カルロス・クライバーの《こうもり》序曲

sv0032a.jpg
ヨハン・シュトラウスⅡ/喜歌劇「こうもり」序曲
カルロス・クライバー指揮
ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
Recording: 1989.1.1 Musikvereinsaal, Wien (SONNY)
Sound Recording: UNITEL
Producer: Helmut A.Muhle
Length: 7:46 (Stereo Live)
amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


1939年にクレメンス・クラウスの指揮ではじまったニューイヤー・コンサートは、毎年元旦(現地時間の正午)にウィーン楽友協会から世界各国にテレビ中継される一大イベントだ。

sv0032j.jpgカラヤンが登場した1987年以降は指揮者が毎年変わり、名指揮者が続々と指揮台に登場。ハイビジョン映像とは別に、高音質のFM放送の生中継をエアチェックすることが筆者の楽しみになっている。
ニューイヤーの中から極めつけの演奏を選ぶとなると、筆者は迷わず1989年にカルロス・クライバーが世界中の聴衆を虜にしたコンサートを採る。

amazon  TOWER RECORDS

カルロスの本領はポルカ系にあるといわれるが、敢えて一曲というならポルカやワルツをポプリ調に散りばめた《こうもり》序曲。これを他の指揮者と比べて“こうもり対決”を楽しみたい。《こうもり》をニューイヤーで指揮したのは、1980年以降では次の6人。

ロリン・マゼール(1980年)
sv0032b.jpgマゼールがこの年からレギュラーになったのは、ボスコフスキーが病気のため代役として登場したのがきっかけという。

固い和音打撃の叩き込みから繰り出すリズムの切れ味は抜群で、ヴィオラの刻みひとつをとっても、微に入り細を穿つ棒の振り方は今聴くと新鮮で、玄人受けする演奏ではないかしら。切り刻むような付点の処理や、明確な打点拍節感のある中間部のワルツは鬼才マゼールの独壇場で、ウィーンフィルに歌う隙を与えない

amazon  TOWER RECORDS

アンダンテ(201小節)やテンポ・リテヌート(280小節)は、作り物めいたアゴーギクは「エモンカケを通したままで背広を着込んでいるような」(志鳥栄八郎氏)風体で、ウィーン特有の訛りを殺しているのが“クセ者”マゼールらしい。

ポキポキと拍を刻む精密なタクトと、せかせかと先を急ぐようなメカニックなフレージングによって畳み込む終結部(316小節)は後腐りがないが、 どこか味気なさがつき纏うのがマゼールの“器用貧乏”たるゆえんだろう。グラモフォンも84年以降は録音をやめてしまったが、老獪なワザ師として悪戯にふける96年以降の姿よりは生真面目といえる。


ヘルベルト・フォン・カラヤン(1987年)
sv0032c.jpgキャスリーン・バトル(独唱)を起用したことや、カラヤン得意の横からのカメラアングルと仄暗い照明も異例のことで、会場にはエリエッテ夫人と娘の姿も見られる。

シンフォニックでゴージャスな開始の響きがカラヤンらしく、ウィーンフィルらしい柔らかなフレージングと妖艶ともいえるワルツの妙味は極上のものだ。愛嬌たっぷりのオーボエ、コクのあるチェロの歌はもとより、トリラーひとつをとっても洒脱軽妙な“粋”が散りばめられているところは、生粋のオーストリア人カラヤンの面目が躍如している。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

sv0032d.jpgメノ・モッソの甘美な歌(75小節)、パウゼをほんとど感じさせない絶妙のワルツ、情感たっぷりに揺れるアンダンテは“カラヤン節”によってウィーンの香気が溢れんばかりで、郷愁をそそるオーボエの一節(218小節)など涙もの。

テンポ・リテヌート(280小節)の語り口の上手さもツボを心得たもので、ごく自然に振る舞いながら大きく見得を切る終結部の減速感(372小節)が聴き手をゾクゾクさせる興奮を喚起するあたりは、 役者の格の違いを感じさせてくれる。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


クラウディオ・アバド(1988年)
sv0032e.jpgニューイヤー初登場となったのはアバド54歳の時。ガッシリとした総奏の固い響きと、溌剌とした指揮ぶりが印象的。

イタリア伝統のアインザッツの見事さや、メノ・モッソのオペラ・ブッファ的な歌い回しの上手さが光っている。ワルツは直線的で、杭のように打ち込む強いリズムと、大きくハネ上げるタクトによって、強固な音楽をつくっている。生中継を意識してか、いつものあんぐりと口を開ける間の抜けた表情は見られない。 amazon

中間部はオッテンザマーやシュルツといった木管の名手や、オーケストラを統率するコンサートマスターのヘッツェルが一分の隙もない名技を繰り広げるが、ウィーンの情趣豊かな味わいにも事欠かない。圧巻は終結部の冒頭主題の再現からで、得意のロッシーニ・クレッシェンドが炸裂して聴き手を酔わせてくれるのがイタリア人指揮者らしく、ピウ・ヴィーヴォで見せる曲尾の凄まじいまでの加速によって、会場は興奮の坩堝と化している。
「あの人は勉強しなくなった。だから、もう招びません。」(ライナー・キュッヒル)


小澤 征爾(2002年)
sv0032f.jpgカルロス・クライバー以降は誰も振らなかった《こうもり》だが、これをオザワが挑戦。コンサートマスターにキュッヒル、隣にはホーネックが座り、ヴァイオリンを左右に分ける古典配置。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

映像では魔法使いのお婆さんが暴れているようなアトラクションを楽しめるが、ワルツ独特の微妙なリズムの揺れがうまくできず、拍を意図的にウィーン流にずらせるような、歌いきれないもどかしさがある。「振らないでくれ。点をつくるタタキは止めてくれ。弾くにくいから」(第2ヴァィオリン首席奏者ペーター・ヴェヒター)

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon [全曲収録盤]

sv0032g.jpg中間部ではウィーンフィルに下駄を預けたようなテンポ・ルバートがツボにはまり、清楚な味わいがあるのがオザワらしく、アレグロ・モデラート「ふふふ胸がわくわくする」や終結部のリズムの切れは抜群。

口をとがらせ、ぴょこぴょこと跳ねる手振りによる小股の切れ上がったピウ・ヴィーヴォの快進撃は、オザワのバトン・テクニックが痛快である。史上空前のCD売上にもかかわらず、なぜか2度目の声が掛からない。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon


ジョルジュ・プレートル(2010年)
sv0032h.jpg2度目の登場となったフランス人指揮者は、85歳という史上最高齢。ところがどっこい、この爺さん、実に精力的だ。

大きくねばりを入れるフレージングや、根本からがっつりと喰らいつくワルツのリズムからゆたかなニュアンスが迸るあたりは、この老人、只者ではあるまい。まったく棒を振らずにハラハラさせる一方で、即興的な豪打を要所でぶち込んで聴き手の度肝をぬくあたり、何をしでかすか、わかったものではない。 amazon  TOWER RECORDS

中間部のよろめくような表情豊かなルバートも個性的で、助さん、格さん(ホーネックとシュトイデ)を従え、決めどころでは葵の御紋を掲げるように“お約束の揺れ”でウィーンの聴衆を魅了するあたりは、さしずめ欧州版の黄門様。総じて紙芝居を見ているような面白さがあり、あざとい加速をかけぬ威風堂々とした終結部の棒さばきが巨匠の風格を伝えている。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon [DVD]


カルロス・クライバー(1989年)
sv0032i.jpg「冷蔵庫が空にならないと指揮しない男」(カラヤン)はキャンセル魔で知られ、契約にはキャンセルの条項がないため、年末の収録を元旦と同じように行い、エーリッヒ・ビンダー(第3コンサートマスター)とアバドを代役に控えさせるなど、“テレーズ事件”以来、神経過敏になったウィーンフィルがやきもきしながら、異常な緊張感の中で本番を迎えた。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

リハーサルでは質問を禁じる等の細かな要求を楽団に出していたというが、切れのある開始のリズムからしてクライバー独自の世界が創出される。空気の中をただようタクトによって、変幻自在のテンポ感覚と蠱惑的な響きが紡ぎ出される様は、まるで下界に降りてきた悪魔を連想させるではないか。クライバーはリハーサルで“レースのカーテンのような”軽やかさを求めたというが、この《こうもり》のゼスチャーを分析し、博士論文まで書いた人間までいるから驚きだ。

「クライバーがリハーサルで細部をチェックしていたのは、コンサートの本番では、あの舞うようなアクションで、即興的に振っているようにしか見えないような箇所の徹底確認が多かった。クライバーは、一見、フリーハンドで描いたような曲線を、どこのオケでも、どの本番でも再現しようというのである。ただし曲線は完璧な再現は不可能だから、フレーズ間のフェルマータの延ばし加減とか、キューの動作の変化等、細部に多少の違いは生じる。彼の場合、それが即興的に見えるのである。」 オントモ・ムック「クラシックディスク・ファイル」より金子建志氏による、1995年)


sv0032k.jpg大きく高揚するワルツは、1拍目を3連符のような強いアクセントを配して鋭角的に叩き込むところは余人の追随を許さぬワザの切れがあり、シンフォニックな高揚感も比類がない。腕をくるくると回した指揮ぶりも独特のものだ。「彼はクルクルパーですから」とコンサートマスターのキュッヒルは苦笑いしたという。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

sv0032n.jpg

「あの人の棒は実に判りにくいんです。クライバーの振る通りに弾いていたら、アンサンブルが滅茶苦茶になってしまう。だから、私が扇の要の役を担って全員に気を配り、彼等も私の表情や弓、身振りなどに注目しながら、お互いに音を聴き合って合奏をしているんです。私達の前で彼は無心に踊っているのだけれど、誰もそんなクライバーの棒は見ない。楽員達は皆、私の弓と背中に注目している。私の眼は吊り上がって当然でしょう。ニコニコしながらなんて、弾いてはいられませんよ。(ライナー・キュッヒル)」 中野雄著 『クラシックCDの名盤演奏家編』より、文藝春秋、2000年)


作曲者と指揮者に通うユダヤ人の血が共鳴するのか、ゆさぶりをかけて妖しげに揺れるアンダンテは、オリエンタルな風味が横溢し、チェロで歌い返すジプシー風の調べから、止めどもない哀しみと激情的な脆さが横溢する。「ロザリンデが空涙を流して『神様!なぜこんなにも私を苦しめるのですか!』と、あたかも心からの叫びのように歌い上げる-そんな大げさな感じが必要なんです。チェロのヴィブラートも同じですよ。」(クライバー) 

sv0032o.jpg
クライバー リハーサルと本番~魔弾の射手、こうもりを創り上げる若き奇才の姿[DVD]

sv0032m.jpg茶目っ気たっぷりに振る舞いながらも貴族的な気品を湛えたテンポ・リテヌートの味わいも一級品で、19世紀の宮廷的な残り香を醸し出す。

「俺はそんなにヤル気ねえんだけど・・・」とアナーキーを装いつつ、快刀乱麻を断つがとく立ち振る舞う終結部は後生に語り継がれる名場面で、 372小節の急ブレーキからみるみる加速をかける鮮やかな速攻はスリリングの極みとしか言いようがない。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

きしきしと絶叫するピッコロ、パンチの効いたブラスの衝撃感、終止打撃の切れは圧巻で、世界中の音楽ファンを魅了した空前絶後の《こうもり》だ。

指揮者年度/小節1-122-201-280-316-351-
ロリン・マゼール1980年2:424:006:006:457:218:17
ヘルベルト・フォン・カラヤン1987年2:474:046:086:567:308:32
クラウディオ・アバド1988年2:383:545:486:317:038:00
カルロス・クライバー1989年2:333:455:406:216:527:44
小澤征爾2002年2:393:575:516:347:098:04
ジョルジュ・プレートル2010年2:504:136:167:147:478:49


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2015/01/03 ] 音楽 J.シュトラウスⅡ | TB(-) | CM(-)