ヨッフムのハイドン/交響曲第88番 「V字」

sv0085a.jpg
ハイドン/交響曲第88番ト長調 「V字」Hob.Ⅰ-88
オイゲン・ヨッフム指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1961.10
Level: Deutsche Grammophon
Location: Jesus-christus-Kirche, Berlin
Length: 20:39 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


このディスクは、ヨッフムが3つのオーケストラとグラモフォンに録音したハイドン交響曲集で、第88番(ベルリンフィル)、第91番(バイエルン放送響)、第93番(ロンドンフィル)を収録したアルバム。中でも《第88》が驚くほどの名演奏で、筆者の手がよく伸びる一曲だ。

sv0085k.jpgヨッフムは70年代にロンドンフィルとランドン校訂版による〈ロンドンセット〉(第93番~104番)の録音を完成させているが、ステレオ初期にバイエルン放送響と第91/103番を、ベルリンフィルと第88/98番を残している。

この第88番は 1963年6月にSLGM1139(138823)としてLPで発売されて以来、長らくオクラになっていた貴重な音源である。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0085b.jpgベルリンフィルの第88番《V字》といえば、同じグラモフォンでフルトヴェングラー指揮のスタジオ録音“決定盤”として知られている。

しかし、ベルリンフィルはその後、カラヤンとはレコーディングを行っておらず、ヨッフムがステレオ初期に《V字》の録音をのこしてくれたのは音楽ファンへの大きな贈り物といえないか。


a.jpgここでは、グラモフォンらしい立体感のある録音の良さもさることながら、抜群の機動力と緊密なアンサンブルを繰り広げるベルリンフィルの冴え冴えとした技巧が最大の聴きもので、楽想はのびのびと豊かな生命力に満ち溢れ、力瘤を廃してひた走るスピード感がゾクゾクするような快感を誘っている。

端正で古典的な造形をバランス良くまとめながらも、ヨッフムらしい南ドイツ的な大らかさと快活さによって、生気に充ちた演奏を繰り広げているのが最大の魅力だろう。

ConductorDateLevelsourceTotal
Furtwängler1951.12DG427404-26:496:174:223:3621:04
Jochum1961.10DGUCCG39896:246:154:343:2620:39
Rattle2007.2EMITOCE55993/46:445:453:573:3620:02

「ヨッフムのハイドンに対する姿勢は、いささかのぶれもなく、実に明快そのもの。彼のハイドンの音楽に対する適性をまざまざと知らしめてくれる。ベルリン・フィルはこの曲をフルトヴェングラーとも録音しており、それもすばらしい名演だが、このヨッフムとの録音は、主情に走りすぎず、しかし実に含蓄豊かな音楽が均衡のとれた造形と透明感に満ちた爽快な響きのもとに展開される。ハイドンやモーツァルトの音楽を的確な様式感のもと過不足なく実現すれば、自ずと意味深さが立ち現れてくる見本のような演奏といってよい。」 中村孝義氏による月評より、UCCG3989、『レコード芸術』通巻第663号、音楽之友社、2005年)



第1楽章 アダージョ-アレグロ
sv0085e.jpg交響曲第88番は、名だたる大指揮者たちが競って録音を残していることで有名な作品で、《V字》という表題はロンドンのフォスター社が出版した際に、その第2集(23曲)にAからWのアルファベットを付し、第88番に「V」の字が与えられたことに由来する。

16小節の序奏は、ゆったりと柔らかな和音と第1ヴァイオリンの伸びやかで優美な呼び交わしが心地よく、響きのゆたかさのみならず、深く長い弓を入れるスフォルツァンドと慈愛に満ちた柔和な表情に心惹かれてしまう。
ヨッフムの息づかいが聴こえてくる録音はライヴのように生々しい

sv0085f.jpg主部はきびきびと歯切れ良く、音楽は爽やかだ。ヨッフムはいささかの衒いもなく、緊密なアンサンブルと抜群の機動力によって、明快な造形を展開する。驚くべきはベルリンフィル奏者たちの腕の見事さだ。

単に合奏のキメが整っているというより、闊達自在なフレージングで駆け巡る躍動感に魅せられてしまう。小結尾の跳ねるようなみずみずさも比類がなく、低音弦がゴリゴリと歯ごたえのある分散和音を打ち返す生々しさが耳の快感を誘ってやまない[提示部の反復あり]。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0024n.jpg

sv0085g.jpg展開部(104小節)はベルリンフィルの巧緻な弦楽アンサンブルの独壇場。第1主題の断片と分散和音のゼクエンツを颯爽と弾き回し、第2主題を内声に織り込んでゆくところは音楽が実に明快で、見通しのよい対位法など器楽演奏の神髄を堪能させてくれる。

再現部で躍り出るようなオブリガート・フルート(179小節)は歓びに満ち溢れ、ほっこりと鄙びた味わいの木管と、柔らかく解きほぐされた弦楽アンサンブルが感興ゆたかに躍動する。 TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

コーダに向かって、奏者たちが愉悦感たっぷりと自発的に音楽に興じているさまが録音から伝わってくるのも嬉しい不意打ちで、シャッキリと締める終止和音はみずみずしさの極みである。


第2楽章 ラルゴ
sv0085h.jpgゆったりと真摯に歌い上げるラルゴ主題は、賛美歌《すべての恵みを垂れ給ふ神を讃える》から採られたもので、しっとりとオーケストラに溶け込みながら聴き手にやさしく語りかけてくれる。

滋味深い弦の合いの手を絡める第1変奏、フルートと第1ヴァイオリンが重厚に織り上げる第2変奏、オーボエの旋律に弦が32音符のオブリガートを滑り込ませる第3変奏の高貴な味わいはどうだろう。
TOWER RECORDS  amazon HMVicon
sv0024o.jpg

sv0085i.jpg大きく転調を入れたチェロとヴァイオリンがなみなみと歌い上げる第4変奏もすこぶる感動的で、厳粛な気分に充ち満ちている。

「がっつり」と歯ごたえのある強音をぶち込む豪放さも“南ドイツの野人”ヨッフムの面目が躍如しており、この老人は指揮棒なぞ持たずとも、あの長いアゴだけでオーケストラを統率出来るのではないか。



第3楽章 メヌエット、アレグレット
sv0085j.jpgどっしりと構えたメヌエットはいかにもドイツのカペルマイスター風で、腰の重い低音と堅固なたたずまいは頑固親爺を思わせるものだ。

ここでは、こせこせしない威厳に満ちた音楽運びが痛快で、装飾音の付いた4分音符をスタッカートで切らず、レガートでほどよく伸ばすフレージングがじつに爽やかだ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

トリオは素朴な田舎の音楽だ。ヨッフムの、あの長いアゴの動きに反応するかのように、内声部のドローンが、“のったり”とたゆたうところがユニークで、後半では強弱対比を克明に付けながらも、ゆたかなニュアンスを失なうことなく音楽が息づいているあたりは、壮健なヴェテランの棒さばきといえる。
sv0024p.jpg


第4楽章 フィナーレ、アレグロ・コン・スピーリト
sv0085l.jpgリズミカルなスタッカートでさばく第1主題は愉悦感たっぷりで、緊密なリズム打ちからダイナミックさを増して豪快に突き進むのがヨッフム流。

第1主題が発展する走句(33小節)から、ベルリンフィルの名人たちが「ここぞ」とばかりに分散和音を弾き飛ばして走り出すところが大きな聴きどころだ。

TOWER RECORDS  amazon

緻密なスタッカートから属調上の第2主題の走句が躍り出るところの目まぐるしいスピード感は圧巻で、脇目もふらずに猛烈な追い込みをかけてコデッタ(小結尾)へ直進するヨッフムの“荒武者ぶり”に快哉を叫びたくなってしまう。
sv0024r.jpg

sv0085m.jpg展開部(84小節)はいささかの力瘤も感じさせぬ弦のみずみずしさが際立ってくる。ト短調に転調した〈フガート楽想〉(108小節)を落ち着いた棒さばきと分厚い弦楽サウンドによって主題を厳格に織り込むところは、かつて“オーデル河畔のフルトヴェングラー”として知られていた巨匠の貫禄充分。  TOWER RECORDS  amazon

弦を噛むように弓の引っ掻く生々しい音が聴き手の耳を刺激するあたりは、なるほど、音のリアリティを追求するグラモフォンらしい克明な音造りといえる。

sv0085n.jpg第1主題が朗らかに戻ってくる再現部(158小節)もコツコツとしたリズム打ちで実直にひた走るが、結尾では胸のすくような豪打によってヨッフムはドラマの終結を宣言する。

目の覚めるような第2主題の走句をゾクゾクするような疾走感で聴き手の興奮を誘い、怒濤の勢いでコーダへ突入するところが最大のクライマックスだ!

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

シャッキリと歯切れよく畳み込む終結のきびきびとした躍動感は若々しいエネルギーに溢れんばかりで、一服の清涼剤のように名曲を澄明爽快に締め括っている。ヨッフムがステレオ初期に遺した隠れ名盤ともいうべき掘り出し物の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2017/02/18 ] 音楽 ハイドン | TB(-) | CM(-)

アバド=シカゴ響のチャイコフスキー〈冬の日の幻想〉

sv0084a.jpg
チャイコフスキー/交響曲第1番ヘ短調Op.13
 「冬の日の幻想」
クラウディオ・アバド指揮 シカゴ交響楽団
Recording: 1991.3.13,15,16 Orchestra hall, Chicago
Producer: James Mallison (Sonny)
Engineer: Bud Graham
Length: 43:33 (Digital)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


クラウディオ・アバドがシカゴ交響楽団の首席客演指揮者をつとめたのは1982~85年で、このチャイコフスキー交響曲全集&管弦楽曲集は、この時期から足かけ7年をかけて完成した録音だ。アバドが50歳を過ぎて、心身ともに最も脂の乗り切った時期のものであり、一連のセッションの有終を飾ったのが《冬の日の幻想》である。

sv0084c.jpgアバドは“音の固い“指揮者というのが、70年代から筆者の持っていたイメージで、とくにウィーンフィルを振った実況録音を聴いて、そのゴツゴツとしたサウンドに驚いたものである。
アバドがベルリンフィルの音楽監督になると、カラヤン時代の柔らかく上滑りするような流麗なサウンドが、フルトヴェングラー時代に戻ったかのような引き締まった芯のあるサウンドに一変した。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [SACD]

アンサンブルが粗くなったと陰口もいわれたが、アバドは音を磨くことにさして興味を持たず、むしろ楽器固有の音をしっかりと、鮮明に出すことを要求した結果だろう。

sv0084l.jpgそのようなアバドがシカゴ交響楽団との相性が悪かろうはずがなく、もしカラヤンの後任がマゼールに決まっていたら、シカゴ交響楽団の音楽監督はポスト・ショルティの呼び声の高かったアバドが就任し、ベルリンフィルの凋落(?)を後目にライナー、ショルティに続く“第3期黄金時代”を築いていた可能性はなかったか。

しかし、シカゴが音楽監督に選んだのはアバドではなくバレンボイムだった(投票では7対3)。アバドはリハーサルで細部にこだわりすぎる理由で退けられたらしい。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ここで聴く《冬の日の幻想》は、こってりとしたロシア臭い演奏とは一線を画し、ともすれば安っぽく聴こえがちな民謡主題を、イタリア人指揮者らしく品のよいカンタービレで聴かせるあたりは抜群のセンスを発揮する。“暴れ馬”の手綱をしっかりと引き締め、スーパー・プレイを仕掛けることなく緻密なアンサンブルと冴えたサウンドで魅せるアバドの卓抜した手腕は玄人受けするものといえる。

sv0084d.jpgフィナーレでは、「これぞシカゴ!」といわんばかりの期待に違わぬ強力なブラス・セクションを堪能させてくれる。

なかんずく役者を揃えたホルン、トランペット、トロンボーンの名物奏者たちの粗さを感じさせないパフォーマンスに酔わせてくれるあたりも、シカゴ響(教)信者にとって嬉しいご馳走で、テンポを速めて熱っぽく畳み掛ける終楽章のコーダもすこぶる即興的だ。

TOWER RECORDS  amazon

「いずれの曲をとっても音楽の構成が堅牢でがっちりとまとまり、技術的にも完璧、隙も乱れも全くない。その一方でチャイコフスキーの音楽の命である旋律はたっぷりと歌われ、ダイナミックスの幅も大きく、クライマックスでの迫力が凄い。完成度の高さという点では、恐らく現在入手可能な交響曲全集の中でも最高位に位置づけることができる。特に前半の3曲が、いわゆる“初期作品”としての通念を覆すに足る堂々とした恰幅をもって響いてくる様子は、見事である。」 吉成順氏による月評より、SRCR8902~7、『レコード芸術』通巻第509号、音楽之友社、1993年)



第1楽章 アレグロ・トランクィロ「冬の日の旅の夢想」
オクターヴのフルートとファゴット、ヴィオラ主奏の民謡風の第1主題は、歯切れ良い木管のスタッカートと、弦楽のスピッカートとスラーを組み合わせた精緻なリズム打ちによって、のっけから名人オーケストラが抜群のアンサンブルを開陳する。

sv0084m.jpg

sv0084e.jpgポコ・ピウ・アニマートで激しく上り詰めるところの躍動感や、ガツンと打ち込むブラスの咆哮は流石はシカゴ響といってよく、勝利を予告するかのようにホルン、トランペットを加えて「待ってました」とばかりに立ち上がる勇壮な行進曲(第3主題)は管弦楽の醍醐味を堪能させてくれる。

しかも力まかせに押し切らず、名物奏者たちを御して整然と管弦のバランスを配しているのがアバドの上手いところだ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

大きな聴きどころは民謡調の第2主題。分厚いヴィオラの旋律と、ウェットに歌い回すヴァイオリンの潤いのあるカンタービレが聴く者を魅了する。提示部の終わりで見得を切るようにテンポを落とし、展開部の〈花のワルツ〉(くるみ割り人形)によく似た主題を裏拍のホルンにたっぷりと歌わせ、聴き手に安らぎを与えてくれるところも心憎い。

sv0084n.jpg

sv0084f.jpg第1主題をカノン風に展開する展開部(練習番号G)は、名人オーケストラの腕の見せどころだ。豪壮ともいえる低音弦の力強い響きと金管の咆哮が聴きものだが、アバドは決して熱くならない。

入念にはじまる再現部(練習番号M)も間然とするところがなく、クライマックス(練習番号V)に向かって突き進むところも荒ワザを仕掛けず、その統制された手綱さばきは理性的といえる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


第2楽章 アダージォ・カンタービレ・マ・ノン・タント
sv0084g.jpgソフトに奏でる序奏主題は情感たっぷりだ。
弦楽5部がしっとりと溶け合う柔らかな響きは格別で、フルートと寂しげな対話を重ねるオーボエの第1主題、ヴィオラがたおやかに奏でる第2主題(ポッキシモ・ピウ・モッソ)など、克明なアーティキュレーションによって憂いをたたえたカンタービレで聴き手を酔わせるあたりは、イタリア人指揮者の本領発揮といってよく、その格調の高さは特筆モノ。

amazon
sv0084o.jpg
sv0084p.jpg


テンポ・プリモの展開部(練習番号C)はツボを押さえたように第1主題を歌い回すチェロパートの独壇場。たっぷりと弾むバスのリズムにのって滔々と歌われるところが心地よく、ともすれば安っぽくなりがちなメロディを情に溺れず、客観性を保ちながら晴朗に、しかも密度の濃い歌を聴かせるあたりはアバドの面目躍如たるところだ。

sv0084q.jpg

sv0084k.jpg最高の聴きどころは、ホルンがマルカートで出現する再現部(練習番号F)。突如、雄叫びを上げるように朗々と発する強烈なホルンのひと節は、この楽団の看板セクションの名に恥じぬ張りのある響きで聴き手の度肝を抜く。

弦のトレモロを蹴散らすように第1主題を吹き放つホルンが圧倒的な頂点(練習番号G)を作っているが、リテヌートをかけて応答する弦の緊迫感も圧巻である!

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


第3楽章 スケルツォ アレグロ・スケルツァンド・ジョコーソ
sv0084h.jpg2拍目にアクセントをおいた分奏弦のリズム打ちを、アバドはじつに精密にやってのけている。名人芸を誇示したようなところはいささかもなく、力を抜いて、ひたすら繊細に、緊密なオスティナート・リズを繰り返すところは職人的だが、幻想的なインスピレーションにも事欠かない。

中間部(トリオ)のワルツは、弦を主体にしたバレエ音楽のような優美な歌に溢れんばかり。木管やホルンのオブリガートは出しゃばらず、わずかに和音を添える程度である。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0084r.jpg

第2楽句もキメの細かいアーティキューションによって、デリケートなニュアンスを伝えてあますところがなく、革をゆるく張ったティンパニの連打や、チェロとヴィオラのカデンツァのオマケが付くコーダも質の高い名人芸を堪能させてくれる。


第4楽章 アンダンテ・ルグーブレ
sv0084i.jpg遅いテンポで入念に歌い出される序奏主題ロシア民謡〈咲け、小さな花よ〉は気分満点で、2拍子のアレグロ・マエストーソ(主部)で快調に走り出す弦と、第1主題を打ち込む強力なブラス・セクションの力ワザを堪能させてくれる。

がっつりと打ち込むトロンボーンの衝撃感や、トランペットが連呼する“進軍ラッパ”は圧巻で、楽員の士気の高さもさることながら、音楽は輝かしい開放感に溢れんばかり。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0084s.jpg

巧緻なフガートを展開する弦楽アンサンブル(練習番号B)、民謡風の第2主題をツボを押さえて歌うヴィオラとホルン(練習番号C)、決然と中間主題を切り込むヴィオラ群(練習番号F)など、ゾクゾクするような各セクションのパフォーマンスと合奏能力の高さは枚挙にいとまがなく、第1主題の総奏を再現する管弦の爆発的なパワーも次元を超えたものだ。

sv0084t.jpg

sv0084j.jpg半音階進行によるシンコペーションを大きく取り回しながら、コーダに向かってのぼり詰める緊張感も無類のもので、あんぐりと口を開けて、ハネ上げタクトでフレーズをさばくアバドの絶好調ぶりが伝わってくる。  amazon

名人オーケストラの突き抜けたパフォーマンスを見せてくれるのがコーダ(アレグロ・ヴィーヴォ)で、ブラスが長調で朗唱する序奏主題はもとより、勝利を確信したかのように高らかに打ち込むトランペットやバス・トロンボーンの凄腕奏者たちが、決めるべきところでしっかりと決めてくれるのがシカゴ響たるゆえんだろう。

奏者たちの力演に反応して、オーケストラを煽るように熱っぽく加速をかけてゆくアバドの棒もすこぶる即興的で、「ざまあみやがれ!」とばかりに、勇猛にぶち込むブラス・セクションの爆発的な“凱歌”が聴き手の興奮を喚起する。

オーケストラのヴィルトゥオジティを十全に生かしながらも、いささかの踏み外しもなく暴れ馬を統率し、品のよいカンタービと熱のこもった演奏で聴き手を酔わせてくれる一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2017/02/04 ] 音楽 チャイコフスキー | TB(-) | CM(-)