[コラム] P8liteで歩数計アプリが使えなくなった


sv0078a.jpg通話はガラケー(通話のみ最低プラン)、データ通信は格安SIM+SIMフリースマホの2台持ちで“ケチ道”を邁進する筆者にとって、9月に入って困った問題が生じて頭を痛めている。使用しているP8lite(HUAWEI)のOSがAndroid 5.0から6.0に更新して6日後のある日、突如「歩数計アプリ」のカウントが止まってしまったのである。

HUAWEIが7月29日にOSの更新を発表した時からイヤな予感はしていたものの、うんともすんとも音沙汰がないまま1ヶ月以上たって遂に通知が来た。アップデートは無事終了。動作はなめらかになり、切り残しがあるような不細工なアンコンがまともな形状になってひと安心したのも束の間、歩数計アプリが動かなくなってしまった。


sv0078b.png筆者が愛用するアプリは「Accupedo」で、毎日の歩数を記録しつつ、RenoBodyと連動させてキャンペーンのクーポンをゲットしたり、WAONポイントをセコく貯める小市民的なライフをエンジョイしていた。「Accupedo」は他の歩数アプリに比べて歩数が正確(やや高め)で、記録面も充実、何よりも電池消費が圧倒的に少ないので重宝していた。


この手のトラブルは筆者のような知識の乏しい高齢者にとっては頭の痛い問題だが、まずは基本的な設定の確認、本体の再起動、アプリのアンインストールと再インストールを行った上で、症状に改善が見られないことを確認して、HUAWEIのサポートへメールで問い合わせてみた。


同じSIMフリースマホ AQUOS SH-M02(Android 5.0)と arrows M03(Android 6.0)にもAccupedoをインストールしてみたが、国産スマホではまったく問題なく動いている。

HUAWEI(ファーウェイジャパン《華為技術日本株式会社》)からの回答は次のような基本的な対処法ばかりで、この程度の初歩的なことは無知な筆者といえども確認済みだ。改善されない場合にはアプリとバージョンを教えて欲しいとのこと。

・設定>アプリ>該当アプリ>ストレージ>キャッシュを消去→端末の再起動
・端末管理>「タップして最適化」をタップ>スキャンし最適化
・端末管理>システム最適化
・設定>詳細設定>メモリとストレージ>ストレージクリーナー


HUAWEIのサポートはあまりアテにならないため、次に筆者が試したことは、「Accupedo」以外の歩数アプリ(Pacer、StepWalk、CH歩数計、Navitime ALKOOなど)をいくつか試しに入れてみて、正常に動くかどうかを確認した。

sv0078c.jpg

基本的に「設定→詳細設定→バッテリーマネージャ→保護されたアプリ」で当該アプリの保護を有効にした上でアプリのスイッチをオンにすれば、スリープ時でも歩行はカウントするはずだ。ところが、どのアプリでも共通して始めの数歩~数十歩をカウントしただけで停止し、アプリ内の感度調整を行ってみてもダメで、Accupedoに限って発生する不具合ではないことがわかった。

sv0078d.jpg

ここで疑ったのは、Android 6.0のDozeモード。更新から6日たってから不具合が出た、というのが原因の特定が難しいところだが、Dozeモードが原因で不具合が発生する場合があることはどこかで読んだ記憶がある。はて、Dozeモードとは何ぞや? 「Doze」とは「居眠り」のことで、Androidデバイスを使用していないスリープ時のバッテリーの消費を抑える機能のことらしい。ところが、いくら探せど、設定メニューの中に「Doze」という設定箇所が見つからない。

sv0078e.jpg

ようやくわかったのが、Dozeとはユーザ側で選択する省電モードのことではなく、Android 6.0や7.0のウラでデフォルトで有効化されている機能の1つで、特段設定なしでスリープ時のバッテリーが持つように設計されているということだが実際にはAndroid 6.0に更新してかえって電池消費が激しくなった。Google系のアプリはシステム上Dozeが無効化されているが(LINEも許可)、他のアプリで不具合が出る場合はアプリ毎にDozeモードの無効化を許可にしなければならない。筆者の考えはまさにここへ辿り着いたのである。

「設定」→「アプリ」→下(左)にある「詳細設定」
→「バッテリー最適化を無視」
→右上の「 ∨ 」から「すべてのアプリ」を選択(ここの発見が難所!)
→Accpedoを選択
→「バッテリー最適化を無視」を「許可しない」→「許可」にする
これでDozeモードは無効になる


これで起動したところ、なるほど、アプリは途中で停止することなくカウントが継続する改善がみられた。ところがどっこい、スリープになるとカウントが停止してしまう。アプリによって表示が異なるが「アプリが停止した」、「加速度センサーに不具合が生じた」などと通知メッセージが出る始末。

sv0078f.jpg

アプリを再起動すると再びカウントを始めるがスリープになると停止する。恐らくはAndroid 6.0上でスリープ時に加速度センサーの機能を阻害する働きがあると推測し、これを指摘するとともに解除するための設定方法をHUAWEIに求めた。

2日おいてHUAWEIから「弊社でも同様の現象を確認し、ご指摘の通りアップデート後のP8liteの仕様とアプリの互換性等による原因のため設定変更等によって改善する事はできず、解決策をご案内する事が困難な状況でございます。お役に立てず申し訳ございません。」というつれない返事が届き、改善を行う気がまるでない様子にがっかり。十分なチューニングをせずにAndroid 6.0へ更新させておきながら、対応できないとは・・・

sv0078g.jpg

価格.comの「クチコミ掲示板」をみても後継機のP9lite(Android 6.0)でDozeモードを解除しても歩数アプリがスリープ時に動かなくなるという不具合が投稿されているので、困っている人間は筆者だけではないようだ。HUAWEIのスマホは国産スマホに比べてマニアックな仕様である反面、設定が複雑でデフォルトでは使えないのが難儀で、歩数アプリを日常の必需品とする筆者のような老ユーザは泣き寝入りしてHUAWEIを見限るしかないのだろうか。

sv0078h.jpg

電池消費が非常に激しくなり、多くのウィジェットが自動更新しなくなるなどAndroid6.0になってロクなことがなく、以前にプッシュ通知に不具合があって修理に出したときは、「異常はみられませんでした」と本体をリセットだけして返してきたという腹立たしい対応もあった。価格と見てくれの良さに惹かれて中華スマホに手を出すのは要注意だ。

sv0078i.jpg


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2016/10/22 ] コラム | TB(-) | CM(-)