アンセルメ=パリ音楽院管のシェエラザード

sv0088h.jpg
リムスキー・コルサコフ/交響組曲〈シェエラザード〉op.35
エルネスト・アンセルメ指揮
ピエール・ネリニ(solo Violin)パリ音楽院管弦楽団
Recording: 1954.9 La Maison de la Mutualité, Paris
Recording Producer: Victor Olof (DECCA)
Recording Engineer: James Brown
Length: 41:50 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


スイスの巨匠エルネスト・アンセルメが、フランス、スペイン音楽とならんで最も得意としていたのがロシア音楽で、中でも《シェエラザード》アンセルメ十八番の演目だ。アンセルメの指揮した演奏は4種のレコードがのこされているが、1954年のパリ音楽院盤は同曲最初のステレオ録音とされる。

「ステレオ録音盤で最初の《シェエラザード》で、当時はとにかく左右のスピーカーから違う音が出てくればステレオだ。しかし、この演奏、オーケストラが一列横隊に並んでいると言われたりしましたね(笑)」(小林利之氏)。「確かに平面的。そのかわり左右の広がりはすごかった」(宇野功芳氏)。 「現代名盤鑑定団37」より、~『レコード芸術』通巻第628号、音楽之友社、2003年)


sv0114a.jpgアンセルメの《シェエラザード》といえば後年のスイス・ロマンド盤が有名だが、このパリ音楽院管弦楽団との旧盤は、兎にも角にもこの時代のフランスの楽団にみられたクセのつよい管楽器が特徴だ。

何よりも個性的なのが20世紀初頭から伝統的に用いられていたフランス式バソンやピストン式フレンチホルンに代表される管楽器の音色にあった。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0114b.jpg首席ホルン奏者のリュシアン・テーヴェやジョルジュ・バルボドゥに代表される一世を風靡した名手たちの繰り出す管楽器の華麗な立ち振る舞いがこの盤の最大の魅力で、独奏のの美しさや合奏の煌びやかさなど、この時代の同楽団ならではの名人芸が繰り広げられている。

紋切り調でサラっと流しながらも、独奏パートでは手綱をゆるめてソロ奏者の妙技を引き立たせているのもアンセルメの上手いところで、奏者たちが自由に歌いまわし、その腕前をあますところなく披露している。  amazon

アンセルメはコンサートで、この曲を一千回以上も指揮をしたと伝えられているが、王妃シェエラザードがトルコの暴君シャリアール王に一千一晩にわたって語りきかせた物語を、スイスのアンセルメ翁がお洒落な音色と語り口によって描いた音の絵巻物といえる。


第1楽章 「海とシンドバッドの船」 ラルゴ・エ・マエストーソ
sv0114c.jpg王妃シェエラザードの語りをあらわす独奏ヴァイオリンは、ネリニの弁舌さわやかな3連音フレーズが印象的で、冴えた高音とフォーカスの定まった音程に魅せられてしまう。

シュヴァルベ、クレバース、スタリーク、グリューエンバーグ、ヨルダノフ、キュッヒルといった名うてのコンサート・マスターたちの演奏と比べても遜色なく、清新な歌い口と小粋なフレージングは群を抜いている。
amazon

主部は大海原の情景。シャリアール王の主題が〈海の動機〉となって、アンセルメは清風にのったセーリングのような爽やかな航海をやってのける。さっぱりと捌く弦のフレージングやサクサクとした軽妙なリズム打ちは、ねばりを入れてこってりと味付けるロシアのスタイルとは一線を画したものだ。

sv0114k.jpg

sv0114d.jpg船の主題〉(70小節)はフルートの繊細な味わい、「こだま」のようなホルン、〈シンドバッドの旋律〉を歌うチャーミングなオーボエ、とろけるようなクラリネット、優雅なチェロの波打ちといったデッカの“音のご馳走”が満載で、これらが宝石のように散りばめられている。

波間にたゆたう独奏ヴァイオリンのエレガントなフレージングや、3連音動機が展開するオーケストレーションの華やかさにも耳をそば立てたい。  amazon

大きな聴きどころは〈海の主題〉の再現(114小節)で、冴え冴えと響くブラス、さわやかに打ち寄せる弦の波、シャッキリと打ち込む和音打撃など、煌びやかな管弦楽の粋を心ゆくまで堪能させてくれる。

とりわけトランペットが強烈なヴィブラートをかけて放歌高吟する主題の展開(201小節)は眩暈がするほどで、高音域の輝きと艶をはなつ管楽器セクションの瀟洒な響きに酔わされてしまう。


第2楽章 「カランダール王子の物語」 レント
sv0114e.jpgここでも冴えた高音を聴かせる独奏ヴァイオリンや、うらぶれた情感を醸し出すフランス式バソン、チャルメラのように歌い回すフレンチ・オーボエなど、個性的な音色とよろめくような節回しで歌い継ぐところは魅力たっぷりだ。

〈シェエラザードの主題〉の小粋で颯爽としたアンセルメの足取りも印象的で、物憂げなチェロの問いかけに、オーボエとホルンがしとやかに応答してゆくところはエレガントの極みといえる。

sv0114l.jpg

sv0114f.jpg〈王の怒り〉をあらわす第2主題(中間部)はザリザリと凄まじい音をたてて削る生々しい低音弦や、ミュートを装着したトランペットのカップが震える音に仰天してしまう。

見得を切るように突入するテンポ・ジュストも芝居気たっぷりで、トロンボーンとトランペットの派手な打ち合いを皮切りに、パリ音楽院の華麗なるブラスの饗宴をとくと堪能させてくれる。パンチの効いたトランペットの衝撃感と目の覚めるような高音は驚異的だ!

カデンツァの妙技も聴き逃せない。「ここぞ」とばかりに腕をふるうクラリネットとファゴットの独奏をはじめ、濃淡を付けた伴奏弦の生々しいピッツィカートや目も眩むような色彩感のある管楽器など、まばゆいばかりに輝く鮮烈な音場に酔わされてしまう。冴えたピッコロや鮮やかなハープのアドリブが目の前に浮かび上がるシーン(421小節)は録音芸術が極まった感があろう。


第3楽章 「若き王子と王女」 アンダンテ・クワジ・アレグレット
sv0088g.jpg王子が愛を告白するロマンティックな主題をアンセルメは淡い色調でエレガントに歌い出す。

濃厚な節回しやルバートを多用せず、サラリと流す歌い口はアンセルメの得意とするところで、孔雀が羽を広げたような装飾句をデリケートな弱音によって、ごく控えめに盛りつける品の良さ。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

中間部は、小太鼓のリズムに乗った〈王女の舞曲〉(第2主題)。王女が王子の求愛に答える喜びの場面で、チャーミングな木管に艶をのせた弦がしっとりと歌い返すところはロマンテックな気分がいやがおうにも高まってくる。

sv0114m.jpg

sv0114g.jpgピッコロ、タンブリン、トライアングルがくわわった異国情緒あふれる管弦楽に、メタリックなトランペットが打ち込まれる華やぎのある音場(123小節)も特筆されよう。

主題再現(127小節)のすすり泣くような弦のカンタービレもたまらない。シェエラザードのアルペジオに木管が美しく絡みつくところは“涙もの”で、クマライマックスで独奏ヴァイオリンが艶をたっぷりのせて歌い上げる〈愛の成就〉の(154小節)の高揚感といったら!
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


第4楽章 「バグダッドの祭り、海、船は青銅の騎士のある岩で難破、終曲」
sv0114h.jpg主部は〈バグダッドの祭り〉。祭りの気分が軽快なフットワークによってサクサクと歯切れ良く展開する。

〈カランダール王子の主題〉に転換する場面(105小節)で目の覚めるようなトランペットが見得を切るように打ち込む音場の鮮やかさや、木管がリズミカルにひた走る快適な進行に思わずゾクゾクしてしまう。嵐の到来を告げる展開部(180小節)は、いよいよオーケストラが本腰を入れて吼えかかる。
amazon  HMVicon
sv0114n.jpg

sv0114i.jpg〈海の主題〉の爆発的な総奏(274小節)を皮切りに、煌めくように踊る木管、バリバリと打ち放つ腰の強いトロンボーン、シャッキリと打ち込む和音打撃など、切れば血の出る鮮やかさ〈バグダッドの祭り〉が描き出されてゆく。

最大の山場はピッコロが韋駄天走りで突進するピウ・ストレット(496小節)。低音弦が躍動感たっぷりにクライマックスへ向けてひた走るところは聴き手の興奮を誘う聴きどころだ。
amazon  HMVicon

sv0114j.jpgブラスの強奏は耳が痛くなるほどで、〈海の主題〉にヴィブラートを効かせ、強烈なハイトーンで放歌高吟するトランペット(598小節)が抜群の存在感を示している! 

船が大破し撃沈するとどめのファンファーレ(621小節)は、金管の音色にうるさい巨匠も奏者に下駄を預けてやりたい放題。耳に突き刺さるようなブラスの刺激的な音場は「ほんまデッカ?」と耳を疑いたくなる。
amazon

1964年、アンセルメは単身来日してNHK交響楽団交響楽団を指揮した。このときの記者会見は実に痛快だった。ある記者の「日本のオーケストラはいかがですか」という質問に、「だめですね。音がきたない。楽器を全部取り替えなければ。特に金管はね。オーケストラは、いつも美しい響きで鳴らなくては」。この歯に衣を着せぬ答えに、関係者は真っ青になった。 『志鳥栄八郎のディスク手帳』より 音楽之友社、2000年)


嵐は静まり、低音弦で出す〈シャリアール王の主題〉は次第に怒りを解き、独奏に溶け合いながら淋しげな面もちで消えてゆく。名残惜しげに奏でるシェエラザードの詩情味ゆたかな調べが感動的だ。1950年代のパリ音楽院管弦楽団の管楽器の冴えた音を明瞭なステレオ録音で堪能出来るお買い得の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 2018/05/12 ] 音楽 R.コルサコフ | TB(-) | CM(-)