バレンボイム=シカゴ響のシューマン/交響曲第4番

sv0077d.jpg
シューマン/交響曲第4番ニ長調 作品120
ダニエル・バレンボイム指揮
シカゴ交響楽団
Recording: 1975.3.28 Medinah Temple, Chicago
Recording Producer: Günther Breest (DG)
Recording Engineer: Klaus Schaibe
Length: 28:40 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


この全集アルバムはかつてLPで一度発売されただけでオクラ入りし、長らく日の目を見なかった珍しい音盤である。当時(1978年)はベーム、カラヤン、バーンスタインといった指揮者が現役でバリバリやっていた頃だったから、バレンボイムなど駆け出しの小者扱いされて影が薄かったのは無理からぬことといえる。

sv0061q.jpgシューマンの〈交響曲第4番〉といえば、いかに天才バレンボイムといえども、目の前に立ちはだかる大きな壁がある。万人が認めるフルトヴェングラーのグラモフォン盤(1953年)だ。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

フィナーレ開始の、弦のさざ波がクレッシェンドしていく中から崇高なファンファーレが勇躍して立ち上がる“あの名場面”を一度でも耳にすれば、その呪縛から逃れることが出来ないのは筆者だけではないだろう。

「第4交響曲など、レコードできくとなれば、古くさいけれど、フルトヴェングラーのを、やっぱり、きいてしまう。この曲で特徴的な、終楽章に入る前の長い経過をはさみながら、次第にクレッシェンドしてゆくところなど、フルトヴェングラーのそれは、正にうってつけだった。精神的緊張が官能的陶酔を生み、その上、そこには一種神経症的な痙攣とほんとんど隣りあわせといってもよいような神経質な戦慄の味わいさえまざっていた。」 吉田秀和著『レコード音楽の楽しみ』より、音楽之友社、1982年)


sv0061p.jpgフルトヴェングラーを他の誰よりも崇拝し、その演奏解釈を賛美してやまないバレンボイムは、1954年ザルツブルクで死の1ヶ月前の巨匠と会い、「11歳にして驚異的だ!・・」との賛辞をもらっている。

その後、指揮者としても成功をおさめたバレンボイムのドイツ音楽への傾倒ぶりと、テンポ・ルバートを多用するロマンティックな演奏スタイルは他の追随を許さない。
TOWER RECORDS  HMVicon

sv0106a.jpgそのバレンボイムがシューマンの交響曲を演奏するとなれば、フルトヴェングラーを意識せぬはずはなく、史上最強のヴィルトゥオーゾ楽団を指揮したバレンボイムが、果たして巨匠を彷彿とする演奏をアナログ完成期のステレオ録音によって再現してくれるのか、聴き手の興味はまさにその1点に尽きよう。



「バレンボイムのシューマンは、ちょっときくとドイツの伝統様式を踏襲しているように思われるが、実は精神構造と感覚においてドイツとは何の関係もなく、そこに新しさと弱さがある。第4番は夢幻的な情緒の表出という意味では不満が残るが、シューマンのスコアがリアルに音にされたおもしろさがあり、それがバレンボイムの主張と感じられる。」 小石忠男氏による月評より、15MG3075、『レコード芸術』通巻第417号、音楽之友社、1985年)


「バレンボイムの天才的ともいえる音楽性を感じさせる演奏である。第4番は、暗い情念に満ちた音楽を、楽譜の隅々を掘り起こす鋭い筆致で描き上げている。このオケの力強い響きにこれほどに柔軟な表情を与え得たのは、尋常ならざる力であったと言うべきであろう。」 根岸一美氏による月評より、POCG4049、『レコード芸術』通巻第527号、音楽之友社、1994年)



第1楽章 かなりおそく ニ短調
sv0040j.jpgゆたかなオーケストラ・サウンドをなみなみと注ぐ導入部は、デュナーミクの幅をたっぷり取り、強い筆圧で高潮する。

神秘の中に潜む憧れと苦渋、そこから湧き上がる闘争的な精神を聴き手に予感させるか否かは別として、濃厚なロマンを充溢させながら入念に弦を練り回して主部へ突入するストリンジェンドのスケール感はフルベンを思わせるものだ。
TOWER RECORDS  amazon

主部(提示部)は、見得を切るような和音の打ち込みがいかにもフルベン流。若きバレンボイムは気負いからか、前のめりになって前進するが、聴き手に印象づけるのが「変ホ音」の斉奏で突入する展開部(87小節)。天啓のごとく聴き手に強烈なインパクトを与える巨匠の“警告的な宣言”の向こうを張るように、骨の太い威嚇的なブラスを極限まで引き伸ばすフェルマータが途轍もない緊迫感を生み出している。

sv0077e.jpg聴きどころは、弦の下降トレモロが管の跳躍動機へと雪崩れ込む121小節で、ユニゾンで刻み返すメカニックな弓さばきは、モノラル盤では絶対に味うことの出来ない解像度の高さがある。

パンチの効いた管弦楽も痛快で、“弦付きブラバン”の異名をとる楽団ならではのマッシヴな手応えは、シカゴ教(響)信者にはたまならい魅力だろう。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

歌謡風の第2主題も聴きのがせない。第1ヴァイオリンが「ハ音」のフェルマータの後に、少しためらうように歌い出す147小節、「変ホ音」にしっとりと艶をのせてウェットに歌い上げる221小節のフレージングの美しさは格別で、深沈とたゆたう主題変容はロマンの精髄を極めた感があろう。
sv0061s.jpg

sv0077f.jpgバレンボイムが荒ワザを仕掛けてくるのは低音弦から順次駆け上がるフガートと和音打撃を激しく繰り返す285小節で、フルベン流のアッチェレランドで聴き手の興奮を喚起する。

その頂点で歌謡主題の視界を鮮やかに切り開く見通しの良さもさることながら、威風堂々と確信を持って突き進む音楽は勇壮な気分に充ちている。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

「フルトヴェングラーは、私にとって音楽作りのあらゆるすぐれた面の表象なのです。そして至高の再創造芸術の表象なのです。フルトヴェングラーにおけるテンポの変化は気紛れではなく、自己陶酔でもありません。そこには常に意味があり、楽章における有機的な必然性を強調するためでもありました。」 ダニエル・バレンボイム語る~『レコード芸術』通巻第355号より、音楽之友社、1980年)


「フルトヴェングラーの真似をしてはいけない。あの人の芸は真似できない。真似をすれば偽物になるだけ。偉大な演奏家というのは一種の麻薬みたいなもんじゃ。」(朝比奈隆)



第2楽章 ロマンツェ かなりおそく イ短調
sv0077g.jpg中世のバラードを訥々と奏でるオーボエとチェロの寂びた味わいは格別のもので、深い瞑想の中から情念が迸るようなフルベンの濃厚さはむしろ控え、虚静恬淡な歌い口によって音楽が淀みなく流れてゆく。

中間部の独奏も太い音によって聴き手の心を揺さぶるフルベン盤に比べればあっさりしているが、後半部(35小節)のコクのある低音弦や、再現部の物憂げでロマンティックな情趣はバレンボイムの面目躍如たるところだ。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0061t.jpg


第3楽章 スケルツォ いきいきと ニ短調
sv0077h.jpg威厳に充ちた闘争精神と夢幻的な詠嘆を巧みに織り交ぜるフルトヴェングラーに対し、バレンボイムは豪壮で強圧的なジャーマン・サウンドによって、強固な意志を提示する。

カノン進行とシンコペーションを組み合わせた楽句を、切れの良い棒さばきで急迫的に追い込むところはバレンボイムの真骨頂。じっくりと歌い込んだ2つのトリオとコラール風の静けさの中で、来たるフィナーレへの期待感を大きく高めている。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


第4楽章 おそく ニ短調
sv0040g.jpgなみなみと湧き上がる弦楽の壮大なトレモロの中から、泣く子も黙るシカゴ・ブラスのファンファーレが「がっつり」と立ち上がる導入部は聴き応え充分。

パワフルなホルンが3連音で駆け上がるところは、腕の鳴る猛者たちが崇高なフルベン盤を蹴散らして「俺たちが神さまだぜ!」と云わんばかりの存在感を示している。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

主部はバレンボイムが切れのある打撃を打ち込んで、力強く突き進む。鋭いリズムで名人オーケストラを自在にドライヴするさまは痛快きわまりなく、駆け走るように颯爽と捌く第2主題は若々しい覇気に溢れんばかり。付点リズムと低音弦から駆け上がるフガート展開名人オーケストラのパワーが全開で、これがゾクゾクするような興奮を誘っている。

sv0106b.jpg警告的な和音で突入する展開部は、リズムの対位を伴った第1主題の断片をフガート的に畳みかけるところが聴きどころで、「これでもか」とアッチェレランドの手を緩めぬバレンボイムの切れのある棒さばきに鳥肌が立ってくる。

その頂点(104小節)で、4本のホルンの勇壮なテーマが「ここぞ」とばかりに立ち上がる名場面は身の震え上がるような高揚感が湧き上がり、役者をそろえたこの楽団の最高度のパフォーマンスに酔わせてくれる。


バレンボイムがアクセルを踏むのは再現部の小結尾(168小節)から。爆発的な和音のクレッシェンドから第2主題を導いてエネルギッシュに走り出す。フルベンなら196小節あたりから無我夢中に荒れ狂うところだが、バレンボイムは熱くなりすぎない。

sv0061x.jpg

sv0106c.jpgストレッタで見せる威風堂々とした気風と筆圧の強い管弦楽で畳み込んでゆくが、仕上げのプレストでシカゴ響の強大なパワーを爆発させ、これを誇らしげに開陳する。

鬼に金棒とはまさにこのことで、史上最強の楽団を自在に操るバレンボイムがフルベンの神技に対抗するかのように、電光石火の速ワザをやってのけるところに快哉を叫びたくなる。

「ざまあみやがれ!」とばかりにとどめを打ち込む痛烈なバス・トロンボーンが名曲を力強く締め括っている。

バレンボイムが覇気にとんだ若々しい感覚で仕上げた必聴の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2018/01/13 ] 音楽 シューマン | TB(-) | CM(-)