カラヤン=ベルリンフィルのチャイコフスキー/交響曲第4番(71年盤)

sv0087a.jpg
チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調 作品36
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
Recording:1971.9.16-21 Jusus-Christus-Kirche, Berlin
Producer: Michel Gloz (EMI)
Balance Engineer: Wolfgang Gülich
Length: 42:15 (Stereo)
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon


この1971年のEMI盤は、カラヤン&ベルリンフィルによる2度目の〈後期3大交響曲〉の録音で、このコンビ絶頂期の音が刻まれている。イエス・キリスト教会でわずか6日間のセッションで一気に完成させたというだけあって、7種ある《第4番》のCDの中では最も熱気があり、まるで実演のように気迫のこもった演奏として高く評価されている。

sv0087b.jpg1970年代のカラヤンは、ベルリンフィルの音楽監督として楽界の“帝王”に君臨し、全盛期をむかえていた。

「自分とベルリンフィルは、現在最高の状態にある」とカラヤンが豪語したように、シュヴァルベ、ブランディス、シュピーラー、カッポーネ、フィンケ、ツェペリッツ、コッホ、ライスター、ゴールウェイ、ザイフェルト、フォーグラーといった名人を麾下におき、“黄金の70年代”を謳歌していた。

レコードにおいても70年代は“傑作の森”ともいわれ、心身共に充実した60代のカラヤンが、自分の“楽器”と化したオーケストラを意のままに操って名録音を産み出していった。

sv0087c.jpgあたかも映画俳優のようにきめたカッコいいジャケット写真も「さぞや名演」をイメージさせるに十分な魅力あり、音盤に針を落とす以前に勝負はついていた。

映像を含めると9種あるカラヤンの《第4》の中で、筆者がとくに注目したのが④⑤⑥。④のDG盤は後年の録音に比べると直截的な表現で、オーケストラの推進力とパンチ力で堂々と押し切った完全無欠の名演奏。

続く⑤(当盤)では、華麗な金管の響きに磨き抜かれた弦の流動感が加わり、アンサンブルの妙技と形振り構わぬ熱っぽい演奏が楽しめる。

NoOrch.DateLevelⅠmovⅡmovⅢmovⅣmovTotal
Philharmonia1953.7EMI19.0210:075:538:5543:57
Wien so1954.11(L)Orfeo18:109:465:338:1841:47
Berlin po1960.2EMI19:119:025:398:5242:44
Berlin po1966.10DG17:549:575:428:0441:37
Berlin po1971.9EMI18:399:585:208:1842:15
Berlin po (DVD)1973.12Unitel18:109:265:308:0941:15
Berlin po1976.12DG18:409:015:468:1741:44
Wien po1984.9DG18:349:595:408:3042:43
Wien po (DVD)1984.9SONY18:229:155:448:2541:46


sv0087j.jpgユニテルの映像作品⑥も白熱の度合いが凄まじく、指揮者の過剰な演出が鼻につくものの、「やはりカラヤンはカッコいい」と再認識させられてしまう。第1楽章コーダのfff(403小節)で大見得をきるところなど千両役者といえるが、「ここまで力まなくても」と思わないでもない。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

同じDG盤でも⑦になると勢いは後退し、どこか手慣れた感覚と作為的な“いやらしさ”が前面に出てしまい、何度も繰り返して聴きたいとは思わない。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon [Import]

このEMI録音の《第4》に関してはオリジナルテープの損傷が著しく、国内CDのHS2088やTOCE13262(岡崎リマスター)でも強奏時の音割れがみとめられる。第4楽章のシンバルと大太鼓の衝撃音がビリつく箇所にお気づきの人もいらっしゃるだろう。

sv0087d.jpg手持ちのLP(EAA-136)を比較したところ、音割れは無いものの、第4楽章は音が荒れているため、当初からマスターテープに問題があったのだろう。

CDのジャケットが冴えないのが気になるところだが、ハイブリッド盤やシングルレイヤー盤のSACDが新しいリマスターで発売されたので、あらためてじっくり聴いてみたい。

amazon [SACD]

「カラヤンはチャイコフスキーの3大交響曲を何度も録音しているが、その中でこれを最高とする人は少なくない。それは、他の録音にない“熱さ”がここにあるからだ。4番の一部では音が歪んだりもするのだが、にもかかわらずあえてこの緊迫感あふれるテイクを選んだ録音スタッフの判断は間違っていなかったと思う」 特集「1970年代の栄華」より増田良介氏による~『レコード芸術』通巻705号、音楽之友社、2009年)


「1971のEMI録音は〈ライブに近いカラヤン〉として定評がある。スタジオ録音らしき端正な仕上げというよりは、激情を剥き出しにしたカラヤンに出会えるというわけだ。なるほど、《第4》の金管の咆吼の激しさは前録音の比ではなく、常とは違うカラヤンの激情に終始圧倒される。残念なのはマスターテープの損傷が著しいとのことで、丹念にLPレコードを探すよりほかない。」 福島章恭著『交響曲CD絶対の名盤』、毎日新聞社、2005年)


「70年代はカラヤン&BPOの絶頂期であったことは明らかだ。ヴィルトゥオーゾ・オケとしても技術とアンサンブルを生かした演奏の精度と表現の秀麗さは追随を許さぬものがある。本盤では、特に金管のシャラシャラした金属質な鳴りをしている点。これは他の演奏では聴けない音色なので非常に興味深い。しかも表現が一段と熱狂的で、クライマックスではゾクゾクするような達成感が得られるのが魅力だ。」 オントモムック『クラシック不滅の1000』より齋藤弘美氏による、音楽之友社、2007年)



第1楽章 アンダンテ・ソステヌート
sv0087e.jpgホルンとファゴットによる“運命ファンファーレ”は、残響をともなったマイルドな音がたっぷりと鳴り響き、ベルリンフィルの壮麗なサウンドがのっけから全開である。

このテーマは同じ時期に書かれた《エウゲニ・オネーギン》(ポロネーズ)の華やかな宴の開始のファンファーレと瓜二つで、ここでは「運命」の主想旋律として“暗黒の運命”に対する絶望と諦めが交響曲全体を支配する。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0087o.jpg

弱弦のアウフタクトで入る第1主題〈苦悩に満ちた現実〉(27小節)の上手いこと! シンコペートされた悩まし気な旋律を滑らかに、意味ありげに歌い出すカラヤンの手練れた歌い口に酔わされてしまう。一糸乱れぬ木管群、テヌートで応答する音量ゆたかな低音弦、上滑りするような弦のトレモロの強奏、硬いティンパニのリズム打ち、ドラマティックに吼えるホルンの吹奏など、ツボにはまったオーケストラの名人芸と音響美に身も心も酔わされてしまう。

sv0087p.jpg

sv0087f.jpg優美なワルツのリズムで彩る第2主題〈幸福な夢〉(116小節)は“カラヤン節”の独壇場。

物憂げに歌うファゴットの旋律に、ワルツの対旋律を重ねるチェロのコクある弓さばきや、羽毛のような軽やかさで妖艶に揺れる弱弦の合いの手(134小節)など、麻薬のような甘い香りで聴き手の快感を巧まずして誘っている。

TOWER RECORDS  HMVicon

「ガツン」とくる一撃で幸福の絶頂へ駆け上がる高揚感も比類がなく、なみなみと吹奏するホルンの〈歓びの主題〉(169小節)、ゴージャスに躍動する力強いコデッタ主題(177小節)、〈運命動機〉で奈落の底へ叩き付ける慟哭の一撃(201小節)など、その演出の巧さもさることながら、力瘤を入れたカラヤンの気魄に圧倒されてしまうのは筆者だけではないだろう。
sv0087q.jpg

sv0087g.jpg大きな聴きどころは、ドラマティックな名旋律を弦がオスティナート的に弾き回す展開部(237小節)。上昇反復のパッセージをねっとりと練り上げるフレージングは絶妙といってよく、緩急自在に音楽が呼吸し、陶酔的に揺れながら〈運命主題〉に上り詰めるところの劇的緊張感といったら! 

第1主題がトゥッティで爆発する再現部(284小節)の宣言もすさまじい。このレコードをはじめて聴いた時、激情を剥き出しにして嵐のように荒れ狂う総奏に筆者は腰を抜かしたものである(トロンボーンの強奏をお聴きあれ!)。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

第2主題を行進曲風にアレンジしたコーダ(381小節)は抜き足差し足、絶妙のテンポで駆け走る。弦にレガートをかけて休符を均しながら、頂点に登り詰める緊迫感は無類のもので、決めどころのクライマックスが403小節のfffにやってくる。ここはストレートに直進するのが常套だが、ひと呼吸入れて決然と見得をきるやり方もあり、当盤ではカラヤンは音は切らずにfffでさらに力を籠め、激情を剥き出しにして突進する。

同じカラヤン指揮でも、④は手前402小節2拍目にアクセントを入れ、⑦はストレートに直進、①③⑧⑨は402小節2拍目の途中で音を切る、⑥は音は切らずに大きく間合いをとって見得をきる、といった違いがある。筆者なら④か⑥をやってみたいが、皆さんはどのやり方がお好みだろうか。


第2楽章 アンダンティーノ・イン・モード・ディ・カンツォーナ
sv0087h.jpg《第4》演奏の格付けを決める21小節のオーボエ独奏は、首席奏者ローター・コッホのクリスタル・トーンに魅せられてしまう。透明度の高い硬い音から、えもいわれぬ深い味わいを醸し出し、官能的ともいえるテンポ・ルバートで聴き手を酔わせてくれる。

コッホの不在時にカラヤンは、オーボエが重要な作品のレコーディングを決して行わなかったという伝説めいた話に「なるほど」と頷ける。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0087r.jpg

sv0087i.jpg弦楽ユニゾンで「とろり」と歌い返す副次主題(41小節)や、音量をてんこ盛りした弦の16音符のフィギュレーション(65小節)などやり過ぎの感があるが、高性能のベルリンフィルが機能性と抜群の機動力を発揮するのが、中間部の農民舞曲

リズミックにテンポを上げて「これでもか」と音階を上り詰め(150小節)、その頂点のフォルテで大きく弓を返して高揚する派手な立ち振る舞いもカラヤンの面目が躍如する。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

しっとりと濡れたように奏する主題再現も涙モノで、チェロやファゴットのモノローグなど、メロディアスな美しさで俗耳を楽しませるカラヤンの巧みな話術は枚挙にいとまがない。


第3楽章 スケルツォ ピッツィカート・オスティナート
sv0087k.jpg軽微なリズムの中にすごい名人芸を聴かせるのがピッツィカート・オスティナートだ。ここでは「びょんびょん」とバネを効かせた躍動感あふれる低弦リズムや、切れ味の鋭い高弦の裏打ちを加えて生き物のように駆け走る。

トリオも名人芸のオンパレードで、楽団を整然と統率した軍隊行進曲の中を、クラリネットの即興や、風を切るようなピッコロの曲芸で魅せるあたりはまさしく“カラヤン・サーカス” TOWER RECORDS  amazon  HMVicon
sv0087s.jpg

ピッツィカート・リズムに中間主題を混ぜ合わせた主題再現も間然とする所がなく、攻撃性を前面に打ち出して「どうだ!」と威圧するすさまは、演出過剰とも言えるこのコンビの自信の漲りを感じさせている。


第4楽章 フィナーレ アレグロ・コン・フォーコ
sv0087l.jpg華麗な管弦楽の醍醐味を心ゆくまで堪能させてくれるのがフィナーレ〈民衆の祭り〉の音楽だ。ここではベルリンフィルのパワーが全開で、行進テーマ(第3主題)を高らかに奏するところはオーケストラの合奏能力を最大限に発揮した名場面。
TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

力瘤のはいった荒々しいまでの総奏は聴き手を圧倒し、叩きつけるような和音打撃(50小節)、勢いをつけた弦の3連音、大太鼓とシンバルを容赦なくぶちかますダイナミズムの極致は、当時の録音技術の許容の限界を超えてしまったのも無理からぬものといえる。
sv0087t.jpg

sv0087n.jpg第2主題〈白樺は野に立てり〉をテューバがバリバリ吹奏する60小節や、〈白樺主題〉を金管がカノン風に強奏反復しながらクライマックスで〈運命ファンファーレ〉(199小節)を炸裂させる筆勢の強さも大きな聴きどころだ。

「ここぞ」という局面で赤子の手をひねるようにゴージャスな音楽に仕立ててしまうカラヤンの手慣れた棒さばきに快哉を叫びたくなる。鉈を打ち下ろすような和音打撃の衝撃のすさまじさったらない。

コーダ行進テーマのホルン信号を皮切りに、錯綜たるオーケストレーションをスペクタキュラーに展開。3つの主題を織り交ぜながら疾風怒濤の勢いで突っ走る。

TOWER RECORDS  amazon  HMVicon

〈白樺ファンファーレ〉を連呼しながらツボにはまったように熱狂し、まさに豪華絢爛、まるでジェットコースターに乗っているようなめくるめくスピード感で全曲を締めている。ライヴのような気魄でカラヤンが完全燃焼した納得の一枚だ。


人気ブログランキングへ この記事を面白いと思った方はクリックをお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2017/03/25 ] 音楽 チャイコフスキー | TB(-) | CM(-)