アーベントロートのチャイコフスキー〈悲愴〉

sv0066a.jpg
チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調 作品74「悲愴」
ヘルマン・アーベントロート指揮
ライプツィヒ放送交響楽団
Level: Deutsche Schallplatten
Disc: KICC705 (2008/8)
Recording: 1952.1.28 Leipzig 放送局スタジオ
Length: 47:54 (Mono)
amazon


1974年にアーベントロートの一連の放送録音をおさめたモノーラルLP(全19巻27曲)が、「エテルナ」という東ドイツのレーベルから発売されたとき、音楽ファンの大きな反響を呼んだのをご記憶の方はいらっしゃるだろうか。音楽マニアを自認していた友人たちが、発売されたばかりのレコードを熱く語っていたが、その中から友人の一人が貸してくれたレコードがチャイコフスキーの《悲愴》だった。

sv0066c.jpg名門ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を10年以上率いて黄金時代を築いたアーベントロートは、戦後も東ドイツにとどまったために幻の存在だったが、ドイツの中でも極めて個性的な指揮者として知られていた。

これらの放送録音は、フルトヴェングラーを髣髴させる表現主義的なテンポの変転と、怒涛のごとく荒れ狂う巨匠の姿を生々しく伝えたもので、その豪快な芸風がわが国の音楽ファンを熱狂させた。


sv0066i.jpgジャケットから取り出したレコードの真っ黒なレーベルと細長い小冊子の解説書が、大手レーベルとは違った雰囲気を伝えていたが、モノーラル録音ながら音像のしっかりした、太くやわらかな音にも驚いた。

いま、同じ演奏をCD(徳間)で聴くと、鮮明だが骨と皮だけの固い痩せた音になってしまったのが残念で、第3楽章の気魄に充ちて荒れ狂う生々しいまでの迫力は、LPでしか絶対に味わえないものである。

演奏はフルトヴェングラーやメンゲルベルクをさらにスケールを大きくしたような演奏で、テンポ・ルバートを多用したロマンティックな表現と、骨の太い男性的な力強さは比類がない。

第3楽章の行進曲が再現する場面で見せる“必殺の大芝居”が聴き手の興奮を誘ってやまず、怒濤の勢いで荒れ狂うコーダの燃焼ぶりも冠絶している。身を切るような痛切さで歌いぬくラメントーソは慟哭がきわまった感があろう。

「1952年の放送録音で、LPで耳にしたときは音の良さにびっくりしたものだが、CD化されて迫力が減じ、音色が硬くなってしまったのが残念だ。それでも同曲ディスク中、ムラヴィンスキー、メンゲルベルク、フリッチャイに並ぶ名演であり、とくに第3楽章は他の追随を許さない。これ以上、彫りの深い、有機的な、細部まで音楽が生きた演奏はない。リズムは地の底まで抉られ、各楽器はそれぞれの意味をもって登場し、ティンパニの轟きとテンポの雄弁な動かし方は凄絶の限りを尽くす。両端楽章は個性的すぎるほど個性的で、極端なスロー・テンポやその変転を嫌う人もいようが、それでも第1楽章展開部のドラマは最高である。」 『クラシック名盤大全・交響曲編』より宇野功芳氏による、TKCC15061、音楽之友社、1998年)


「第1楽章主部から、きわめて遅いテンポをとり、その後も頻繁にテンポを動かしながら、主情的でロマンティックな表現が貫かれているのが特徴だ。第2楽章における巧みな歌い口とリズミックな進行の対比をはじめ、第3楽章の283小節から大見得を切るなど、指揮者の名人芸が随所で炸裂。終楽章における詠嘆も、底なしに深い。ティンパニの強打もまことに印象的である。ただし、放送用の一発録りであるために、オーケストラのミスが記録されている点が気になるという方もいらっしゃるかもしれない。」 満津岡信育氏による月評より、KICC705、『レコード芸術』通巻第697号、音楽之友社、2008年)



第1楽章 アダージオ、アレグロ・マ・ノン・トロッポ
sv0066b.jpg主部のおそいテンポに仰天するが、メゾ・フォルテの意味深いヴィオラの暗い音色や、総奏(67小節)で絞り出すブラスの鈍い音は、当時の東ドイツの楽団に備わった“燻し銀”の響きといえる。

アンダンテの第2主題(89小節)も巨匠は悠然と歌いぬく。濃厚なテンポ・ルバートによってむせるような浪漫を紡いでゆくところは、メンゲルベルク(1937年盤)と比べてもめっぽう遅く、纏綿と悲しみを綴るフリッチャイ盤や、フルトヴェングラー、朝比奈といったレトロな大家に次ぐテンポの遅さである。

sv0009n.jpg

ConductorDateSource1-mov.2-mov.3-mov.4-mov.Total
Mengelberg1937OPK201117:0907:5808:3008:2642:03
Furtwängler1951POCG234819:4209:1709:4709:4048:26
Abendroth1952KICC70519:0008:4709:0011:0747:54
Fricsay1959POCG195721:2009:2008:5511:0350:38
Asahina1982KICC361620:0208:2409:2711:4349:36


第2主題の再現(130小節)は、「ここぞ」とばがりに東ドイツの楽団がポルタメントをかけて歌いぬく。巨匠は情に溺れることなく、引き締まった筋金入りのフレージングによって、ぴんと張り詰めたような緊迫感を漲らせている。過剰なアクセントをつけてアンサンブルに綻びが生じることにも臆することなく、雄渾な歌い口によって甘美なメロディーから“男のロマン”を感じさせてくれるあたりは、まさしく大家の音楽である。

sv0009q.jpg

sv0066d.jpg全管弦楽の怒号で宣言する展開部(アレグロ・ヴィーヴォ)は、「ガツン」とくる固い一撃によって、東ドイツの巨匠が本領を剥き出しにして荒れ狂う。

ガチンコ勝負で挑む巨匠のなりふりかまわぬ棒さばきが痛快で、吐き捨てるように第2主題を打ち込む鈍いトランペット、ロシア正教のパニヒーダを奏する暗鬱なトロンボーンのコラール(201小節)、固い撥で芯のある音を叩き込むティンパニなど、古色蒼然とした燻し銀のサウンドを心ゆくまで堪能させてくれる。

小休止の後に大きくテンポを落とす第1主題(229小節)や、強烈な金管で抉りぬく破局的なクライマックスなど、随所に繰り出す巨匠の必殺技に興奮させられるが、圧巻はトロンボーンとテューバが第1主題をマルカートで強奏する285小節。ブラスが憤怒の勢いで吹きぬく場面は、血のたぎりを感じさせてくれる凄絶な“男の闘い”だ。アンダンテ・モッソ(305小節)の再現部もすこぶるドラマチックで、金管が獅子吼して高潮する頂点は“熱い男の心意気”を感じさせる巨匠の姿を刻印したものといえる。


第2楽章 アレグロ・コン・グラツィア
sv0066e.jpg5拍子のワルツは大きくゆたかな歌が溢れんばかり。チェロのおおらかな歌い口の中に筋の通った力強さを秘め、雄々しさをも見せている。第2楽句の線の太いフレージングも印象的で、テンポを遅くした中間部の情のこもった素朴な歌い口もたまらない魅力である。  KICC701

82小節から木管に主要動機がもどってくると、序々にテンポを落としながら2つの動機を交錯させる手口が心憎く、おづおづと主部へ回帰するところのテンポの落とし方や、ピッツィカートで主部(96小節)に戻った時に溢れ出る懐かしさといったら!

sv0009r.jpg


第3楽章 アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ[スケルツォと行進曲]
sv0066f.jpgスケルツォ主題をインテンポで威風堂々と突き進むところは、古き良き時代のカペルマイスターの面影を偲ばせるが、豪快にタタキき込むマルカートの行進モチーフ(45小節)、ティンパニの猛烈なクレッシェンド(56小節)、「ぐい」と押しの一手で駆け上がる頂点でぶち込む大太鼓(69小節)など、前半から早くも炸裂する巨匠の“力ワザ”にゾクゾクしてしまう。  KICC702



sv0066j.jpg行進曲(71小節)は力の限り叩き込まれる固いティンパニのリズムにのって、鋼のように突き進む。燻し銀の楽団が打ち鍛えられた“鉄の塊”となって、獅子奮迅の勢いで行進するさまは聴く者を奮い立たせるような気魄がみなぎっている。

「バリッ」と打ち込むトロンボーンの強いリズム(129小節)や、落雷のように叩きつけるティンパニ(194小節)の最強打など「これでもか」と繰り出す巨匠の豪放な荒ワザに腰を抜かしてしまう。

「スケルツォはなお凄い。ここはメンゲルベルクが落ちるのでムラヴィンスキーとの勝負になるが、僕はアーベントロートの方をより好む。彼は283小節に至るまで完全なイン・テンポで進めてゆく。気迫がきっぱりしたリズムや速めのテンポに表れているが、聴く者を戦慄されるのは音を割ったトロンボーンのアクセントであり、阿修羅のようなティンパニの最強打である! マイクは必ずしもティンパニに近くはない。にも拘らず、そのような物理的な条件を乗り越えて、恐怖のクレッシェンドを見せ、地の底まで届けとばかりデモーニッシュに轟き渡る。194~5小節や274小節以降など、まさにこうでなければならぬ!」 宇野功芳氏によるライナーノートより、 TKCC-15061、徳間ジャパン・コミュニケーションズ、1989年)


sv0066g.jpg劇的なドラマはトロンボーンとトランペットがマーチの断片を打ち合い、これが2分音符のファンファーレとなる280小節にやってくる。ここで巨匠は大見得をきるように大減速して行進曲へ突き進む。

レトロな巨匠らしい一発必中の“大ワザ”に快哉を叫びたくなるが、中でもアーベントロートは減速感が著しく、281小節の頭から早くもテンポを落とすところが個性的だ(280小節頭でトランペットが外れるオマケ付き)。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon
sv0009u.jpg

全楽員が一丸となって息もつかせぬラストスパートを展開するコーダ(301小節)もすさまじい。シンバルの「チョイーン!」(ちょっと早い)を皮切りに、なりふり構わずオーケストラをあおって暴れる熱血ぶりはフルベン以上といってよく、その息づまる加速に酔ってしまいそうになる。裏拍で打ち込むトロンボーンが勇み足で飛び出すなんづぁご愛敬、鉄の塊と化した燻し銀の楽団“熱き血”を注ぎ込み、攻めの一手で押し切った東ドイツの巨匠の渾身のマーチといえる。


第4楽章 フィナーレ、アダージオ・ラメントーソ
sv0066h.jpgテンポの遅さはフリッチャイ盤と双璧で、ホルンの切分音にのせたアンダンテの第2主題は過剰に高ぶらず、奏者全員が心を込めて、哀切の調べを腹の底から歌いぬく。

当時の東ドイツの楽団の特徴と思われる管弦の暗い響きも独特で、音楽はつよい筆致によって、音量ゆたかに鳴り響く。ピウモッソの頂点で骨の太いブラスが身を切るような痛切さで、がっしりと喰らいつくように打ちぬいている。

amazon  TOWER RECORDS  HMVicon

sv0009v.jpg

アンダンテ(126小節)主題を悲痛にあえぐように減速をかけていくところはアーベントロートの面目躍如たるところで、暗鬱なブラスの四重奏が鉛の足枷を付けて地を這うように奏する〈死のコラール〉(137小節)も大きな聴きどころだろう。コーダの寒々と鳴り響く分厚い弦は絶望感にうちひしぐ慟哭の調べといってよく、ドイツ正統の味を伝えてくれる必聴の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 2016/04/23 ] 音楽 チャイコフスキー | TB(-) | CM(-)