ショルティ=シカゴ響のショスタコーヴィチ/交響曲第8番

sv0074a.jpg
ショスタコーヴィチ/交響曲第8番ハ短調 作品65
ゲオルク・ショルティ指揮
シカゴ交響楽団
Recording:1989.2 Orchestra Hall, Chicago (DECCA)
Producer: Michael Haas
Engineer: Colin Moorfoot
Length: 62:54 (Digital Live)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


ショスタコーヴィチの交響曲第8番「戦争3部作」の2番目にあたる作品で、15曲のシンフォニーの中で最も悲劇的で暗い雰囲気を持った謎の曲だ。勝利を謳歌することなく終わって肩すかしを食らわすフィナーレが論議をよび、“雪どけ”まで黙殺された経緯もあって、頻繁に演奏されるようになったのは1980年代以降のこと。

sv0074b.jpgこの《タコはち》は、ショルティがシカゴ交響楽団の音楽監督に就いて20シーズン目のコンサート・プログラムに選ばれたもので、ショルティのショスタコーヴィチ第1弾となったライヴ録音。

徹底したリハーサルを重ね、細部まで完璧に仕上げることを常とするこのコンビにとって、演奏ミスを別テイクに差し替える必要性などないことからライヴ録音もセッション録音も基本的なコンセプトに変わりはないという。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ここでは名人オーケストラが持てる機能性をフルに発揮、とくに中間2つの楽章はその名人芸を極限まで示したもので、精緻なリズムさばきや超絶的なアンサンブルは冠絶している。最大の聴きものがギャロップ調の行進曲で、トランペットの神様が歌うパンチの効いた〈行軍の歌〉が聴く者を魅了する。パッサカリアの肉付きのよい弦楽サウンドも聴きごたえがあり、ショルティは管弦の充実した響きによって戦争の悲劇と犠牲者への哀悼をあますところなく描き出している。

「ショルティ初のショスタコーヴィチである。シカゴのオーケストラ・ホールでライヴ録音と記されているが、バーンスタインのライヴなどと同じく聴衆のノイズなどは感じさせない。演奏はこれこそ超の文字を冠したい名演である。アンサンブルの技術が比肩するものがないほどすぐれていることは、いうまでもないが、ショルティの表現は創意と感興にみちあふれており、凄いほどの内燃性が鮮烈な表情で示されている。」 小石忠男氏による月評より、FOOL20462、『レコード芸術』通巻第469号、音楽之友社、1989年)


「ショスタコーヴィチもショルテイのオハコの1つである。同じ快感でも、こちらはマーラーと違って、その馬力がアイロニーに働きかけて哄笑を呼ぶ。ケッと笑った後に来るザラッとした苦味が、ロシアの演奏ほどネットリと絡みつかない。この8番は、シカゴ響最大の武器であるブラスセクションの呆れるほど圧倒的な集団的名人技も存分に聴けて、このコンビの典型的な魅力を堪能できる。」 『200CD 指揮者とオーケストラ』より中野和雄氏による、立風書房、1995年)



第1楽章 アダージョ
sv0074c.jpg力強い第1主題〈エピーグラフ〉(題辞)は、「ザリザリ」と低音弦がうごめく触感が生々しく、弦の重量感と筋肉質の響きはまぎれもな“シカゴ・サウンド”だ。

アンサンブルに僅かな乱れが生じているが、実演の緊迫感が生々しく伝わってくる。この楽章の中核となるのがピウ・モッソ(練習番号8)の内省的な弦の歌(副主題)。5拍子の変則的な伴奏にのって、いつ果てるとなく不安げな表情で悲劇の情景がクールに歌い込まれてゆく。  amazon

sv0074q.jpg

役者を揃えたシカゴ響のブラス・セクションが持ち前の本領を発揮するのが長大な展開部だ。落雷のようなティンパニと小太鼓の苛烈な打ち込みがくわわると、いよいよ副主題のリズムにのった第2主題がドラマティックに展開する。悲鳴のような木管の第1主題(練習番号25)、精密機械のように刻む弦のエネルギッシュなスケルツォ、「スカっ」と吹き抜く4本のホルンの豪放な3連音、「ポコポコ」と打ち込むシロホンの歯切れの良い連打など、音のご醍醐味が満載!

sv0074e.jpg最大の聴きどころがアレグロのグロテスクな行進曲(練習番号29)[15:29]。トルコ行進曲のパロディーとされる〈コラール風ファンファーレ〉がカノン風に展開する場面は、破局へまっしぐらに突き進む“地獄の行進”だ! 

威圧的な全管の斉奏によって第1主題を吹き上げるクライマックス(練習番号34)もすさまじい。“弦付きブラバン”の異名をとるシカゴ響ならではカタストロフの轟音は圧巻で、《マンフレッド交響曲》(チャイコフスキー)の主題によく似たトランペットの強烈なひと節(295小節)によって、ショルティはこの曲の悲劇性を熾烈なまでに提示する。  amazon
sv0074r.jpg

《トゥオネラの白鳥》(シベリウス)を思わせるイングリッシュ・ホルンによるモノローグ(練習番号35)のクールなリリシズムも印象的で、低音弦で厳かに再現する副主題(練習番号41)と、弦楽の翳りのある響きで消え果てるコーダの第2主題(練習番号44)によって、聴き手を深い悲しみの中へ誘っている。


第2楽章 アレグレット
sv0074f.jpg威圧的な軍隊行進曲調のスケルツォは、ショルティがシカゴ軍団の威力をまざまざと見せつける。

ドイツ流行歌《ロザムンデ》のパロディーから、楽員を睥睨してスコアにひそむ残忍さと滑稽さを黙々と炙り出すショルティの姿が音楽の情景にぴたりとマッチする。聴きどころは中間部(練習番号53)の器楽的スケルツォ。  amazon
sv0074z.jpg

戯けた調子で駆けめぐるピッコロの冴えた妙技は、権力者にヘコヘコとおべっかを使いながら、見ていないところで尻をたたいて「あっかんべ~」をやる道化師のようで、諧謔的なメロディーを生真面目に演奏。精緻なスタッカート・リズムにのって、ぴょこぴょこと飛び跳ねる小クラリネット、屁をこくようなファゴット、華麗に舞うトランペットといった名人奏者たちの悪魔的な競演にゾクゾクしてしまう。

sv0074$.jpg

sv0074g.jpg圧巻は、第2主題が再現する〈第2トリオ〉(練習番号67)。弦のオスティナート・リズムとスネアドラムの乱打にのって、急速な軍隊行進曲へと変貌する場面は、このオーケストラの究極のダイナミズムを示したものだ。

急速に解体してゆくコーダ(練習番号70)では、消滅するかに見せかけて激烈なとどめで聴き手を仰天させるあたりは、凄腕集団のパンチ力と仮借のない統率力を発揮する鬼軍曹の面目躍如といえる。  amazon


第3楽章 アレグロ・ノン・トロッポ
sv0074d.jpgヴィオラの分散和音による急速なペルペトゥーム・モビーレ(無窮動)は、類い希なリズム感覚を持つショルティが、オーケストラ技能の完全性を極限まで追求する。

精密機械のような〈トッカータ主題〉に低音弦の力強い和音を叩き込み、木管の悲鳴のようなオクターブ下降にトランペットを「スパっ」と打ち込む切れ味の良さは抜群! 強烈なバルトーク・ピッツィカートを重ねる〈叫びの主題〉(練習番号83)の生々しさや、トロンボーンとテューバのグロテスクでメカニックな衝撃音もたまらない。  amazon

sv0074u.jpg

最大の聴きどころは、低音弦から立ち上がる中間部のギャロップ調の行進曲(練習番号97)。このエピソードは千両役者の登場といってよく、名物奏者が行進リズムにのって華麗なソロを奏でる“行軍の歌”が聴くものを惹きつける。「スッタカタッタ」と鋭い合いの手を打つ小太鼓も感興を高め、平行和音で奏する弦の柔らかな応答が心地よい。

sv0074v.jpg
sv0074w.jpg

滑らかなグリッサンドで駆け上がり、木管楽器が「ひょ~」と間断なく受け継ぐところは名技集団による“音のサーカス”にほかならない。第2句のトランペットがパンチの効いた掛け合いを演ずるところはゾクゾクするような興奮を誘っている。

sv0074h.jpg第3部(練習番号103)では、弦のすべり落ちるようなグリッサンドにシロホンが「スコン!」と打ち込まれるところも聴きどころのひとつで、音楽的な快感はもとよりオーディオ・マニアの耳をくすぐる箇所ではないかしら? 

コーダ(練習番号110)は無窮動リズムをffで叩き出すティンパニにも注目だ! 打楽器奏者が、まるで楽器に恨みでもあるかのように「バカスカ」と鼓面を叩き込むさまは痛快で、明快な打点によって“肉体的な興奮”を喚起するショルティの鋭敏なリズム感覚にとどめを刺す!  amazon


第4楽章「パッサカリア」、ラルゴ
sv0074i.jpgパッサカリア主題は、9小節ずつ11回の低音弦で反復され、その上に対位法的な変奏の声部を築いてゆく手の込んだもので、声部の入りと主題の切れ目がずれて書かれているために変奏の変わり目がわかりにくい。

ここでは、低音主題をクールに織り込む歌い口から美感がしっとりと滲み出てくるのがショルティの上手いところで、冴えた管楽器のソロを散りばめる第5変奏(練習番号114)や、クラリネットが根太い切分音で伴奏をつける第9変奏(練習番号121)などから悲劇の重みがどっしりと伝わってくる。

半音下げた最終音から、ハ長調の明るい春の兆しを明瞭に提示しているのも楽譜を見るに敏なショルティらしい。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [BD]
TOWER RECORDS  amazon [DVD]


第5楽章 アレグレット
sv0074o.jpgファゴットが自信なげに奏するロンド主題〈喜びの歌〉は、力弱い変奏を繰り返して旋律を外れてしまうところにずっこけてしまうが、フルートの楽しげなスタッカート楽句が飛び出すと、明るい気分が戻ってくる。

ここで、作曲者が挿入する2つのエピソードが印象的だ。チェロが滔々と歌うロシアの憂愁(第1副主題)とバス・クラリネットが奏する不気味な舞曲(第2副主題)。「ぶりぶり」と肉付きのよい半音階で低回する目まぐるしい旋律に、田舎風のヴァイオリンの対旋律が絡みつくと明るい兆しが見えてくる。 TOWER RECORDS  amazon

sv0074x.jpg
sv0074y.jpg

聴きどころは「ガツン!」と打ち込む力強いティンパニの一撃とともに、金管が〈喜びの歌〉を吹き放つストレッタ楽段(練習番号151)。ショルティが勝利を確信したかのように力瘤を入れてブラスを掛け合わせるところは、聴き手が「待ってました」と膝を打ちたくなるところで、木管が“祝福の歌”を斉奏するところはエネルギュッシュな解放感に溢れんばかり。

sv0074p.jpgクライマックス(練習番号159)は第1楽章〈エピーグラフ〉がfffで炸裂する。悲痛な強奏を4度ぶちかまし、トランペットが悲劇の主人公を象徴した“マンフレッド・ファンファーレ”をハイCから強烈に吹きぬくところが最大の聴きどころだ! とどめは5発の和音打撃と断末魔のようなブラスの喘ぎによって、闘いの終結が告げられる。

再現部は調子外れのヴァイオリン独奏が空虚に響き、2つのエピソードもどこか悲しげ。ファゴットのロンド主題は「トホホ」と情けなく、ピッコロやヴァイオリン独奏も意気消沈して途絶えてしまう。 

George Solti Conducts Mendelssohn & Shostakovich [DVD] [Import]

コーダ(練習番号172)は高音弦がハ長調の和音でたなびく中を、c-d-cの〈喜びの歌〉が低音弦のピッツィカートによって幕を閉じる。難解なテーマをスコアから明快に描き出し、圧倒的なパワーと技巧で曲のツボをおさえた1枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2016/08/27 ] 音楽 ショスタコーヴィチ | TB(-) | CM(-)