ジュリーニ=シカゴ響のシューベルト/交響曲第4番「悲劇的」

sv0080a.jpg
シューベルト/交響曲第4番ハ短調 D417「悲劇的」
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮
シカゴ交響楽団
Recording: 1978.3.13,14 Orchestra hall, Chicago
Recording Producer: Günther Breest(DG)
Recording Engineer: Hans-Peter Schweikman
Length: 31:33 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


イタリアの名指揮者カルロ・マリア・ジュリーニは、1970年代に首席客演指揮者の任にあったシカゴ交響楽団との録音に優れた演奏が集中している。とくにDGとの“第9シリーズ”は究極の名演で知られ、ジュリーニが巨匠として大きく飛躍した時期と重なっている。

sv0080e.jpgジュリーニは晩年になるとオペラから手を引き、コンサート活動に絞って指揮を行っていたが、普段はスコアの勉強と西部劇を観る事以外にろくすっぽ興味を示さず、実業家の令嬢でやり手で知られた奥さんのマルチェッラがレコード会社との契約からダンディに決めたジャケット写真に至るまで、その一切合財を取り仕切っていた。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

ジュリーニのレパートリーは極めて狭く、ごく一部の作品に限定して繰り返し演奏していたが、シューベルトの交響曲もその例外ではない。《未完成》《グレイト》《悲劇的》のみを取り上げ、とくに《悲劇的》は晩年の2作品に劣らぬ名作として慈しんだという。

sv0080d.jpgここではジュリーニが、シカゴ響の重厚な響きを十全に生かして曲想に秘めた悲劇性を神秘的かつ厳粛に描き出す。

浪漫の香りをしっとりと漂わせ、しなやかに歌いぬくカンタービレを随所で聴かせるあたりはジュリーニの真骨頂で、余人の追随を許さぬ気品と説得力をあますところなくディスクに刻んでいる。

TOWER RECORDS  amazon

録音のすばらしさも見逃せない。重量感のある弦楽器はもとより、エッジの効いたブラスの響き、骨力のある打楽器などリアリティにとんだ生々しいDGサウンドが目前に展開。厳正なリズムでさばく豪壮なスケルツォは有無を言わせぬ迫力があり、シカゴ響の重厚な“ジャーマン・サウンド”が名品に深みをあたえているのも聴きどころだろう。

Orch.LevelDateLocationⅠmovⅡmovⅢmovⅣmovTotal
BPOTestament1969.2Berlin7:448:023:098:1127:06
CSODG1978.3Chicago10:448:453:488:1631:33
BRSOSONY1993.2München11:589:313:439:0834:20

「アンサンブルが縦割りに、垂直に聞こえるが、それが毅然とした相貌を作品に与えている。オーケストラの機能が、明確な輪郭作りに見事に反映されているのである。それは、やや四角ばったメヌエット楽章に顕著であるが、けっして頑迷な印象を与えるものではない。ただ、終楽章は、短調ながらもっと覇気に溢れ、すっきりした音楽であっても良かったのではなかろうか。」 長木誠司氏による月評より、『レコード芸術』通巻第523号、音楽之友社、1994年)


「ショルティが“剛”の指揮者とすれば、ジュリーニは“柔”の指揮者だ。この両者により、今のシカゴ響の音と表現は確立された。ジュリーニの録音もいずれも名演揃いだが、作曲家別ではジュリーニの演奏したシューベルトは格別で、やはり同じ頃客演したカルロス・クライバーと並んで、シカゴ響の歴史に名を刻んでいる。マーラーやブルックナー、バルトークを得意とする大オーケストラが、シューベルトの、それも前期の作品で見せるアンサンブルは、このオーケスラのレパートリーの広さと、柔軟性をよく表している。」 山田真一著『オーケストラ大国アメリカ』より、集英社、2011年)



第1楽章 アダージォ・モルト~アレグロ・ヴィヴァーチェ
sv0080b.jpgベートーヴェン風の力強い和音で開始する序奏は、《アウリスのイフィゲニア》(グルック)を思わせる〈基本動機〉がただならぬ予感をあたえながら、荘重なフーガで進行するのがジュリーニ流。

しっとりと奏でるヴァイオリンに、重量感のある低音弦が重なる音場が生々しく、バスの「ザラリ」とした艶めかしい触感がグラモフォンらしい音づくりといえる。木管の調べは悲しみに打ち震え、序奏から“悲劇の予感”が「ずしり」と伝わってくる。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

sv0080c.jpg主部は、アウフタクトのスタッカートを弦がレガート気味に仕掛けるところがいかにもジュリーニ好みのアーティキュレーションだ。儚さと憂いを秘めながら、しとやかに紡ぎ出す旋律は程良く弾みなからテンポよく駆け走る。

装飾音を入れた第2楽句の切れのある弓さばきは、シカゴ響の強靭で機能的なアンサンブルが絶大な効果をあげている。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0080h.jpg

聴きどころは優美な旋律を変イ長調で奏でる第2主題(68小節)。わずかにかかる弦のポルタメントにしっとりと艶をのせ、清冽なカンタービレを聴かせるところは“歌の指揮者”ジュリーニの独壇場。経過的な分散和音の強奏は威圧感があるが、第2主題を歌い返す量感ゆたかな低音弦と、サクサクと快適に刻む高弦のリズムが絶妙のバランスで耳の快感を誘っている[提示部は反復]。

sv0080f.jpg力強い序奏リズムで聴き手の度肝をぬく展開部厳粛なアプローチもジュリーニ流。対位楽句の押し出しの強い緊密なカノンによって、“小市民的な悲愴感にとどまる”と揶揄された作品を構えの大きな、堂々たる威容を持つ音楽に仕上げているのが驚きだ。  amazon

品の良いレガートによって、しっとりと哀しみを綴る再現部のカンタービレ“歌う指揮者”の面目が躍如しており、浪漫的な気分を大きく高めている。モーツァルト風の典雅なコーダをベートーヴェン的な重厚な響きと厳粛な気分で締めるあたりは、聴き手に媚びぬジュリーニの慧眼があろう。


第2楽章 アンダンテ
sv0080g.jpgドルチェで歌われる優美なウィーン風主題は『ピアノのための即興曲変イ長調作品142の2』と同一とされるが、ジュリーニの手にかかると物悲しさを秘めた旋律が温もりのあるフレージングによって、ゆり籠の中で子守唄を聴くような安らかな気分が横溢する。

木管の晴朗な主題に弦がそっと寄り添うようにカノンで奏でる“清らかな歌”も印象的だ。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [UCCG51040]
TOWER RECORDS  amazon [UCCG4876]
sv0080i.jpg

「ずん」と強く押し出すヘ短調の中間部は、第1楽章のモチーフを変奏して“悲劇の気分”が再現する。緻密な内声のリズムにスタッカートの力強い低音弦を打ち込むところはいかにもDGらしいエッジの効いた生々しい録音で、ジュリーニは力強さの中にもウェットな詩情と暗い影を巧みに織り込んでゆく。
主題を変奏しながら哀感を滲ませる木管のニュアンスの移ろいや、それに応える弱弦の繊美なフレージングにも耳をそば立てたい。


第3楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ
sv0048g.jpgスケルツォ風のメヌエットは、2拍子的なリズムをもつ3拍子を剛毅にして厳正に刻みつつ、ゆったりと振幅を保持して押し進めるところは、長いアームスから繰り出す“ジュリーニ・リズム”の独壇場。

ここでも暗色を帯びた深みのある“シカゴ・サウンド”が大きくものを言い、大蛇がのたうつような分厚いオーケストラの躍動感と強音の威力は絶大である!

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0080j.jpg

トリオ(中間部)は〈悲劇のモチーフ〉を愛らしい民謡風にアレンジした舞曲が一服の清涼剤のように安らぎをあたえてくれる。晴朗な木管のメロディーや、ワルツ風の第2楽句も聴きどころで、ウィーン風にやわらかく優雅なステップを踏む一方で、毅然と襟を正し、一片のけれん味もなくスケルツォに回帰するところなど、指揮者の真摯で堂々たる風格を示してあますところがない。


第4楽章 アレグロ
sv0036i.jpg低音の上昇フレーズから湧き上がる不安と焦燥に駆られたせわしい主題をジュリーニが切ない心情を秘めながら、情感ゆたかに、ゆとりをもって歌い回すところが心憎い。

まろやかなクラリネットと弦がやさしく対話を重ねる第2主題(85小節)も聴き逃せない。伴奏弦の刻みをサクサクと打ちながら、清流のように淀みなく流れる音楽は爽やかだ。

amazon  HMVicon

提示部を締める総奏はパンチ力のある豪快な和音打撃を執拗に打ち込むが、いたずらに見得を切ったり強圧的にならないのがジュリーニの上手いところだ[提示部のリピートなし]。展開部(195小節)はひとくさりの対話のあとに、ほのぼのと晴朗に歌う木管の第3主題が飛び出すと、晴れやかな気分が増してくる。
sv0080k.jpg

sv0036f.jpgしかしジュリーニは安らぎの中にとどまろうはとしない。フォルテの決めどころ(265小節)で鋭く果敢に切り込んで強固な意志を表明する。

毅然と立ち上げる総奏で明確な構成感と雄大なスケール感を打ち出して、ベートーヴェンに勝るとも劣らない作品へとヴォリューム・アップしているところはジュリーニの絶好調ぶりを物語っている。  Art of Carlo Maria Giulini

ハ長調に転じる再現部(293小節)は、第1主題、副主題、第2主題をジュリーニが腕によりを掛けたカンタービレで清冽に歌いぬく。トランペットがくわわった〈コーダ〉は重量級の“シカゴ・サウンド”のパワー全開で、どっしりと決める重厚な和音終止が悲劇のシンフォニーを力強く締めている。

ジュリーニが絶妙のカンタービレで聴き手を酔わせつつ、悲劇の重みをズシリと伝えてくれる聴き応えのある一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


[ 2016/11/26 ] 音楽 シューベルト | TB(-) | CM(-)