オイストラフのシベリウス/ヴァイオリン協奏曲

sv0095a.jpg
シベリウス/ヴァイオリン協奏曲ニ短調 作品47
ダヴィッド・オイストラフ(ヴァイオリン)
ユージン・オーマンディ指揮
フィラデルフィア管弦楽団
Recording: 1959.12.21&24 (SONY)
Location: Broadwood Hotel, Philadelphia
Length: 30:44 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


シベリウスの協奏曲は20世紀の作品にもかかわらずロマン的な抒情性にあふれ、北欧のファンタジーと劇的な重量感をもった不屈の名作だ。この難曲を1枚選べといわれれば、筆者は迷わずオイストラフ盤を採る。

sv0095b.jpgオイストラフのシベリウスは数種のレコードが残されているが、米国への演奏旅行を行った際にセッション録音したオーマンディ=フィラデルフィア管とのステレオ盤(CBS)が、最もバランスよく仕上げられた出色の一枚といえる。

筆者が学生のとき、焼き肉の臭いが立ち込める渋谷駅近くの名曲喫茶で、耳にタコができるほどリクエストして聴いたのがオイストラフ盤だった。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

肉厚の音でドラマチックに弾き上げる厳しいスタイルは、この作品のイメージを作り上げたともいわれ、懐の深い “大家の弓さばき” を存分に堪能させてくれる。

「オイストラフのいちばん脂の乗り切っていた時代の演奏である。それだけに彼はこの曲では音楽を完全に掌中に収め、余裕をもって全曲をひきあげている。おそらく、その質の高さからいったら、この演奏は、まずトップ・ランクにあげられよう。とくに劇的な変化をつけた第1楽章と、土俗的な感じをうまく表出した第3楽章がみごとなできばえを示している。オーマンディの棒も老巧で、北欧的叙情が全編にあふれた名演奏である。これはぜひコレクションに加えるべき1枚だ。」 志鳥栄八郎氏による月評より 13AC292、『レコード芸術』通巻第328号、音楽之友社、1978年)


「ヴァイオリンという楽器がもつ限りない表現力に圧倒される破格の名演である。オイストラフが最も充実していた時期の録音で、向かうところ敵なしの状況下の自信に満ちた演奏ではあるが、この恰幅のよい、男らしい表現は前人未踏の境地であり、ヴァイオリンの新たな可能性を切り開いた画期的録音として今なおレコード史上に君臨している。しかも、この演奏には、曲に込められた寂寥感や幻想味といったものも心憎い巧さで盛り込まれており、味わいの豊かさの点でも申し分ない。オーマンディの指揮も充実、平板に陥ることなく、演奏をドラマティックに盛り立てて聴き手を離さない。」 『クラシック不滅の名盤800』より諸石幸生氏による、25DC5222、音楽之友社、1997年)



第1楽章 アレグロ・モデラート
sv0095e.jpg分奏弦の靄の中から現れる独奏ヴァイオリンが北欧の冷たい空気を運んでくるようで、冴え冴えとしたダブルストッピングの上昇フレーズや、総奏の一撃につづくカデンツァ的な走句など、早くも炸裂するオイストラフの名人芸にゾクゾクしてしまう。

激しい気魄で分散和音を揺さぶりながら、第2主題部へ上り詰めるオクターヴの跳躍の頂点(75小節)の“決めどころ”は大家の貫禄充分で、その息をのむ緊迫感は圧巻である!
TOWER RECORDS  amazon

sv0095f.jpg音量ゆたかな弦楽とメロウな木管を明滅させながら、第2主題を巧みに導くフィラデルフィア管のやわらかなサウンドも特筆モノで、これを受ける独奏がラルガメンテの第2主題(102小節)を情熱的に歌い上げてゆく。

凍てついた大地を踏みしめるように、雄大に、しかもフレーズを強靱な緊張感のうちに歌わせる芸風はオイストラフの自家薬籠中のものといってよく、引きしぼるような弓使い によって楽器が震えるように鳴りきっている。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0095l.jpg

sv0095g.jpgアレグロ・モルトの総奏(第3主題)は、フィラデルフィア管が「ここぞ」とばかりに力強い管弦楽で高揚する「顔に自信なし、中味に自信あり」というオーマンディは、“合わせもの”では抜群の技量を発揮する。

しかも作曲者から 「最高の解釈者」 としてお墨付きをもらったシベリウスの作品となれば“鬼に金棒”。木管の副主題(147小節)からピタリと決まったテンポで走り出す絶妙の音楽運びに、思わずCDを指揮したい衝動にかられてしまうのは筆者だけではないだろう。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

いよいよ、オイストラフの超絶技を知らしめるのが、展開部のモデラート・アッサイ(223小節)。空気を切り裂くように、目の覚めるような3オクターブで跳躍するカデンツァ的なパッセージで、ロシアの巨匠は究極のワザを披露する。嵐のような総奏に対峙する独奏ヴァイオリンが、3オクターブの分散和音で華麗に動き出すところが最大の聴きどころだ。
sv0095m.jpg

sv0095h.jpgオイストラフが持ち前のヴィルトゥオジティをいかんなく発揮する長大なカデンツテァ(234小節)もすさまじい。腹に響くようにG線を強く鳴らし、緩急自在のテンポによって決然と、しかも確信を持って弾き上げるところは巨匠の面目が躍如する。

ことに、バッハの無伴奏ソナタを思わせるポリフォニックな重音パッセージの劇的高揚感とスケール感は冠絶しており、強靭かつ瑞々しい巨匠の弓さばきを心ゆくまで堪能させてくれる。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ファゴットの仄暗い第1主題に独奏が分散和音で絡みつくアレグロ・モデラート(271小節)も聴き逃せない。粘着力のあるフレージングによって、高いG音に上り詰める張り詰める緊迫感や、「これでもか」と弓に圧力をかけてG線上で思いの丈をぶちまける第1主題(再現)など、音楽を自分の元へ「ぐい」と引き寄せ、強い主情を盛り込んでゆくオイストラフの濃厚な表現力と感情移入のすさまじさに圧倒されてしまう。


第2楽章 アダージョ・ディ・モルト
sv0095c.jpg独奏のロマンツァは、深い瞑想的な気分の中で、巨匠がフレーズに深い意味を持たせて北国の詩情を綴ってゆく。

ヴィブラートをたっぷりかけた肉厚の音は脂の乗った“大トロ” のようで、息の長いフレーズに切々たる情念を宿し、しかも意志的な力で崇高に歌い込んでゆくところはオイストラフの真骨頂。

TOWER RECORDS  amazon

sv0095d.jpg分厚い管弦楽が立ち上がる中間部(25小節)は、ぴんと張り詰めたアルペジオ、ぐいぐい弾き切る分散和音、打ち震えるようなモノローグなど、巨匠が全身全霊を傾けて凛烈な情景を綿々と織り込んでゆくところがじつに感動的で、音楽は厳しい思念で貫れている。  TOWER RECORDS

木管が主題回帰する頂点(42小節)で、独奏が対位的なトリルで彩りながら高揚してゆくところは感涙極まる名場面といってよく、弓で抉るように情念を込めて3連音の対位フレーズを弾きぬくところは、まさに “一弓入魂”
sv0095n.jpg


第3楽章 アレグロ・マ・ノン・タント
sv0095i.jpgティンパニと低音弦がリズミカルなリズムを刻むポロネーズ風のロンド主題は、快適なテンポにのった歯切れの良いフレージングが絶妙で、弾き飛ばしたような粗さを感じさせず、技巧的な跳躍パッセージをいとも鮮やかにさばくオイストラフの名人芸が冴え渡る。

聴きどころは民族舞曲風の第2主題(44小節)。溌剌と躍動する管弦楽に応えるように突入するダブルストッピングの独奏部(64小節)は、巨匠が 「ガッ」と弦を噛むような歯ごたえのあるフレージングによって、ラプソディックな名旋律をツボにはまったように歌い出す。  TOWER RECORDS  HMVicon

深い間合いと呼吸を感じさせる絶妙のアインザッツと、情感をたっぷり込めた土臭いフレージングは、広大なウクライナの大地を思わせるものだ。
sv0095o.jpg

sv0095j.jpg第2主題部の再現(168小節)も聴き逃せない。ここでは木管がオクターブで主題を先導するが、その裏で独奏楽器が装飾的なトリルで彩ったあとにフラジョレットの対位旋律を紡いでゆく(181小節)。

まるで口笛を吹くような軽いメロディーにもかかわらず、何かに急き立てられるようなピンと張り詰めた雰囲気を漂わせているところは、巨匠の奥義を開陳した名場面。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

重音奏法で「がっつり」とラプソディを弾き上げる主題展開(196小節)もスケール感と力感を前面に押して、楽器が鳴りきっているのが凄い。

sv0095k.jpgオイストラフは体の大きな逞しい人で、ヴァイオリン(1702年製コンテ・デ・フォンターナ)をおもちゃのように扱ったといわれるが、弓が弦に喰らい付くような感触は聴き手に確かな手応えを感じさせてくれるもので、オイストラフらしい豪放な力感と激しい情熱が込められている。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

第1主題のポロネーズ風リズムが管弦楽に帰るといよいよ音楽は最後の山場(229小節)がやってくる。独奏が3連重音で弾きぬく力ワザと、急迫場面の劇的緊張感は無類のもので、コーダ(237小節)で巨匠が見せる“オクターブの重音跳躍”の大技は、闊歩するようなスケール感と激しい気迫が前面に立ちはだかり、有無を言わせぬ説得力で全曲を締め括っている。

逞しい表現力と根太い音で聴き手の心を鷲掴みにする聴きごたえのある一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2017/07/29 ] 音楽 シベリウス | TB(-) | CM(-)

セル=クリーヴランド管のハイドン/交響曲第94番「驚愕」

sv0094a.jpg
ハイドン/交響曲第94番ト長調「驚愕」Hob.Ⅰ-94
ジョージ・セル指揮 
クリーヴランド管弦楽団
Recording: 1967.5.5 (Sonny)
Location: Severance Hall, Cleveland
Disc: SONY 88697687792
Length: 24:05 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


ジョージ・セルはハンガリー生まれの指揮者で、1946年にクリーヴランド管弦楽団の音楽監督に就任するや、ドライステッィクな改革と徹底したトレーニングによって1シーズンのうちにそのサウンドを一新させた。それまでプロヴィンシャル(地方オーケストラ)に過ぎなかった楽団を、一躍 “ビッグ5” の地位に引き上げた。

sv0094b.jpgセルは個々の奏者に完成度の高い技能を要求するにとどまらず、均質な響きを持った高度な室内楽的アンサンブルをオーケストラに拡大したような演奏を理想とした。

その完成度の高さは “セルの楽器” とまでいわれ、合奏能力に驚愕したカラヤンがザルツブルク音楽祭でクリーヴランド管を一晩指揮させてほしいと願い出たほどだ。

TOWER RECORDS  amazon [SACD]
「じつは、マエストロにお願いがありまして・・・(へこへこ)」(フォン・カラヤン)
「なんだね? ヘルベルト」(セル)


「それにしても、クリーヴランド管弦楽団というのは、物凄い管弦楽団である。ことに弦の良さは言語に絶する。第1ヴァイオリンからコントラバスにいたるまで、およそこれほどはっきりしていて、しかも良く響く音で、均質化された性能をもったものは、アメリカにもヨーロッパにもかつてなかったのではないか。これは表面だけの艶と磨きのかけられたオーマンディのフィラデルフィア管弦楽団とは、ちがうのである。」 吉田秀和著 『世界の指揮者』より、筑摩書房、2008年)


sv0069c.jpgセル=クリーヴランド管の究極の合奏美を堪能出来るのがハイドンに代表される古典作品。ぴしりと整った緻密なフレージングはもとより、弦も管も音色が見事に統一され、透明度の高い響きを実現しているのが驚きだ。

テンポの変転や抑揚はストイックといえるが、何よりも緻密なアンサンブルで聴き手を魅了し、しかも温もりのある音楽が溢れ出るところは晩年のセルならではの魅力だろう。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [SACD]

sv0069d.jpg「ビシッ!」と打ち込む緩除楽章の鋭利な“ひと突き” は聴き手を仰天させるが、それにも増して、超絶技巧を繰り広げるフィナーレの激しい追い込みは聴き手をゾクゾクさせる名人芸で、器楽演奏の妙技を心ゆくまで堪能させてくれる。

近頃、ソニー(輸入盤)から発売されたハイドン交響曲を集めたセットは “超お買い得品” といえる。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [SACD]

「セルがクリーヴランド管弦楽団といっしょに入れたレコードのすべては、現代の演奏の1つの典型的存在で、ハイドンのレコード(第93番と第94番を裏表に入れたアメリカ盤ML6406)なども名盤中の名盤である。ハイドンだけを聴かせて、現代人を心から満足させるのは容易なことではない。セルのハイドンは、そのごく少数の1つであり、私の今日まで聴いたレコードの中でいえば、おそらくフリッツ・ライナー指揮のそれとならんで、最高の列に数えられるべきものである。」 吉田秀和著 『世界の指揮者』より要約、筑摩書房、2008年)



第1楽章 アダージョ・カンタービレ-ヴィヴァーチェ・アッサイ
sv0069b.jpg導入主題のやさしい木管の問いかけと、これに微笑み返す上質の弦の応答がたまらない魅力で、ゆるやかな刻みがクレッシェンドする中から高弦がしっとりと照り輝き、高貴な気分を醸し出している。

優美なヴァイオリンの二重奏ではじまる主部は、低音弦のリズムがくわわると、「ズンズン」と重みのあるオーケストラが快適なフットワークで走り出す。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0068j.jpg

オーボエの愛くるしいオブリガートが付く40小節から、超高性能の弦楽アンサンブルが自慢の腕を披露する。8分音符の刻みと上下運動を繰り返す弦の動きは軽快さと力強さを兼ね備え、シャッキリと弾むフレージングは一分の隙もない。絹擦れのような16分音符の分散和音の美しさ が耳の快感を誘っている。

sv0069j.jpgニ短調で翳りをつける第1主題のあとにやってくる爽やかな第2主題(66小節)も聴きのがせない。

シンコペートされた内声部の正確無比な動きと、軽やかな16分音符で彩る第1ヴァイオリンのフィギュレーション、これに協動するフルート(再現部ではオーボエが美しくからむ)の華麗な舞いは、名人芸の極み としかいいようがない。
TOWER RECORDS  amazon [SACD]
sv0068p.jpg

コデッタ主題(80小節)の気品のある歌い回しも抜群で、愛嬌たっぷりにハネる弦と戯けたような木管のトリルなど、ほどよきバランスでユーモアを上品に配するあたりは、セルの作品に対する敬愛を感じさせてくれる。豪壮なユニゾンで締め括る終止のたっぷりとした弦楽サウンドの心地よさ といったら![提示部リピートあり]

sv0094c.jpg展開部(108小節)は、セルは荒ワザを仕掛けることなく、GからAに変わったティンパニの連打でアクセントを克明につけて、調和と均衡の取れたバランスを追求する。

技巧を誇示したり、音圧で聴き手をねじ伏せるような演奏とはおよそ無縁の、淡い音色と均質な響きによって楽譜をモザイク模様のように丹念に彫琢してゆくさまは “音の職人”セルの面目躍如が躍如している。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [SACD]

厚みのある内声部の弦や、木管パートの伴奏部まで明瞭に聴こえる再現部(155小節)の充実したサウンドも無類のもので、一糸乱れぬユニゾンの動きなどオーケストラをひとつの楽器のように操っているところは驚異的である! コーダのニュアンスゆたかな歌い回しと柔らかな終止和音は非情なセルのイメージからほど遠く、温雅な気分に溢れている。


第2楽章 アンダンテ
sv0094d.jpg緻密にコツコツ刻む民謡主題は、ほとんど聴きとれぬまで音量を抑え、乾坤一擲、切れのあるフォルティシモの“主和音”を「ビシッ!」と打ち込むところは、血も涙もない“セルのサプライズ” で、聴く者の度肝をぬく。

さりげない歌の中にも精緻なバランスを怠らぬ第2楽句もセルならではの芸当だろう。

TOWER RECORDS  amazon [SACD]
sv0068l.jpg

変奏部は、セルが民謡主題を卓越したアンサンブルによって緻密な彫琢をほどこしてゆく。第2変奏のピシリと整ったユニゾンと華麗なバロック調のオブリガートは、弦楽セクションの冴えた技巧の独壇場。オーボエの刻む歌と透明なオブリガートで彩る第3変奏の木管の名人芸にも魅せられてしまう。

sv0068q.jpg

圧巻はマーチ風の総奏となる第4変奏。歯切れの良いティンパニの連打と華麗なトランペットのリズムをくわえ、弦はかきむしるような力感をつけてシンフォニックに躍動する。名残惜しげなコーダの木管の侘びた風情はセルの細やかな心配りが心憎い。


第3楽章「メヌエット」 アレグロ・モルト
sv0094e.jpg速いテンポできびきびと進行するメヌエットは、清心溌剌として率直である。フォーカスを「ピシッ」と定め、正確無比に刻むリズム感が聴き手の快感を誘っている。

トリオはファゴットをくわえたアンサンブルの調和を極めたもので、その精度と透明度の高さは驚異的である! テンポを速めた再現部もフィナーレへの期待感を高めている。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [SACD]
sv0068m.jpg


第4楽章「フィナーレ」 アレグロ・モルト
sv0094f.jpgセル=クリーヴランド管の言語を絶する超絶的なアンサンブルを知らしめるのがフィナーレのロンドフィギュレーションの走句によって第1主題をめまぐるしく展開するところは、クリーヴランド管の一糸乱れぬ弦の早ワザに腰をぬかしてしまう。 
TOWER RECORDS  amazon [SACD]

セルは、ここまで完璧なアンサンブルを貫徹するのに弦楽四重奏でなければ到底不可能な、いわばオーケストラ演奏の臨界線を超えた領域に踏み込んで勝負する。

sv0068n.jpg

sv0094g.jpg合奏の心得のある者にとってみれば、こんなオーケストラがこの世に存在する事自体が恐怖だろう。

音符を音化するメカニックな精度の上に、躍動、感興、愉悦、熱気といったあらゆる要素がくわわった究極の合奏美を “セル室内楽団” は披露する。

TOWER RECORDS  amazon [SACD]

「セルのアンサンブルの理想-合奏の完璧さと、室内楽的バランスの精密の理想は、単純で平面的な機械的正確さとはちがうもので、その土台になっている管弦楽の各セクション、つまり弦、木管、金管、打楽器などで運動の柔軟性と同時に等質性の追求である。これが彼のハイドンやシューマンをあんなにすばらしいものにするのである。」 吉田秀和著 『世界の指揮者』より要約、筑摩書房、2008年)


sv0094h.jpg展開部(104小節)では、セルが対位法的な楽想をメカニックに分解する。分散和音を内声部にまで拡大した各パートの動きを透かし彫りのように可視化してゆくところは、 “オーケストラのための協奏曲”を聴いているような錯覚にとらわれてしまう。  TOWER RECORDS [SACD]

ト短調で翳りをつける154小節では愉しい気分をきっぱりと排し、厳正な棒さばきによってクールに突き進むところは、聴き手に媚びぬ厳しさに貫かれている。

愉しい気分が戻ってくる再現部(182小節)は、ティンパニがくわわるコデッタ(226小節)がハイドンの仕掛けを楽しめる大きな聴きどころだ。第1主題のウラでほとんど聴きとれないトレモロから俊敏にフォルテの連打で乱入する鋭い“不意打ち”は、なるほど、セルらしい “もう一つのサプライズ”

sv0094i.jpg16分音符の激しい分散和音で駆け出すコーダは、もはや人間離れした玄人集団のウルトラCとしかいいようがなく、整然としたフレージング、切れのあるフィギュレーション、引き締まった和音打撃がゾクゾクするような興奮を誘っている。  amazon [SACD]

弦をひっかく音が聴こえるフィニッシュの猛スピードの追い込みは肌が粟立つ凄まじさで一点の濁りもない緊密なアンサンブルに心ゆくまで酔わせてくれる。オーケストラ演奏の極限を追求した空前絶後のハイドンだ!


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加





[ 2017/07/15 ] 音楽 ハイドン | TB(-) | CM(-)