打ちと呼び交わしが気分を大きく高めている。 [幕があがる]

sv0063g.jpg舞台は1820年代のペテルブルク。タチアーナの命名祝日に招かれた大勢の客たちが、ラーリン家の大広間で催された舞踏会に集まっている。

弦の優雅なフレージングによって晴朗に歌うワルツ1(73小節)は、あたかも舞台の情景が目の前にあらわれるかのようで、木管が吹奏するワルツ2(94小節)の軽やかさがすこぶる心地よい。ワルツ3(127小節)ではブラスがくわわり、トロンボーンの和音ががっつりと噛み合わされるとオーケストラは聴き応え充分。   TOWER RECORDS  amazon

sv0063m.jpg

sv0063k.jpgワルツ主題は7度反復されるが、作曲者は5つの短いエピソードを挿入する。ワルツの変形とリズムを組み合わせたエピソード1狩りの情景を連想させる管のきっぱりとした打ち込みと弦の緩やかな応答を繰り返すエピソード2は、力瘤のないみずみずしい管弦の冴えた響きが魅力的。

弦のメロディーにピッコロとフルートが装飾を付けるエピソード3も聴き逃せない。ラプソディックに揺さぶりをかける濃厚な歌わせぶりが感興を高めている。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0063h.jpg弱音で第1ヴァイオリンが奏するワルツ4(207小節)でオネーギンが登場。アナーキーを装いながら、じつは俗世の会話に興味津々。年輩のご婦人たちのそばをわざとゆっくり歩きながら、噂話に聞き耳を立てる。冴えたピッコロとフルートがご婦人たちのお喋りをあらわすワルツ5(259小節)も印象的だ。

「あの男、とんだ不作法者で、礼儀をわきまえない変わり者よ。赤ワインをコップで飲むなんてねぇ、ターニャがかわいそう。」  TOWER RECORDS  amazon

エピソード5(274小節)はタチアーナの妹オルガとその婚約者レンスキーが登場。オルガの気をひいてからかうオネーギンとのやりとりが描かれる。爽やかなワルツの変形モチーフを、チェロのカノンや対旋律で輪郭をくっきりと際立たせるところもドラティのきめ細かな職人ワザで、ステレオの明瞭度と分離感は抜群である! 

sv0063j.jpg舞踏会はいよいよい佳境にはいり、序奏部の刻みが出るとワルツ6が鮮やかに再現する。フィナーレのワルツ7は、ブラスのリズムに力感をくわえて弾むところが心地よく、コーダでは満を持してブラスを解放させて華麗なファンファーレが炸裂! 

ツボを心得たドラティならではのみずみずしいリズム打ちと、そこからから繰り出す精気溌剌としたステップで華やかな宴を締め括っている。ドラティ=ミネアポリスや恐るべし!  TOWER RECORDS  amazon



〈ポロネーズ〉モデラート、テンポ・ディ・ポラッカ
sv0063i.jpgドラティ=ミネアポリス響の底知れぬ実力を知らしめるのが、ポロネーズだ。舞台はグレーミン公爵邸の絢爛たる大広間。夜会のはじまりを告げる壮麗なファンファーレは、今やタチアーナが公爵夫人の地位を得たことを象徴する。

強烈な和音を叩きつけ、弦が力強く駆け上がる逞しさはこのコンビ定番のスタイルといえる。「ぐい」と力で押しきるドラティのポロネーズ・リズムは筋金入りで、付点音符が連続する切分音リズムを鍛え抜かれたフレージングによって力強くさばいてゆく。  TOWER RECORDS  amazon

sv0063n.jpg

「ドラティはオーケストラから聴きたい“音”が引き出せるまでに鍛え上げるそのウデの確かさもさることながら、どんな種類の音楽でも的確にその核心を捉え、よけいな飾り立てをせずストレートにそれを引き出すことのできる、きわめてシャープな音楽センスに支えられていた。それはいわば“即音的”であるが故に、“職人的な技のキレ”に近い耐時性を備えていたのかも知れない。」 『200CD指揮者とオーケストラ』より中野和雄氏による、立風書房、1999年)


sv0063l.jpg軽い転調で変化をつける第2楽句(31小節)は、装飾音符の付いた3連音をハネあげる弦の切れ味が抜群で、シャッキリと弾みをつけたボウイング杭を打ち込むような管の強いアクセントが痛快である。徹底したトレーニングを重ねて楽団を鍛え上げた職人ドラティの面目躍如といえる。

中間部(61小節)は木管の清々しいアンサンブルが興をそそるが、大きな聴きどころはスラヴの哀感をたっぷりと漂わせるファゴットとチェロが奏でるユニゾン主題
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

哀調を帯びたメロディーに、暗い影をしのばせるドラティの手口が心憎く、ツボをおさえたようにラプソディックに揺れる歌わせぶりに酔ってしまいそうになる。

sv0063e.jpgファンファーレのきっぱりとしたリズムが帰ってきて、ティンパニと弦が気持ちのよい応答を繰り返すとポロネーズ主題が再現するが、最強奏のクライマックス(124小節)でドラティは熱くなり過ぎない。実直にインテンポをまもって楷書風に弾きぬくタッチが特徴的で、型にはめた“紋切り調スタイル”がある種の快感となっている。

コーダは緊密なリズムにいささかの狂いも生じぬドラティの卓越した棒さばきに驚嘆させられるが、とどめにトロンボーンを「バリッ」とぶち込むスパイスも忘れない。

「ニヤリ」と不気味に笑む“仕事師”ドラティの顔が思わず目に浮かんでくる。ドラティ=ミネアポリス響の骨の太い管弦楽と職人的な名人芸を堪能させてくれる一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/03/05 ] 音楽 チャイコフスキー | TB(-) | CM(-)