ネコ風邪にご用心

ネコたちが我が家に来てはや5ヶ月。2匹とも食欲は旺盛でスクスクと育ち、生後10ヶ月で5キロを超え、すっかりラグドールらしい、むくむくとした体型になってきた。しかし、ここまで順風満帆というわけではなかった。

sv0006a.jpg

じつは、昨年8月に、養子縁組が決まってから子猫たちは風邪をひいてしまい、2ヶ月ほどブリーダーさんの手元から離せない状況になってしまった。治癒ははかばかしくなく、ブリーダーさんでは別の子猫も用意できると言ってくれていたが、愛情の方が勝って、結局、風邪をひいた状態でこの子たちを迎え入れる英断をしたという経緯がある。

sv0006b.jpg

当初は、弟ネコ(ぐり蔵)1匹だけの予定だったが、兄ネコ(みる吉)が事情あって出戻りになり、おまけに風邪をひいて、これが弟ネコに感染したらしい。すでに2回のワクチンを済ませていたが、抗生物質が効かず、あとは漢方薬と目薬を与えるしかないという処方だったが、ネコ風邪は人間の風邪のように簡単に治るものではないらしく、慢性化する危険性があるのを承知の上で、仲良し兄弟を一緒に引き取った。

みる吉は青鼻をとばし、ぐり蔵は鼻水と目ヤニを出して目がぱっちりと開かず、鼻水や目ヤニを拭いてやらねばならない状態で、食事は普通に食べるものの、昼間は2匹くっついて、おとなしく寝ているだけがちょっと情けなかった。1週間ほど様子をみて漢方薬では到底回復が見込めないため、意を決して猫専門の診療所を探して連れて行くことにした。

sv0006d.jpg

診察の結果、この子たちは“かなりの重症”と診断された。すでに生後5ヶ月の成長した段階では治癒が難しいらしく、1回目と2回目のワクチンの間隔が1ヶ月以上も開いたことにも問題があり(効果がないらしい)、もっと早い段階で手を打つべきであったとのこと。完治する可能性は低く、蓄膿症のような症状が残る可能性があることは覚悟しておいて欲しい、現段階では虚勢手術も不可、と冷たくお医者さんに言われて憂鬱な気分になってしまった・・・。

ここで、「ネコ風邪」という病気を、飼い主はきちんと理解しておかなければならない。俗に「ネコ風邪」と呼ばれる猫の鼻炎・気管支炎・結膜炎といった症状は、ヘルペスウイルスによる『猫ウイルス性(伝染性)鼻気管炎』という伝染病のことで、類似症のカリシウイルスによる『猫カリシウイルス感染症』との合併症や、クラミジアによる『猫クラミジア感染症』があるという。

sv0006c.jpg

ヘルペスウイルスに感染するとくしゃみ、鼻水や、目ヤニが出て結膜炎を起こす(場合によっては失明も)、カリシウイルスに感染すると口内炎も生じるといった具合で、これらは複数のウイルスと重感染を起こして様々な病気を発症する恐ろしいウイルスだ。人間にもヘルペスウイルス感染症があり、抵抗力が低下した際に症状が悪化する病気として知られている。

やっかいなのが「ヘルペスキャリア」。これは一旦症状が消えても、ウィルスが「キャリア」として潜み、抵抗力が低下した際に再び症状が現われるというもの。つまり、ヘルペスウイルスは、免疫が作られると逃げ場を求めて細胞内に潜んでしまうたちの悪いウイルスで、免疫力が落ちると、やおら神経細胞内から出てきて悪さをはじめるという。従って『ネコ風邪』は、一度ウイルスに感染すると、これを完全に退治する事が出来ないことがわかった。

sv0006e.jpg

さて、診療所のお医者さんは、ちょっとクールな女医さんで、おべんじゃらをいうタイプとは異なり、研究熱心で客観的に診断して、攻めの姿勢によってウィルスを叩くというのが基本方針。治療法としては、抗生物質やインターフェロンの投与によってウイルスの繁殖を抑える以外に、人の「抗ヘルペスウイルス剤」を使う方法を提案してくれた。

費用がかかるので無理にはお薦め出来ないが、ヘルペスウイルスによる重症猫には有効という報告を多く聞くようになったとのことで、この際、呑気なことをいってられないので、ウィルスを一網打尽にすべく、抗ヘルペスウイルス剤をお願いすることにした。因みに1週間の2匹分の費用は、飲み薬3種、目薬、眼軟膏、用便検査・診察料と合わせて1万6千円! これを4週続けた。

sv0006f.jpg

ところが、薬を飲ませてわずか1日で、どうだろう。鼻水とくしゃみはピタリと止んで、2匹の子猫は、はまるで生まれ変わったようにドタバタと部屋中を走り回って遊ぶようになった。“劇的な回復”とはまさにこのことをいうのだろう。1週間後の再診では、ズルズルだった青っぱなが2匹ともピタリと止まったきれいな顔に、クールなお医者さんもびっくり、目を細めて喜んでくれた。みる吉はほどなく全快、ぐり蔵は目がパッチリするのに時間を要したが、なんとか1ヶ月で回復。

sv0006g.jpg

さらに1ヶ月をおいて1回目のワクチンを、10日おいて2回目のワクチンを年内に無事済ませることが出来てひと安心。やれやれ。お次は年明け早々に、2匹の虚勢手術をお願いすることになった。さあ、ラグドールの戦士のタマゴたちよ、覚悟はよいか!


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/03/30 ] ペット | TB(-) | CM(-)