アーノンクールのハイドン/交響曲第94番「驚愕」

sv0045i.jpg
ハイドン/交響曲第94番ト長調「驚愕」Hob.Ⅰ-94
ニコラウス・アーノンクール指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
Recording: 1990.2 Concertgebou, Amsterdam (Teldec)
Exective Producer: Wolfgang Mohr
Recording Producer: Helmut Mühle
Recording Engineer: Michael Brammann
Length: 23:08 (Digital)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


ベルリン生まれ、グラーツ育ちのアーノンクールは、Hを発音しないフランス風の姓からユグノー教徒の末裔を連想させるが、本人によるとロートリンゲン地方の名前で「ハルノンクーア」またはフランス風に「アルノンクーア」(ルはわずかに発音)と発音し、貴族の家系であるらしい。

sv0068b.jpg古楽の旗手アーノンクールは、1980年代になるとモダン楽器のオーケストラであるコンセルトヘボウ管を指揮、カラヤン亡きあとは、ベルリンフィルやウィーンフィルの楽壇にも登場したが、生前はカラヤンが振らせなかったという俗説もある。

古楽の演奏で培ったノウハウを武器に独自の解釈で作品に付いた手垢を洗い落とし、“新鮮な響き”で聴き手を楽しませてくれるのがアーノンクール演奏の魅力。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ここに収めた《驚愕》は、新しいことをやらずにはいられないアーノンクールにうってつけの曲といってよく、「何か変わったことで聴衆を驚かせたい」作曲者の思惑とぴたり一致する。何よりもアーノンクールが作曲者の仕込んだユーモアに激辛のスパイスをくわえて切り込んでゆくのが痛快で、聴き慣れた古典作品から刺激と興奮をあたえてくれる。

富んだおもしろい演奏を展開してくれる。あいかわらず主張はこの上なく明確であり、随所になるほどと感じさせるが、これまたいつものように、これほどまでにやらなくてもとも思わせられる。そんなアーノンクール解釈の全てが出た演奏で、好き嫌いが分かれそうだ。」 樋口隆一氏による月評より、WPCC4301、『レコード芸術』通巻591号、音楽之友社、1997年)


「ドラティが楷書体の剛腕投手的であるならば、このアーノンクールは隷書体でコントロール抜群の変化球投手といったところだ。ハイドン音楽の明るさの中にあるユーモアや皮肉といった側面をさらにスパイシーに味付けし、それが強い説得力を持つ表現体としてさらに磨きをかけている。コンセルトヘボウ管も伝統あるオーケストラだが、アーノンクールのしなやかでかつ求心力の強い指揮に十全に対応し、指揮者の個性をオーケストラ自らの原動力にしていく感じだ。」 草野次郎氏による月評より、WPCS5780、『レコード芸術』通巻675号、音楽之友社、2006年)



第1楽章 アダージョ・カンタービレ
sv0045p.jpg導入主題のもったいぶった木管の問いかけ、意味ありげな弦の応答と湿っぽい歌がただならぬ予感をあたえている。

主部は短めのスラーと漸強弱をともなった古楽特有のフレージングを実施して幾分音が薄くなるが、さっぱりと清々しい歌が流れてゆくのがアーノンクール流。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[国内盤]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[EUR盤]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[LP]
sv0068j.jpg

管楽器のリズム打ちがくわわる総奏は、固い強音が杭を打つようにしっかり鳴りきるところは無骨といえるが、音楽の輪郭はすこぶる明瞭。ホルンの音を割った強奏や、管楽器のリズムを「ガシガシ」打ち込んで、弦の分散和音をかき消してしまう荒ワザを仕掛けるあたりは、武闘派アーノンクールの面門躍如たるところだ。

sv0068c.jpg朗らかな第2主題(66小節)もユニークだ。短く切り刻むようなシンコペーションと、ちょこまかとコマ鼠のように動きまわる16分音符のフィギュレーション(70小節)がコミカルなハイドン像を伝えている。

ダンスを踊り出すようなコデッタ主題(80小節)も洒落っ気とお色気たっぷりで、宮廷的な雰囲気がそこかしこに漂っている。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[国内盤]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[SACD]
sv0068k.jpg

「アダージョ・カンタービレではじまる序奏は、まさにこれから何がはじまるのかという期待をもたせるような問いかけがあり、こうしたところはアーノンクールの独壇場だ。そしてヴィヴーチェ・アッサイの第1主題も、8分の6拍子のリズムに乗って、雄弁な語り口だ。ニ長調の第2主題も軽妙で、アーノンクールの音楽的な語彙の豊富さに関心する。」 樋口隆一氏による月評より、WPCC4301、『レコード芸術』通巻591号、同上)


sv0068e.jpg展開部(108小節)はオーケストラの歯切れの良さが際だってくる。GからAに変わったティンパニの連打でアクセントを鮮明につける管弦の打撃(125小節)や、ティンパニの気持ちのよい一撃で駆け上がる再現部の力強いユニゾン(176小節)は音楽に活力がみなぎっている。

再現部の終止(コデッタ)の目の覚めるような総奏(210小節)の鮮度の高さも抜群である!

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[国内盤]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[EUR盤]


第2楽章 アンダンテ
sv0068a.jpg速めのテンポで歌うズテーテン民謡は、典雅な曲想に背を向けたような素っ気なさ。「がっくり」と気のぬけたような終止など芝居じみているが、16小節目の唐突の一撃は、固定観念を打ち破らんばかりの気合いを込めて、「えい!」と力まかせに叩き込む。

これはかなりびっくりする。アーノンクールがぎょろ目をむいて、突然怒りを露わにして爆発するところがディレッタント的で、音楽マニアには嬉しい“不意打ち”だろう。

sv0068l.jpg

「第1楽章ではリズムが弾み、アクセントも明瞭で心躍るようなフレーズの起伏を楽しませてくれる。やがて来る第2楽章の“びっくり音”の仕掛けをほくそ笑んでいるかのようなここでの明るさだ。」 草野次郎氏による月評より、WPCS5780、『レコード芸術』通巻675号、音楽之友社、2006年)


「第2楽章は何度聴いてもびっくりする。衝撃の鮮度が抜群にいいのだ。当時の演奏の再現ではなく、初演時に聴衆に与えた感銘を今の聴衆にパラレルに伝えたいというアーノンクールの演奏ポリシーが示された演奏である。」 ハイドン没後200年特集「期は熟した! 104曲を味わい尽くそう」より那須田務氏による、~『レコード芸術』通巻第705号、音楽之友社、2009年)


sv0068f.jpg第2楽句は、うってかわって抑揚をつけて歌い出すが、変奏部にはいると、素朴な民謡がいつしか荒れた音楽になってゆくところが傑作だ。

とくに装飾的なバロック調のオブリガートが出現する第2変奏の後半など、派手なフレージングと強いアクセントでバシバシと強圧的に決めているところに仰天してしまう。激辛スープの後の第3変奏は、清楚な木管アンサンブルが一服の清涼剤になっている。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[国内盤]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[EUR盤]
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon[LP]

アーノンクールが、やたらムキになって管弦のパンチをお見舞いするダイナミックな第4変奏もかなり過激で、やおら怒りをぶちまけてやりたい放題。軍隊行進曲のような金管の連呼も苛烈で、それだけに、コーダの「とほほ・・・」と後悔するかのような気の落ち込みようは、まるで喜劇である。


第3楽章「メヌエット」アレグロ・モルト
sv0068g.jpg速いテンポのメヌエットは、ウキウキと弾むような楽しい気分に溢れている。まるで舞踏会でひらひらと舞うような軽やかさで、演奏者がノリにノって興じるさまが浮かんでくる。

トリオはちょっと思わせぶりな表情が心憎く、ドレスで着飾った女性が舞踏会で“いい男”を見つけ、「ちろちろ」と流し目でお色気を振りまくような宮廷的な雰囲気を漂わせている。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0068m.jpg

後半では厚化粧の年増の女性(第1ヴァイオリン)の香気に惑わされた気の弱いオタクの男性(ファゴット)が、騙されてふらふらとついて行くさまを連想せずにはいられない。


第4楽章「フィナーレ」アレグロ・モルト
sv0068h.jpgフィナーレもメヌエットの気分を引き継いで、朗らかなニュアンスが満開だ。第1主題はフィギュレーションの走句で駆け走る愉悦感とみずみずしさに溢れ、テンポがぴたりと決まっている。ここで第1のサプライズは74小節の突然のゲネラル・パウゼ

2つの主題の間に「ぽっかり」と開いたエア・ポケットは、まるで別の時代に迷い込んだような不思議な気分に浸らせてくれるではないか。

TOWER RECORDS  amazoon  HMVicon

sv0068n.jpg
sv0068o.jpg

アーノンクールは「ゲネラル・パウゼは、音楽をドラマティックに盛り上げる効果を生み出す重要な道具なのです」と語るように、まるでハイドンの時代にタイムスリップしたかのように歌う第2主題の貴族的な気分は、まぎれもなくアーノンクールの世界である。


sv0068i.jpg展開部(104小節)は小気味のよいティンパニの打点にのせて、歯切れの良いアンサンブルがスピーディに展開、第2のサプライズはティンパニのトレモロがくわわる再現部のコデッタ(226小節)にやってくる。

第1主題のウラで、まるで遠雷のように轟く不気味な鼓動音が、「すわ、何ごとか」と聴き手を不安な気分に陥れるところはまるで劇音楽。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

「待ってました」とばかりに「バタバタ」と立ち上がるティンパニの物々しい連打は、思わず「やってくれるぜ!」と快哉を叫びたくなる名場面で、皮の質感を感じさせる打点のつぶ立ちの良さが耳の快感である!

爆発的な勢いをつけて突っ走るコーダの荒武者ぶりもすこぶる刺激的で、歯ごたえのあるサウンドが聴き手を興奮の坩堝に誘い込んでいる。驚きと刺激をあたえてくれること請け合いの一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2016/05/28 ] 音楽 ハイドン | TB(-) | CM(-)

カラヤンのプロコフィエフ/交響曲第5番

sv0067a.jpg
プロコフィエフ/交響曲第5番変ロ長調 作品100
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1968.9.18-24 Jesus-Christus-Kirche, Berlin
Executive Producer: Otto Gerdes (DG)
Recordihg Producer: Hans Weber
Tonmeister: Günter Hermanns
Length: 43:29 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon


カラヤン=ベルリンフィルのプロコフィエフ交響曲第5番を筆者が聴いたのは、1980年ルツェルン音楽祭のコンサート(於クンストハウス)がFM放送された時のことだった。これは“世界初のPCM録音”という触れ込みでスイス放送協会が収録して話題になった演奏だったが、冷凍付けしたような固く味気のない音にがっかりした記憶がある。

しかし演奏はべルリンフィルの高度な技能を存分に見せた文句の付けようのない演奏で、アクロバット・サーカスのようなオーケストラの名人芸に腰を抜かしたのが思い出される。演奏会記録によると、カラヤンはこの曲を生涯で24回演奏し、このルツェルンでの演奏が最後のものになった。

sv0015h.jpgレコーディングはすでに1968年に行われていたが、これはカラヤンがソ連の演奏家との関係を深めていた時期にあたり、ロストロポーヴィチと共演したドヴォルザークのチェロ協奏曲とも録音データが重なっている。

この翌年にカラヤンはベルリンフィルを率いてモスクワ公演を行っていることから、当盤はショスタコーヴィチとならんで、ソ連のマーケットを視野に入れたカラヤンのしたたかな商業戦略の一環であったにちがいない。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0015k.jpgこの時期、カラヤンは、ベルリンフィルの音楽監督になって13年。飛ぶ鳥を落とすがごとく勢いで楽界に君臨し、その地位を揺るぎないものにしていた。「帝王」の名にふさわしい名人奏者を取り揃え、その全盛期を謳歌していた。自らの理想とする音楽を創り上げるための手駒となる“最強の布陣”が完成した時期にあった。

TOWER RECORDS  amazon  HMV
icon

プロコフィエフの第5は後にデジタルによる再録音が行われなかったために話題にのぼることは少ないが、その完成度の高さから録り直す必要がなかったのだろう。ヴィルトゥオーゾ・オーケストラならではの技能をあますところなく開陳し、カラヤンの手の内に収めたレパートリーの1つとして自信をもって世に出されたレコードであったはずだ。

sv0067d.jpg妖艶ともいえる弦のフレージング、これに溶け合う木管楽器のカラフルな色合い、ドイツ色の濃いブラスの剛毅な響きが渾然一体となった劇的なドラマが繰り広げられている。

しっとりと歌い上げる緩除楽章の抒情的な表現や、フィナーレで見せる名人たちの統率されたパフォーマンスの見事さは冠絶しており、磨き抜かれたサウンド超絶的な技能で聴き手を魅了するところはカラヤンの面目が躍如している。


「第5番はカラヤン風の表現で、両端楽章ではときにウェットでロマン的とさえいえる表情がつくられている。つまりプロコフィエフのもつ乾いたモダニズムとは縁遠い表現で、そこにカラヤンの個性が歴然と浮かび上がってくるのである。」 小石忠男氏による月評より、『レコード芸術』通巻425号、音楽之友社、1988年)


「作曲から24年も後にカラヤンとベルリン・フィルとによって収録されたこの演奏は、オーケストラの最も好ましい時代にあった時のものであり、カラヤンも、いわば聴かせ上手という以上にこの作品の真価を強く印象づけるような自信に満ちたアプローチをみせている。そのスケールの大きい表現には、高度の造形性と深い内容が溢れている。」 『クラシック名盤大全・交響曲編』より藤田由之氏による、音楽之友社、1998年)



第1楽章 アンダンテ
sv0067b.jpg交響曲第5番は社会主義リアリズムの理念に則りながらも親しみやすい旋律と、伝統を踏まえた見通しのよい構成をもったプロコフィエフの最高傑作だ。

ロシア民謡風主題のメロウな歌わせぶりや、なみなみと盛りつける豊かな弦楽サウンド、大きく呼び交わす管弦のゴジャースな響きから、聴き手は早くもカラヤンの術中にはまってしまう。スネアドラムの切れのあるリズム打ちや、低音弦がのたうつ副主題の威力もすさまじい。

TOWER RECORDS  amazon
sv0067i.jpg

第2主題(練習番号6)も聴きのがせない。ラプソディックな主題が木管によって清楚に導かれると、高性能の弦楽器が滑るように歌い出す。妖艶ともいえるレガートをかけたフレージングの妙味は抜群で、テヌートを効かせて音階をぐいぐい上りつめて高揚するところや、トランペットが燦然と歌い継ぐ頂点の華やかさは“カラヤン美学”の極地といえる。スタッカートで跳躍する小結尾句(コデッタ主題~練習番号9)の意味ありげな進行も手管を感じさせるもので、展開部への期待感を高めている。

sv0067j.jpg

sv0067c.jpg展開部(練習番号10)は4つの楽想を縦横に交錯させて、管弦の綾を緻密に織り上げるベルリンの高度なアンサンブルを堪能させてくれる。聴きどころは和音打撃の狭間を縫うように、5連音でなめらかに上昇する弦楽ユニゾンで、その華麗な弓さばきにゾクゾクしてしまう。

間断なく副主題を伸びやかに歌い回し、第2主題を高らかに奏でるところ(練習番号14、15)は思わず指揮をしたい衝動にかられてしまう。強大なフォルティシモで吹奏する再現部のコラール(練習番号17)の剛毅な響きと緊張感も無類のものだ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

圧巻はコーダ(練習番号23)で、重苦しく奏する第1主題からオーケストラの威圧的な響きが有無を言わせぬ迫力で迫ってくる。「どうだ!」と云わんばかりに銅鑼をぶち込んで、壮麗壮大な音響の渦の中に聴き手を引き込むところは“カラヤン劇場”にほかならない。轟音をたてる音像を克明に刻んだ録音もすばらしく、オーケストラのパワーを誇示するような刺激的なサウンドに圧倒されてしまうのは筆者だけではないたろう。


第2楽章「スケルツォ」アレグロ・マルカート
sv0015a.jpgオスティナートの伴奏にのって、皮肉たっぷりに半音階で跳躍する主題はベルリンフィルの超絶的なアンサンブルに腰を抜かしてしまう。艶めかしく揺れ動く弦のフレージングの卓抜さは冠絶しており、木管に応えて裏拍から「すぅ~」と入ってくる弓使いの巧いこと! 

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0067l.jpg
ミュートを付けて面妖に奏でる副主題や、皮肉たっぷりのファゴットの表情付けなど、カラヤンの話術の巧みさは枚挙にいとまがない。固い音でゴツゴツと刻むスネアドラムのリズム打ちも気持ちよく、ウッドブロックが木魚のようにきこえる歯ごたえ感のある音作りは、なるほど、グラモフォンらしいリアリティにとんだものだ。

sv0015b.jpgトリオ(練習番号36)は表情たっぷりの木管や、ヴィオラが滔々と歌い回すメロディアスな音楽の心地良さが俗耳をたっぷりと楽しませてくれる。

躍り上がるような楽想にピアノとハープが美音を絡めて快感をそそる一方で、パンチの効いた総奏目の覚めるようなリズムで畳みかけるところはカラヤンが役者が一枚も二枚も上手で、ここ一番の“決めどころ”を強調して聴き手の耳を刺激する。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0067m.jpg
sv0067n.jpg

sv0067h.jpgベルリンフィルがアンサンブルの極限を開陳するのがスケルツォの再現(練習番号48)。金管のスタッカート・リズムと木管の装飾が次第にテンポを速め、これが拡大してゆくところが最大の聴きどころだ! 

急迫的に追い込みながら弦の急速な降下音型が精密に絡みつくところはアクロバット的で、ロンド・ブルレスケ風に熱狂しながら楽想を目まぐるしく展開するオーケストラ・ドライブは、ショー的な華やかさとスリリングな即興を満喫させてくれる。

1960年代のカラヤン=ベルリンフィルは、メンバーの名技性に寄りかかった、綱渡りのようなスリルに充ちた演奏に熱中していて、その即興演奏が面白くてたまらぬとった風情であった。それは楽員一人一人が個性を発揮するのではなく、その名技性が楽団という統一体への奉仕の形をとり、ひいてはカラヤンという統率者への奉仕にほかならないのである、と柴田南雄は記している。 『演奏スタイル昔と今 私のレコード談話室』1979年、朝日新聞社)



第3楽章 アダージオ
sv0015n.jpg抒情的なアダージョ主題を、カラヤンは磨き抜かれたフレージングによって、なめらかな旋律線に快いポエジーを与えながら、透明度の高い演奏を実現している。特筆すべきは弱弦の澄み切った響きで、ノクターン(夜想曲)のように稟とした空気の中で旋律の感覚美を巧まずして織り上げてゆく。

ホルン、テューバ、コントラバスの三全音をこってり響かせるロシア風の副主題や、トリルを強調した挽歌風の第2主題の彫りの深い濃密な表現は、手練手管の限りを尽くしたカラヤン美学の極地といえる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0015g.jpg最大のクライマックスは不協和音を伴った付点音符の連続打撃からで、トロンボーンの3連リズム、一糸乱れぬ木管と弦の急速降下音、シンバルや銅鑼が加わったオーケストラの大音響(練習番号71)はカラヤンの得意とするところで、オーケストラを軍隊のように統率し、プロコフィエフの音楽を赤子の手をひねるかのように、自己の欲求を満たす華麗でゴージャスなもに仕立てている。

sv0067o.jpg

繊美な最弱音ですすり泣くように奏でる主題再現も心に沁みる美しさで、高音部の美音でぬめるように進行する音楽は官能的ですらある。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


第4楽章 アレグロ・ジオコーソ
sv0015c.jpg第1楽章の主題を4声のチェロでこってりと回想したあとに、ヴィオラの刻みで開始する上行アクセントの付きの軽快な主題は、快適なテンポで颯爽と展開する。

上滑りする弦のメロディーに小刻みの走句を精妙に絡めるところや、オーボエがスタッカートで忙しく奏する道化的な副主題、フルートの奏でる民芸調の第2主題、低音弦に出るコラール風の荘重なフーガ(練習番号93)など、楽想の隅々にまで低回された精巧なヴィルトゥオジティをカラヤンはあますところなく披露する。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0067q.jpg

ベルリンフィルそのが卓越した技能を最高度に発揮するのが長大なコーダ(練習番号107)で、弦の小刻みの走句にブラスが吹奏する第1主題フーガ主題が凱歌となって錯綜する。スネアドラムの急迫的なリズム打ちの中から弦が跳躍し、木管が「ひょっ!」と絶叫する手に汗握る展開は“カラヤン・サーカス”にほかならない。

クライマックスはトランペットの高音が主題をストレートに打ち込む練習番号111で、ウッドブロックとスネアドラムのリズムが躍動し、せめぎ合うところが最高の聴きどころだ。

sv0067f.jpg錯綜するリズムを鮮やかに捌き、名人たちの曲芸によって聴き手の興奮を巧みに誘うところはこの曲のツボを心得たカラヤンの独壇場。

突如、音量を絞って室内楽的な弦楽オスティナートをトップ奏者が精密機械のように演奏するさまは、オートメーション化された精巧な工業製品を思わせるが、最後の3小節でトランペットが全音符で打ち込むと、滑り込むような総奏によって一気呵成に幕を引くところは、まるでジェットコースターに乗ったようなスリリングな刺激と興奮をあたえてくれる。

全盛期のカラヤン=ベルリンフィルの名人芸を余すところなく刻んだ究極の1枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2016/05/07 ] 音楽 プロコフィエフ | TB(-) | CM(-)